2021年4月

1/2ページ

現代における世界一の大量虐殺者は誰?|テレパシーからの挑戦問題03

こんにちは。テレパシー情報屋の加藤です。 前々回は地球温暖化の真実、前回は隕石の知られざる防ぎ方についてテレパシーレベルで問題を出しました。今回は現代の知られざる大量虐殺者について出題します。テレパシーでも使えない限り、彼らが人を殺していることなどいつまでもわからないでしょう。私以外大量虐殺者のことを知らせることができる人はいないので、ぜひこの記事で大量虐殺者の存在に気がついていってください。 過 […]

Googleがテレパシーから一切評価されていない理由 パート2|超社会的弱者向けの検索サービス

こんにちは。テレパシー情報屋の加藤です。 テレパシーに悪魔の影があることが分かったので、最近はテレパシー制限をしています。うーん、難しいものですね。一部情報が得られなくなっているため、情報量がしばらく減ると思われます。 前回はグーグルの社是に欺瞞があることについて書きました。欺瞞があるのはグーグルだけではありません。他の企業も同じ欺瞞に陥ってしまっています。ユーザーにサービスすると言いつつ、ビジネ […]

植物ベースのタンパク質制限食でTORとIGF-1を抑え込んで長寿|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

カロリー制限長寿説はタンパク質制限長寿説の間違いかもしれません。タンパク質制限がTORとIGF-1の両方を抑制するためです。特にアミノ酸のロイシンはTORに最も働きます。ロイシンは動物たんぱく質に多いです。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでください。自分の国の言語の字幕がな […]

内分泌かく乱物質やIGF-1が早期思春期を引き起こす|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによると 植物タンパクを多く食べる子どもは思春期が遅れ、動物タンパクを多く食べる子どもは早まります。肉に含まれる内分泌かく乱物質が原因のようです。IGF-1も早期思春期と関連しています。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでください。自分の国 […]

伝統的な非肉食者はごくごく稀にしか自己免疫疾患にならない【IGF-1不足のため】|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

IGF-1は自己免疫疾患の原因の一つのようです。IGF-1は自己認識する免疫細胞のアポトーシスを防ぎます。伝統的なヴィーガンライフスタイルに従う人の自己免疫疾患は異常に希少です。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでください。自分の国の言語の字幕がない場合は、「字幕」から「英語 […]

大豆は3サービング(豆乳700ml)までなら食べても確実にIGF-1が増加しない|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFact.orgによると 大豆は5サービング(豆乳1.2L)より多く食べるとIGF-1増加のリスクがあるようです。日本での研究によると3サービングまではIGF-1が増加しません。大豆には乳がんの予防と、生存率向上効果があります。 ※Nomfemer(non meat fish egg milk eater。ノンフェマー。禁肉主義者)の人たちは大豆以外の豆も併用しましょう。レンズ豆 […]

大豆だけでIGF-1を上げるには豆乳を毎日1.7L以上飲まないといけない|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによると大豆を1年間毎日7~18サービング(7サービング以上は豆乳なら毎日1.7L以上、乾燥大豆なら200g弱以上だと思われる)食べ続けると、血中IGF-1レベルが肉食者と同じくらいになりました。 大豆イソフラボンによってIGF-1が抑制されるようです。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙ […]

大豆はIGF-1血中濃度を特別上げ下げしない。大豆以外の植物タンパク質は下がる|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによると大豆タンパク質を食べるとIGF-1レベルは特別上がりもしないし、下がりもしません。大豆が動物性タンパク質に近いアミノ酸比率を持っているためです。大豆を多く食べるほどIGF-1レベルが上がります。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでく […]

アミノ酸スコアが高いとIGF-1の過剰分泌が起こる。動物性食品は有害|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによると人間の比率に近いタンパク質を摂取するほど肝臓はIGF-1を多く産生するようです。体は今すぐ使えるタンパク質を今すぐ使い切ろうとし始めます。植物性タンパク質は一度アミノ酸に分解する必要があります。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでく […]

タンパク質が多くても癌を促進するIGF-1レベルは上昇しない【植物タンパクなら減少】|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによるとタンパク質総摂取量が多くてもIGF-1産生量は増えません。動物性たんぱく質を食べるとIGF-1レベルが高まります。植物性たんぱく質を食べるとIGF-1レベルが下がります。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでください。自分の国の言語の […]