このブログはアニメ業界テレパシー等から深刻かつ苛烈な攻撃や監視を受けており、有害な文章を書かされるようになり、2022年6月頃からブログの更新が停滞しています。フィクション低減をして、問題を解決してみたいです。

脳に負担をかけない社会主義を始めて、災害対策をしよう!≪2023年5月17日以前の記事≫

脳に負担をかけない社会主義を始めて、災害対策をしよう!≪2023年5月17日以前の記事≫

テレパシーによると人類が社会主義を始めると災害を防げるようになります。

  • 生体(脳など)への負担を減らすとサイコキネシスやテレパシーが安定し災害を防げる。
  • 社会保障が手厚く、貧富の格差が少ない社会主義は生体への負担が減る。
  • よって社会主義には災害を防ぐ効果がある。
  • 生体に負担をかけ、災害を起こす資本主義は終焉する必要がある。

生体にはサイコキネシスやテレパシーがあり、サイコキネシスやテレパシーをコントロールしている脳への負担が減ると超能力によって災害をふせげるのです。ぜひ社会主義を始めましょう。

生体への負担を減らすと、災害を防げる

感覚器官が災害の原因や位置を感知する。

肉体がエネルギーを作り出し、災害の原因に放出する。

脳が計算を行って災害の原因にエネルギーを命中させる。

テレパシーで脳と脳が同期して、エネルギーを同じタイミングで放出する。

原始生物が隕石を防ぐために動物を作り出したのかもしれませんね。

現代の社会問題は生体への負担が大きいことで起こっている

感覚が鈍ると災害の原因の位置を特定できなくなる。

肉体を運動させないとエネルギーを作れなくなり、放出できなくなる。

脳が計算を行えないと災害の原因にエネルギーを命中させられなくなる。

テレパシーで脳と脳が同期することができないとエネルギーを同じタイミングで放出できなくなる。

以上のことから生体への負担が増えるとサイコキネシスやテレパシーがコントロールできないことになります。

生体への負担を減らすしかない

「1+1=」の解答を複数考えることで、バイアスを複数使いこなし、感覚がずれることをなくす。

フィクションの消費を少なくし、肉体を運動させ、エネルギーレベルを高める。

生体の脳への負担を減らすことで、放出エネルギー/サイコキネシスの命中率を上げる。

オス♂も参加できる女性教育を行うことで、メス♀も参加できる男性教育とのバランスを取り、テレパシーでの同期を行う。

対策1 1+1=の複数の解答

1+1=の解答は「1+1=2」以外複数あるかもしれません。

  1. 1+1=知らない
  2. 1+1=いらない
  3. 1+1=使わない
  4. 1+1=知っている
  5. 1+1=いる
  6. 1+1=使う
  7. 1+1=2
  8. 1+1=1
  9. 1+1=0
  10. 1+1=たくさん(比較数量)
  11. 1+1=X
  12. 1+1=距離

1+1についての例題

問題On the Way to School - Official Trailer #1 - French Documentary - YouTubeDistrib Films US - YouTube)の動画で見られるような僻地で暮らしながら長い距離を歩いて学校に行く子どもたちに「1+1=2」よりも先に教えるべき「1+1」の解答を答えよ。

問題Junk Food Kids: Who's To Blame | Obesity Documentary | S01 E01 | All Documentary - YouTubeの動画で見られるような肥満の子どもたちに「1+1=2」よりも先に教えるべき「1+1」の解答を答えよ。

1+1についての例回答

問題1の例回答

最適解とは思えないものの「1+1=教えない」は役立つでしょう。
未開の場所に住んでいる人が1+1=2を覚えても、都会に行ってお金を稼ぐ方法を考えるばかりになります。
1+1=の解答を2にしておく必要性は売買のためにお金を運用する必要性にかられてあるようです。
数学の教師ではなく、果樹農家でも教師にして、空いているところに果樹を植える方法を教えるべきでしょう。
土地が空いている荒野に住んでいる人からすれば食料が増えるし、気候変動問題対策にもなります。
数学は後から必要な人数やりましょう。
果樹があると数学はいらない可能性があるそうです。


問題2の例回答

「1+1=教えない」

肥満の生徒がいるとして、数学を教えるよりも正しい生活習慣を教えることの方が重要です。
「数学は大人になってからでも老いてからでも出来る」と言って、生活習慣を指導されるクラスに誘導しましょう。
40代で病気になって、60代で死なれるよりも、80歳、100歳まで生きて学習を続ける方が望ましいです。


対策2 フィクションの高消費が地球温暖化の原因

人はフィクションを利用しているとき座り続けます。
人はフィクションを利用しているとき現実にありえない物事を観測し続けます。

座り続けると体が運動できなくなり、筋肉量が減少して基礎代謝が減少し、体温が下がります。体が寒くなるのです。

現実にありえない物事を観測し続けると、脳が計算を無駄にし始めてヒートアップし始めます。頭が熱くなるのです。

現代のフィクションの高消費によって体が寒くなり、頭が温かくなっています。寒い体が身を守るためにいつの間にか気温を上げようとし、熱い頭が脳を冷ますために「地球が火事です。気温を下げなきゃ」と言い始めるのです。

地球温暖化問題と、地球温暖化問題への対策はそのように起こっています。

私とこのブログの読者以外はその事実に気がついていません。

世界中の人達が愚かな対策を続けています。

そして2022年11月現在このブログは知られていません。

テレパシーに妨害されながら書いているため、おかしい記事が多いです。

どなたか宣伝してください。

フィクションの消費を減らそう

アニメ、漫画、(2次元)キャラ、ポルノ(見ると脳細胞が死ぬメディアであって性行為メディアとイコールではない)、同人誌、ライトノベル、フィギュア、コスプレ、声優などなどは超正常刺激や超説得刺激を濫用しており非常に危険です。直ちに利用を終了しましょう。

