ディストピアな治療食でダイエット♪これで君もヴィーガン!|穀食カレー丼⑤🍛🍚

ディストピアな治療食でダイエット♪これで君もヴィーガン!|穀食カレー丼⑤🍛🍚

こんにちは。テレパシー情報屋の加藤です。

今回はテレパシーの世界の住人に教えてもらった完全食&菜食レシピ「穀食カレー丼」の応用方法について紹介します。

  • 治療食として応用する。
  • ディストピア趣味で応用する。
  • ダイエットに応用する。
  • ヴィーガン食として応用する。

プロ社会的弱者に向けてや非常食として作られたレシピなので、こういった日常レベルでの使用は想定されていません。状況によっては利用することも有力になりえます。私は穀食カレー丼だけ食べる生活を10か月ほど行った結果はからずも6kg程度体重が落ちたので一応ダイエットにも使えそうです。

このレシピよりも完全穀食主義/グラーンの年間食費16万円以下のレシピのほうが治療食としては優れていると思われます。マルチビタミンサプリメント不使用です。

※今回の記事は穀食主義/グラリアン(備蓄可能な穀物を中心に食べる主義)の穀食カレー丼・応用編です。

  1. 作り方:完全食で菜食な超節約食の作り方|穀食カレー丼①🍛🍚
  2. 栄養成分:完全食な栄養成分を公開!|穀食カレー丼レシピ②🍛🍚
  3. 食材の買い方:年間食費12万円&完全食の食材の買い方|穀食カレー丼レシピ③🍛🍚
  4. 活用:年間食費12万円以下の完全食をプロ社会的弱者に活用してほしい|穀食カレー丼レシピ④🍛🍚
  5. 応用:今回の記事
  6. 食べ方:愚者と困窮者も喜ぶ年間食費12万円の完全食を楽しもう|穀食カレー丼⑥🍛🍚

治療食として応用する

*穀食カレー丼の作り方は以下の記事で説明しています*

完全食で菜食な超節約食の作り方|穀食カレー丼①🍛🍚

基本的に菜食、完全食、抗酸化食、発酵食、減塩食とスペックが高い気がします。お金がない病人は利用してみてください。

穀食カレー丼は多くの糖質を含んでいるので、運動量が少ない人には向きません。身動きが取れなくなっている人は米の量を減らし、米のタンパク質が減った分、豆や種実を増やしてください。

メリット

  • 動物の細胞(肉、卵、乳等)が含まれていないので、その分有害物質が含まれていない。→トップページを参考にしてね
  • 食物繊維が約50g。
  • 多くの抗酸化物質を入れるために論文で含有量の多い食品を参考にしている。
  • 抗酸化物質の供給源として赤レンズ豆、ごま、カレー粉、パプリカパウダー、煎茶の茶葉、セージ、ローズマリー、タイム、バジル、コショウ、ジンジャー、シナモン、クローブ、フラックスシード、ブロッコリースプラウト、いちご、ビタミンCパウダーなどを使用。
  • 麹、乳酸菌、納豆菌、酵母菌などで発酵。
  • 減塩食(塩分3g程度)。
  • マルチビタミンは粉砕してほかの食材に混ぜて使うことで、ビタミンB12などが吸収されやすくしている(ビタミンB12は唾液と混ぜてからでないと吸収されないので、錠剤を噛まずに飲み込むのはダメ)。
  • 完全食なので栄養価の一般的な意味での不足には不安がない。ただし治療食に普通の栄養学は通用しないらしいので油断は禁物。

水溶性食物繊維はあまり含まれていません。水溶性食物繊維メインにしたい人は米を大胆に減らして押し麦を大胆に増やしましょう。

おすすめページ:テレパシー囲碁問題集

抗酸化物質摂取量

中程度~重度の病人は抗酸化物質をさらに多く摂取する必要があるとテレパシーの世界の住人は言っています。りんごの693.25倍の抗酸化力があるクローブを水に溶かして飲みましょう。クローブに含まれるオイゲノールはあまり多く摂取すると危険です。無難に考えるのなら病人とは言え5gくらいまでにしたほうが賢明かもしれません(と言いつつ私は1日10~20g以上摂取して、特にテレパシーからも何か言われることはありません。謎です)。

