大豆

大豆は3サービング(豆乳700ml)までなら食べても確実にIGF-1が増加しない|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFact.orgによると 大豆は5サービング(豆乳1.2L)より多く食べるとIGF-1増加のリスクがあるようです。日本での研究によると3サービングまではIGF-1が増加しません。大豆には乳がんの予防と、生存率向上効果があります。 ※Nomfemer(non meat fish egg milk eater。ノンフェマー。禁肉主義者)の人たちは大豆以外の豆も併用しましょう。レンズ豆 […]

大豆だけでIGF-1を上げるには豆乳を毎日1.7L以上飲まないといけない|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによると大豆を1年間毎日7~18サービング(7サービング以上は豆乳なら毎日1.7L以上、乾燥大豆なら200g弱以上だと思われる)食べ続けると、血中IGF-1レベルが肉食者と同じくらいになりました。 大豆イソフラボンによってIGF-1が抑制されるようです。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙ […]

大豆はIGF-1血中濃度を特別上げ下げしない。大豆以外の植物タンパク質は下がる|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによると大豆タンパク質を食べるとIGF-1レベルは特別上がりもしないし、下がりもしません。大豆が動物性タンパク質に近いアミノ酸比率を持っているためです。大豆を多く食べるほどIGF-1レベルが上がります。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでく […]