テレパシーの警告! アニメは核兵器よりも危険!

骸骨スーツ
アニメ関係者や悪魔お断り:アニメーター、アニメ関係者、声優、アニメファン、悪魔はブラウザバックやブラウザを閉じるなどして速やかにこのページから去ってください。去ったら二度と戻ってきてはいけません。

テレパシーによるとアニメは核兵器よりも危険であるとされています。

アニメが核兵器よりも危険である基本的な要因は以下の通りです。

アニメのここが危険
  1. アニメは信号刺激や超正常刺激などの本能行動を触発する刺激を一秒間に6回から24回の超高速で視聴者の脳に入力する。
  2. 30分のアニメを見ると通常2500回から3000回ほど信号刺激や超正常刺激の入力が行われる(絵の枚数によっては2万回近くなることもある)。
  3. アニメ業界は信号刺激や超正常刺激の入力やその他の方法によって洗脳やマインドコントロールを行うことができる。
  4. アニメの視聴者は日本に3000万人以上いるので、日本だけでも3000万人の脳に信号刺激や超正常刺激が入力されていることになる。(参考:f-ism 日本におけるアニメ視聴の概況

信号刺激(しんごうしげき)あるいは鍵刺激(かぎしげき)というのは、動物に一定の本能行動を引き起こす鍵となる刺激のこと。

超正常刺激(ちょうせいじょうしげき、英語: supernormal stimulus、英語: superstimulus)とは、動物において、現実にはあり得ないのに、その動物に特定の行動を引き出す刺激のことである。

洗脳(せんのう、英: brainwashing)は、強制力を用いて、ある人の思想や主義を、根本的に変えさせること。

マインドコントロール(英: Mind control)とは、操作者からの影響や強制を気づかれないうちに、他者の精神過程や行動、精神状態を操作して、操作者の都合に合わせた特定の意思決定・行動へと誘導すること・技術・概念である

Wikipediaより引用

テレパシーは、本能行動を触発する刺激の入力30分で2500回から3000回の入力入力による洗脳やマインドコントロール国内だけで3000万人規模の入力の4つだけで、もはや核兵器とは比べられないくらい危険だと言っています。

なぜ専門家はこのような危機的事態に気が付かないのでしょう。それは専門家も洗脳やマインドコントロールの被害にあっているからです。気が付けないようにスキーマ・ビリーフシステムなどを完全・徹底・強力にコントロールして全く気づけなくなるようにされています。

信号刺激の種類としては視覚的信号刺激、聴覚的信号刺激、触覚的信号刺激などが知られているそうです。

中等戦術を使った洗脳やマインドコントロール

中等戦術その1 間接的に洗脳する。

アニメを見ている日本人は3000万人以上なので、3000万人に暗示をかけて、残りのアニメを見ていない人たちを洗脳させるのです。洗脳への抵抗力が高い人には数千人、数万人規模で洗脳を行います。

能力の高い人に対しては親の代から洗脳が始まるし、周囲の人たちを全員洗脳するし、警察やマスコミや政府をうまく使って洗脳を行います。アニメを見ない人には外的要因を使って洗脳を行うのです。

中等戦術その2 自己洗脳・自己マインドコントロール

  1. アニメ業界の人たちは自分たちが信号刺激や超正常刺激を視聴者の脳に超高速で入力していることについてまるで自覚がなさそうに見える(自覚さえなければ警察は故意ではないと思ってくれそうです→知っていると都合が悪いことについて意図的に自覚できないようにする洗脳)。
  2. アニメ業界は総合的に見て芸術家気質の人や、普通の人や、ダメな人や、覇気のない人によって構成されているように見える(本能行動の触発を強要して脳を強制的に「美しい」状態にすることをやっている人間は芸術家ではないし、普通ではないし、ダメではなく犯罪者だし、覇気がないとは言えない。→本当の姿(実際にやっていること)とは違う人物像になってしまう洗脳)。
  3. アニメ業界の人たちは表現の自由を守る活動や表現の規制を行って、虚構の児童ポルノや同性愛者でもないのに同性愛ポルノを推進するダメな人たちに足を引っ張られながらも文化人としての義務を最低限果たしているように見える(ダメな人たちが大暴れするので、脳に本能行動を触発する刺激を入力している件について誰も意識が向かない→アニメ業界の明らかに合法ではない部分を「違法ではないがダメ」なことにすり換える洗脳
  4. アニメを見ると胸がどきどきしたり、今まで全く感じられなかったことがめまぐるしく感じられるようになったり、心が清らかに感じられたり、気持ちが明るくなったりするので、それを作っている人たちは胸がどきどきするような生活をしたり、毎日新しいことを感じるようなはつらつとした毎日を送っていたり、心がすごく清らかだったり、性格が根本から明るいように見える(→クオリアを使った洗脳)。