※追記:テレパシーは4gを2gずつに分けて摂取するように言っていました。それは一般の人に向けた情報です。いずれにせよ、一度に多量を摂取するよりも分散して摂取したほうが体内での効率が高いと思われます。

  • 中程度の病人 2倍の抗酸化物質
  • 重度の病人 3倍の抗酸化物質

ペパーミント、オールスパイス、アムラ(インドのグーズベリー)、紫キャベツも抗酸化力が高いのでお勧めです。ターメリックは効果が高いからと言ってたくさん摂取してはいけません。専門家に相談できない状況では一つのスパイス&ハーブを大量に摂取するよりも、いろいろな抗酸化力の高いスパイス&ハーブを少しずつ摂取したほうが安全でしょう。

もちろん抗酸化物質を多く摂取している状況では、素人判断で薬を併用してはいけません。医者にかかっている人は、処方する薬に影響が出る可能性があるため、使用しているスパイスやハーブのことを説明しましょう。妊婦や体が発達途中の子どもはスパイスやハーブの大量使用については控える必要があります。もしもやるのなら専門家に相談しましょう。

お金があるのならパプリカパウダーを大麦若葉粉末(青汁粉末)にして緑色にして楽しむのが望ましいです。テレパシーの世界の住人がなぜか重要視しているクロロフィルも多く摂取できるでしょう。

治療食としての完全食

テレパシーは私に対して以下のように言っていました。

「完全食を食べて治してから病院に行け」

テレパシーの世界の住人の皮肉な言葉。

よくできた完全食を食べていると、肉体はじわじわと治療にエネルギーを使ってくれるイメージがあります。実際に穀食カレー丼を食べるようになってから私は体調が改善し、慢性的な下痢も改善しました。ただし・・・

日記を書き始めて2日目(12月7日)で早くもテレパシーシビリアンに「癌になったかも」と言われたことは記憶に新しいです。日記を読めばわかる通り体温が低下し、運動量が低下し、瞑想時間が低下したことなどが原因でした。重病人である私は毎日よくできた完全食を食べていたにもかかわらずテレパシードクターから癌を宣告されたのです。

これはこのブログを始め、日記を書き始めたタイミングで癌を宣告するというテレパシードクターの皮肉なアピールでしょう。結局完全食を食べようが重病がある状態で運動量が低下し、体が冷えてしまえば簡単に癌になれるのです。

私と違って皆さんはテレパシーによる危険予知や回避がないので、完全食だけ食べて治そうとすることはリスキーでしょう。プロの社会的弱者とは違うのですから調子に乗らないように気を付けてください。当分社会的弱者の立場から動けそうもない人はプロを目指しましょう。そのためのテレパシーの使い方についてもそのうち記事にするので活用してください。そんなに難しくはないです。

ディストピア趣味で応用する

穀食カレー丼には大豆(ソイ)とレンズ豆(レンティル)が入っています。そう言えばテレパシーシビリアンも以下のようなことを言っていたような・・・。

「これぞ本当のソイレントだ」

テレパシーのシビリアンが言っていた気がする言葉。リンク先はWikipedia。

やはり赤いパプリカパウダーではなくて、大麦若葉粉末を入れて緑色にしたほうがテレパシーシビリアンも重要視しているクロロフィルも入るし望ましいでしょう。ソイとレンティルが入ったグリーンな食品です。赤レンズ豆はテレパシーの世界の住人に言われたので入れるようにしました。かなり推している気がします。

穀食青汁丼
穀食青汁丼の仕込み風景

ダイエットに応用する

テレパシーからダイエット食として勧めろと言われたので、渋々勧めることにします。ハイカーボダイエットなど勧めていては糖質制限している人たちに論破されそうです。一応私は10か月間の穀食カレー丼オンリーの生活で6kg程度体重が減少したので効果はあると考えられます。ダイエットとしての特徴は以下の通りです。

  • 食費に制限があるため、予算を少なくしようとした結果として余計な食べ物を買わなくなる。
  • カロリーを計算してあるので、それ以上食べなければ、それ以上太ることはない。
  • 完全食なので栄養失調による代謝の低下が発生しない。
  • 食材は植物性食品オンリーなので安静時代謝(resting metabolic rate)が向上する。
  • カレー粉などに含まれる植物化学物質(ファイトケミカル)によって代謝が向上する。
  • 豊富な食物繊維によって、短鎖脂肪酸を産生する痩せ菌が増える。
  • 米の5%が未消化で大腸まで届き、やはり短鎖脂肪酸を産生する痩せ菌が増える(などとどこかでドクター・グレガーが言っていたような・・・うろ覚え)。
  • 挽いたチアシードにはオーツブランと比べて体重減少効果がある。
  • ハイカーボなのでエクササイズと組み合わせたダイエットとの相性が高い(科学的根拠不明。ありそう)。
  • 露骨に炭水化物を多くとる(カーボローディング)ので、運動家は「しっかり運動する」ことに意気込みやすい。

安静時代謝についてはNutrient-Dense Approach to Weight Management,、チアシードの体重減少効果についてはDo Chia Seeds Help with Belly Fat?(どちらの動画もNutritionFacts.orgのユーチューブ動画、英語分からない人は字幕から自動翻訳を選ぶ)を見てください。

穀食カレー丼では挽いたチアシードは使用していないものの、浸水してから炊いたチアシードは使用しています。

穀食カレー丼の栄養成分を説明した記事では、米を世界一食べているバングラディッシュ人が世界一肥満率の低い国民であることを説明しました。

ヴィーガン食として応用する

植物性食品を中心として食べる完全菜食主義/ヴィーガンや、動物性食品を食べないようにしている完全禁肉主義/ノンフェマーのための食事としても利用できるでしょう。厳格なノンフェマーはマルチビタミンサプリメントに入っている乳成分や卵成分等に気を付ける必要があります。

仮にマルチビタミンサプリメントから微かに乳成分を摂取してもそれは全食事重量の0.01%未満だと思われるので、厳格なノンフェマーの人以外はあまり気にする必要もないです。厳格な人も0.01%以下の世界で戦うのが楽しいからと言って無理しないようにしましょう。

穀食カレー丼は植物性食品に不足しがちな栄養素が補われており完全食でもあります。よってヴィーガンの補助食要素と栄養食要素を満たしているでしょう。五葷(ニラ・ニンニク・ラッキョウ・アサツキ・ネギ)も入っていないので精進料理としても使えそうです。

ヴィーガンとノンフェマーの違い
  • ヴィーガンはベジタブル+アリアン=ベジタリアンを省略してこなれた印象を出したもの。菜食、長寿食、補助食、栄養食に特徴がある。
  • ノンフェマー(Nomfemer)はノン・ミート・フィッシュ・エッグ・ミルク・イーターの略。テレパシーに教えてもらって私が作った概念です

まとめ

  • 菜食、発酵食、減塩食、完全食、抗酸化食が揃っているので貧乏な病人には嬉しい。
  • 中程度や重度の病人は抗酸化物質摂取量を増やすべし。
  • 完全食&禁肉食を食べようが体を冷やし、運動量が低下すると癌になれるので注意。
  • ただし体を温め、運動し、完全食をしっかり食べていくと医者いらずで治るのかもしれない(その他の要因ももちろん重要)。
  • パプリカパウダーを大麦若葉粉末に代えて、ソイとレンティルが入ったグリーンな食品を食べよう。
  • 総合的にみるとダイエットにも効果がありそうだ。
  • ヴィーガン食やノンフェマー食としても利用可能。

あなたもテレパシーを使っている☆

人間の脳はパソコンよりも高性能なのに、通信機能の一つもないのですか? パソコンでも簡単に通信できるのに・・・。死んだら脳の中のデータはそこで消失されるのでしょうか? パソコンならデータを別のところに移せるのに・・・。脳が通信機能を使えないとしたらひどく不自然なことです。大昔から使っているし、今も使っていると考えるのが自然でしょう。だとしたら使いこなさない手があるでしょうか。このブログではテレパシーを使いこなすための情報、テレパシーの世界での犯罪者への対策、単純にテレパシーから得た情報などを紹介していきます。