タンパク質

植物ベースのタンパク質制限食でTORとIGF-1を抑え込んで長寿|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

カロリー制限長寿説はタンパク質制限長寿説の間違いかもしれません。タンパク質制限がTORとIGF-1の両方を抑制するためです。特にアミノ酸のロイシンはTORに最も働きます。ロイシンは動物たんぱく質に多いです。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでください。自分の国の言語の字幕がな […]

内分泌かく乱物質やIGF-1が早期思春期を引き起こす|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによると 植物タンパクを多く食べる子どもは思春期が遅れ、動物タンパクを多く食べる子どもは早まります。肉に含まれる内分泌かく乱物質が原因のようです。IGF-1も早期思春期と関連しています。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでください。自分の国 […]

大豆はIGF-1血中濃度を特別上げ下げしない。大豆以外の植物タンパク質は下がる|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによると大豆タンパク質を食べるとIGF-1レベルは特別上がりもしないし、下がりもしません。大豆が動物性タンパク質に近いアミノ酸比率を持っているためです。大豆を多く食べるほどIGF-1レベルが上がります。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでく […]

アミノ酸スコアが高いとIGF-1の過剰分泌が起こる。動物性食品は有害|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによると人間の比率に近いタンパク質を摂取するほど肝臓はIGF-1を多く産生するようです。体は今すぐ使えるタンパク質を今すぐ使い切ろうとし始めます。植物性タンパク質は一度アミノ酸に分解する必要があります。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでく […]

タンパク質が多くても癌を促進するIGF-1レベルは上昇しない【植物タンパクなら減少】|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによるとタンパク質総摂取量が多くてもIGF-1産生量は増えません。動物性たんぱく質を食べるとIGF-1レベルが高まります。植物性たんぱく質を食べるとIGF-1レベルが下がります。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでください。自分の国の言語の […]