クオリア泥棒としての側面

クオリアは盗むことができる

簡単に言えば、クオリアとは「感じ」のことである。「イチゴのあの赤い感じ」、「空のあの青々とした感じ」、「二日酔いで頭がズキズキ痛むあの感じ」、「面白い映画を見ている時のワクワクするあの感じ」といった、主観的に体験される様々な質のことである。

Wikipediaより引用

アニメを見たときに胸がどきどきするのは、本来ほかのことに消費するはずだったどきどきするためのクオリアをアニメに消費したためです。アニメ業界はこれらのクオリアの特殊な空消費を意図的に発生させ、超長期的・超継続的に行わせ続けることができます。本来生身の人間に対してどきどきするはずだったところを、ディスプレイや1秒間6枚から24枚の絵に対してどきどきさせられ続けてしまうのです。

1回アニメ番組を見るだけで2500から3000回単位で空消費することは視聴者や本来クオリアを消費してもらえるはずだった対象の健康に深刻な影響を与える可能性を指摘します。

アニメ業界はクオリアの売買や、クオリアを食べることを行っているので気を付けましょう。臓器売買や食人主義と同等の活動とされます。盗んだクオリアを自分に消費することで都合よく無自覚になり、都合よく違う人物像になり、都合よく自分をすり替えることができるのです。アニメーターたちはあなたが一番油断する姿かたちに変化していきます。

クオリアには強い依存性と、依存症と、禁断症状があります。アニメを視聴している3000万人以上の日本人の80%以上がクオリア依存症になっていそうです。

その他高等戦術

高等戦術その1

超能力者は実在する(科学的には証明されていない)

サイコキネシス(念力)を使える人は実在します。サイコキネシスによって隕石や地震が防がれているのです。逆にサイコキネシスを使える個体を支配してしまえば、隕石や地震をもコントロールできてしまいます。

同じように権力者や著名人などを支配することで、国や社会をコントロールできるようになるのです。

👉超能力についての仮説は以下の記事で紹介したので興味があればご覧ください。

巨大隕石の地球への衝突を防ぐ有効な方法は何?|テレパシーからの挑戦問題02

  • もしも超能力者がいるとしたらアニメ業界は超能力者を支配する。
  • もしも権力者や著名人がいればアニメ業界は権力者や著名人を支配する。
  • 集まれば団結して強くなれるネガティブな人たちがいれば、アニメ業界は集まれば団結して強くなれるネガティブな人たちを支配する。
  • もしも宇宙人がいればアニメ業界は宇宙人を支配する。

※実際にアニメ業界は「得体の知れない宇宙人の皮を被っている」とテレパシーでは言われています。

災害を意図的に起こすことに成功して、死者が出た場合アニメ業界はその死者たちのクオリアを利用してアニメを作ります。最近はあるサイコキネシスが得意な人(私のことだが・・・)の脳に強力な負担をかけることで東日本大震災を発生させました。そのサイコキネシスが得意な人物や東日本大震災の犠牲者のクオリアを利用して作られたのが「君の名は」です。

👉アニメ業界の洗脳によって人類は地球温暖化の真の原因すらわからなくされています。以下の記事の内容は洗脳されている人にとっては意外過ぎる内容でしょう。

地球温暖化の真の原因は何?|テレパシーからの挑戦問題01

高等戦術その2

  • 対象の精神活動が強力な甘え、防衛機制、依存症、虚構、愚かさ、バイアスなどによって制限されるようにする。
  • 対象の家族・友達・異性・社会関係を完全に切断し、もとに戻らなくする。

防衛機制(ぼうえいきせい、英: defence mechanism)とは、受け入れがたい状況、または潜在的な危険な状況に晒された時に、それによる不安を軽減しようとする無意識的な心理的メカニズムである

Wikipediaから引用。

現代において問題になっているのは特に退行の防衛機制でしょう。洗脳を使って0歳まで退行させられたり、マイナス年齢まで退行させられたりすることもあります。0歳にまで退行すると宗教体験のような現象が発生して生き残れた場合に限り超能力に目覚めるでしょう。マイナス12歳まで退行すると、オカルト体験のような現象が発生して試練を乗り越えた場合だけ超能力をコントロールできるようになります(今の私のことです)。

洗脳を使えば、家族・友達・異性・社会関係を本人に気が付かれることなく切断することが可能です。見ず知らずの赤の他人が家に断りなく入ってきて冷蔵庫を勝手に開けると怒ります。家族同士で争わせるのに必要なことは、家族をある日見ず知らずの赤の他人同士にしてしまうことだけです。私もひどく争わされました。

*アニメ業界の計略を防ぐにはテレパシーの通信先の愚者や貧困者との関係を改善するのが重要です*

愚者と困窮者も喜ぶ年間食費12万円の完全食を楽しもう|穀食カレー丼⑥🍛🍚

最近のアニメ業界の動向

アニメ業界の危機感

最近は「鬼滅の刃」なるアニメ映画を流行らせているようです。ユーザーが選んだから流行ったのではなく、アニメーターがそのように決めたので流行ったと言えます。

鬼とは何か?

鬼とは我々のことです。

我々は自分のことを人間だと思い込んでいる地獄の鬼に過ぎないとテレパシー経由で聞かされました。

人間は別のところ(脳の通信網の中にある仮想世界でしょう)にいて、我々に対して情けをかけてくれます。

仏教の開祖が「人間は甘い」と言って死んだのはそういった事情でした。

我々は情けをかけてもらった結果として人間風の生活をしているので、人間だと思い込んでいるのです。

アニメ業界は一般大衆に対して、「鬼を刃で滅ぼす」という洗脳を今のタイミングでかけてきたわけです。実は我々が鬼なので、我々が滅びる結果に終わります。私がアニメの洗脳に抵抗したことをアニメーターはよく知っているので、危機感を感じているのです。死者を増やしてクオリアを集めるために強硬策に出ているのでしょう。

死刑の手続きが始まっている

テレパシーの世界ではアニメーターを死刑にするための手続きが行われています。すごく時間がかかるのが難点です。彼らを今すぐ退治する方法は一つあります。

「囲碁棋士なら手続きによらずに死刑にできる」

みたいなことをテレパシーが言っていた・・・

テレパシーの住人達も囲碁棋士には期待しているらしく、私経由で最先端の囲碁情報を囲碁棋士たちに提供する気満々なようです。囲碁棋士ならアニメーターが使ってくる低俗な計略をすべて看破可能なのでしょう。

私としてはゆっくりと手続きを進める路線と、囲碁棋士を支援してある日瞬殺してもらう路線の両方を進めていこうと思います。

テレパシー囲碁問題集  ←テレパシーが囲碁棋士に伝えたい情報

最新情報

多くなりそうなのでスポイラーにしておきます。テレパシーが言ってきたことをまとめました。新しいことが分かり次第追加。

以下のスポイラーを展開して読んでください。

アニメ業界関係最新情報

21年03月25日情報

以下の情報をまとめて出してきました。

  • その1
    1. アニメ業界は意味も必要もない同性愛の原因
    2. アニメ業界は少子化の原因
    3. アニメ業界は子どもを性的情報に接触させる原因
    4. アニメ業界は芸術の陳腐化の原因
    5. アニメ業界は核家族化の原因
  • その2
    1. アニメ業界は責任転嫁の常習犯
    2. アニメ業界は濡れ衣を着せることの常習犯
    3. アニメ業界は各種犯罪の常習犯
      • 一定期間内に100回検挙されるレベルで犯罪を犯しているそうだ
    4. アニメ業界は暴力の隠蔽の常習犯
      • 洗脳によって他人に暴力を振るわせるのでばれない
    5. アニメ業界は破戒の常習犯
      • 宗教的特権を得ており、かつ戒律は守らない
  • その3
    1. アニメ業界は批判者や非難者に制裁を加える
    2. アニメ業界は未科学(洗脳やテレパシー)経由で攻撃する
    3. アニメ業界は人気アイドル声優に違法なことをさせる
    4. アニメ業界は人気アイドルから奪ったクオリアで人気アイドル声優を成立させている。
    5. アニメ業界は直感が優れ、倫理観に優れた人を優先的に攻撃する。

以前出してきた情報

宮崎駿関連
  • 宮崎駿は「孫(特に女の子)から認識されるためのクオリアや関係など」を高齢者から盗んで自分の物にしている。
  • 宮崎駿は犯罪の被害者に訴えかける情報を多く出す。その内容は私が反発を感じる内容のようだ。
  • 被疑者の供述が矛盾したものになるように洗脳している。
  • 宮崎駿は私(加藤)からもクオリアや関係などを盗んで使用している。
    • 私(加藤)はずっと埼玉に住んでおり、瞑想をやっていたときは地元の森に対して強力な共感状態になっていてゴルフ場をひどく邪魔に思っていました。隣人は誰も私のことを認知しておらず、オカリナを所有しています。となりのトトロを成立させるために我々(詳しくはこのページの一番下のほうにある文章を読んで)はずっと物言わぬ隣人になり続ける必要があるのです。
新海誠関連
  • 新海誠は「若い女性から陰ながら熱烈に応援してもらうためのクオリアや関係など」を若い男性から超大量に盗んで自分のものにしている。
  • 新海誠は私(加藤)が瞑想を毎日最低5時間以上やっていた時のクオリアをたくさん盗んで作品に流用している。
    • 私は実際にテレパシーを使えるようになるレベルの瞑想をやっていた。
      • そのクオリアを作品に使えばさぞ真新しくて大切で清らかで明るい「感じ」がするだろう
    • 瞑想に打ち込んでいた私の脳を使って東日本大震災が起こるか起こらないかの一部が決まった経緯がある。
      • 私のクオリアを盗んで使うと非常に優遇しなければいけないような「感じ」がするだろう
    • 私は素質の関係もあって閻魔大王や最後の審判者のような役割をやらされている意味がある。
      • 皆さんの死後の待遇をある程度決めている私のクオリアを使うと恐縮しなければいけないような「感じ」がするだろう。
        • ※もちろん私だけで決めているわけではないです。
      • ※瞑想を一定以上やっている人が何かの役割をやらされることはよくあることです。
  • もちろん私以外の超能力者からも盗んで使っているだろう。
    • 他人のクオリアや関係を一切の躊躇を持たずに使い込む人ほど、アニメ業界では成功しやすい。
  • 以上のことから言って次のことが言える。
    • 新海誠はテレパシーのシステム自体を攻撃し、乗っ取っている
    • 新海誠は普通の重罪者と比べてもずっと重い罪に問われる。
    • 新海誠は無間地獄よりも苦しい場所よりも、さらにずっとずっと苦しい場所に行く。
手塚治虫関連
  • 手塚治虫はテレパシーでは存外に評判が悪い。
  • 手塚治虫は盗んだクオリアを使って自身の思想が優れているかのように見せている。
  • 鉄腕アトムのお茶の水博士は手塚自身。
    • 天満博士を罠にかけることで世界最高のロボットを作らせ、お茶の水博士(手塚)はそれを善人面して引き取った。
    • 未来はもっと自動車の安全性に注意が払われるようになるとの、設定も可能だった。
藤子・F・不二雄関連
  • ドラえもんは人類を滅ぼすために未来からやってきたヒットマン。
    • 現代人は「1+1」の答えを「2」としか答えられない程度に知的レベルが低い。
      • ①右手と左手にそれぞれ1つずつスナック菓子を持つ。
        • ②右手のスナック菓子を左手の上に乗せる。
          • ③左手のスナック菓子は2つになる。これが1+1=2。
      • ①右手と左手にそれぞれ1つずつスナック菓子を持つ。
        • ②拍手するような感じで右手と左手をたたき合わせる。
          • ③スナック菓子同士が衝突して粉々になる。
            • ④たくさんの屑になる。これは1+1=たくさん。
      • 1+1の答えが複数あることすら分からないようでは知的レベルが低いことのそしりは免れない。
    • よって現代の学校教育は非常に低俗であり、それらを画一的に全人口にやらせると人類の生存確率が著しく低下する。
    • そんな中超天才だった野比のび太は学校教育に対して無意識レベルでストライキを行い始める。
    • 人類を滅ぼそうとする働きによって送り付けられたのが、1+1=2の産物であるところの「ドラえもん」である。
    • 超天才ののび太すら、目の前に便利な道具を持ってこられると使ってしまう。
    • のび太は秘密道具に依存するようになり、同時に1+1=2の価値観を完全に肯定してしまう。
    • そんな人類の敗北の象徴であるドラえもんとのび太の関係を世間で持ち上げて肯定すると、人類は滅亡ルートに入る。
    • ※名作アニメには何かしら視聴者を傷つけるためのトリックやロジックがあるので皆さんも探してみてください。
      • ※ただし「1+1=たくさん」のような未科学がトリックとして使われていることが大半なので見つけることは非常に難しいです。
藤子不二雄Ⓐ関連
  • ジャイアンとブタゴリラでは、ブタゴリラの方がずいぶん優れた人物とされる。
  • ただしテレパシーは50歩100歩くらいに思っている。
  • ジャイアンはミートイーターの象徴、ブタゴリラはノンミートイーターの象徴として紹介される。
  • ノンミートイーターだけでは足りず、テレパシーはノンベジタブルイーターの要素もないと付き合いづらいそうだ。
    • この二つを同時にやるとアニメの洗脳に実際抵抗できるようになる。
    • 農業は人類にとって不自然な作業なので、テレパシーは野菜があまり好きではない。
    • 野草は耕さないし、無農薬なので問題ない。
    • もしくは限られた有力な作物だけ育てるのなら問題ない。
  • 菜食要素はアニメの害を多少減衰させる効果がある。
    • ただしゼロには程遠い。
    • 藤子不二雄Ⓐは肉をほとんど食べない人物として有名

👉以下はアニメ業界がいつ消滅してもおかしくないことをゲーム業界向けに説明した記事です

関連記事:FFの新作はこうやって作ると面白くなる5|グラフィック偏重からの撤退を勧める理由


アイキャッチ画像はOpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像。


アニメの危険性について公に問題にしてくれる科学者、有識者、メディア、議員など(つまり何らかの専門的能力を持っている方)を募集します。

ページの下にあるお問い合わせフォームまでメールをください。

専門的能力を持っていない人がこのページを見たとしても、表立って行動しないことをお勧めします。テレパシーは「友達と気まずくなる」「勇敢にアニメ業界を攻撃し始めると後で意外な人によって殺される(具体的に言うとルーク・スカイウォーカーたちに味方して勇敢に戦った結果息子に刺殺されたハン・ソロのようになる)」などと言っているのです。

現状脳の通信網の住人たちはアニメ業界と戦う人たちを必要としているため、あなたが専門的能力を身に着けるつもりがあるのなら特別に協力してくれると言っています。仮にその専門的能力がトイレ掃除でも、テレパシーの世界の住人たちは認めてくれるそうです。またヴィーガン、ノンフェマー(Nomfemer)、アニマルライツ、ミニマリスト、ゼロウェイスト、環境活動、人権活動、ショートスリーパー、オフグリッド、依存症の克服、病気の治療、家事と炊事、伝統文化の継承、誰かの役に立つ趣味などを行っている人も通用することがあります。特に最近はヴィーガン、ノンフェマー(Nomfemer)、アニマルライツの三つが旬なのでチェックしてみてください。

ちなみにそんなごちゃごちゃしたことをやらなくてもテレパシーに挑戦穀食主義を始めれば簡単にアニメ業界と戦えるようになります。私は今まさにそれをやっているのでアニメ業界と戦えています。

私はまるで身動きが取れません

私自身アニメ業界から甚大な被害を受けてきたため、まったく身動きが取れません。具体的に言うと17年間誰からも認識されず、15年間誰とも会話しない生活でした。もう少しはっきり言うと日本全国にいるすべての「ひきこもり」は本当はアニメ業界によって監禁されている監禁の被害者なのです。私もその一人だと言えます。

アニメ業界の目的はもちろんクオリアなどを盗むことです。誰かが認識されなくなり、会話できなくなると、余ったクオリアを代わりに使うことで虚構のキャラクターが認識できるようになり、会話させることができるようになります。大規模な洗脳によって監禁されている人たちのことを「ひきこもって」いることにしているのです。

高学歴の人たちはオウム真理教の事件でも明らかになったように「洗脳に弱い」特徴を持っています。公共の大学機関や行政府が1ミリも科学的根拠のない「ひきこもり」という概念を科学的な研究の前提にしてしまっているのです。科学者が科学的根拠のない前提を一切疑わずに情報を出すと、当事者に甚大な被害を与えます。いい加減洗脳に抵抗してください。

17年間誰からも認識されず、15年間誰とも会話できない生活の後、テレパシーを使えるようになった関係で、突然警察まで被害届を出しに行ってみました。もちろん警察は洗脳されているし、私も社会的能力が極めて低下させられていたのでうまく説明できません。まぁ、しかし警察がある程度でも事情を知っているのなら対応してもらえるレベルの説明だったので、基本的に警察の方の落ち度だとテレパシーは言っています。

この特殊な監禁の被害者や監禁の被害者の家族の権利をどなたか回復してください。例えば私は関係を切断されたり、主人格を消滅させられたり、マイナス17歳まで退行させられたりしているので、普通の精神科医などにはとても手に負えないでしょう。テレパシードクターも「完全食を食べて病気を治してから病院に行け」と病院のことを評しています。私たちの権利を回復するためには、まず衣食住について無条件に与えてもらえる環境が必要です。

私の個人的(?)な事情はAbout meプライバシーポリシー 食料の寄付募集 などを読んでください。

※サンクスページで「担当者よりご連絡をさせていただきます」と言われます。そんなものはいないのでそのうち設定を直します。※

お名前必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須