※テレパシーによると背骨があって脚が四本ある動物から共感されやすい刺激をアニメ業界等は使う機会が多いそうです。「種族超越刺激」と呼ぶかもしれません。蛇は脚がないので共感しないらしい。

ドラマ、小説、ゲーム、スポーツは劇薬になる可能性があり、一般の方は手に入れられないようにしましょう。同時に医療効果等が期待されます。小説家やゲームクリエイターは医療従事者としての資格などを取る必要があるでしょう。ゲームは32bitのPS1クオリティのゲームまでが限界らしいです。暴力ゲームや神話ゲームが跋扈する現状ではPS1クオリティも無理でしょう。

アイドル、芸人、タレント、アートは現実には邪魔になるどころではないのでやる気のない者が参加しないように法的に規制しましょう。アイドル(上位800位グループまでは脳内に神がいる。カリブのブードゥー教と似ているかも)は異性関係に特化しており、芸人は疾患に特化しているとテレパシーから聞きます。テレビ前提の作品や芸能にしないのがポイントです。適切な表示や発表をしましょう。

自動車や授業やITも座り続けないといけないことから分かるようにフィクション度が高いです。

宗教もフィクションだと脳が言っているらしい。


テレパシーはどのフィクションも完全になくす場合の話もしています。

対策3 動物の脳への負担を減らして

動物の脳への負担を減らすことでサイコキネシスやテレパシーが機能するようになります。

人間のような苦痛を感じやすい者がいる時点で、その制作者は人間に対して苦痛を感じなくする義務や責任があります。

例えば隕石や噴火がある時点で、人間はその隕石や噴火による苦痛を防げないとおかしいです。

人間がいる時点で、人間はサイコキネシスやテレパシーを使いこなしていないと隕石や噴火を防げないし、おかしなことです。

ミサイルはいらないし、軍隊や経済格差もいりません。

生体への負担を減らす方法

動物性食品を食べず、植物を中心に食べる。

フィクションや資本主義の消費を低減する。

プラスチックフリーを実現し、量って売る。

社会に出るための男性教育だけではなく、家庭を守るための女性教育をする。

そもそも経済は成長し続ける必要がありません。巨大隕石のような人間の活動規模と比べて大きすぎる問題に政治/経済/軍事だけで対処しようとした結果、無限の成長が必要とされているだけです。社会主義を始めて生体への負担を減らす方向性を知りましょう。1000年計画を立てて、生体への負担を確実に減らすのです。

対策4 オス♂も参加できる女性教育を始めよう。

サイコキネシスを使いこなすには他者とのテレパシーが重要です。

現代においては異性との通信がとても重要になります。

現代の学校教育はメス♀が強制参加させられるいびつな男性教育オンリーであり、オス♂が参加できる女性教育が開始されるべきです。

女性教育では家事・炊事・セックステクニック・育児・ライフスタイル、法律等が教育されます。

現代は少子化が進んでいるのでセックステクニックが重要との情報がテレパシーからはあります。ただしサイコキネシスが暴走しやすいので注意しましょう。オス♂のサイコキネシスとメス♀のサイコキネシスのバランスが崩れると、災害が起きるので注意しましょう。

次第にオスが男性教育を受ける機会が多くなり、メスが女性教育を受ける機会が多くなるかもしれません。当初は自由に選ばせるくらいでしょう。

社会主義/共産主義を慎重に考慮しよう

社会主義というと自由がなくて経済が停滞するため人気がありません。

日本人のような資本主義社会で生活してきた人達にとって下の画像のような赤い旗は異様なのか異質に感じられるでしょう。

第二次大戦で核兵器を作りだし、その後ミサイルやロケットの開発競争が始まったのは巨大隕石に人類が対処するためです。

自覚すらないところが恐ろしい。

社会主義/共産主義には生体への負担を減らす効果があり、大規模集団的にサイコキネシスやテレパシーを操れるようになります。

ぜひ社会主義/共産主義を再評価してください。

1000年計画の公共事業で社会主義を運営する

実際は400年計画くらいかもしれませんよ?

損を切るシステムを構築すると公共事業すらうまくいく可能性もあるでしょう。

食料を確保する

果実を主食にする1000年計画や400年計画や1万年計画を立てましょう。

社会主義と言うと北国のイメージが個人的にはあります。ロシアのような寒い地域の場合はどんぐりや栗などの木を大量に植えてみましょう。どんぐりや栗を大量に冷凍保存しておいて人類規模の災害への備蓄としましょう。

種類100g中のカロリー耐寒性
どんぐり252キロカロリー高い
164キロカロリー高い

果樹を植えて主食の限界を超えよう♪ 気候変動問題も解決する! を見て地域に合った果樹を見つけて見ましょう。

動物性食品の除外された完全栄養食を配給する

社会主義はなぜか暴力的なイメージがあります。

最低限の暴力耐性を構築しましょう。

社会主義独特の配給物のクオリティを上げることが重要です。

今回は食料について書きます。

  • 動物性食品の含まれない食品を配給する。
  • 完全栄養食を配給する。
  • 年間食費を19万円以下、12万円以下、6万円以下などに削った食品を配給する。
  • ハーブやスパイスなどの抗酸化物質が含まれる食品を配給する。

人間が動物性食品を食べると動物たちがテレパシーやサイコキネシスを使って人間を攻撃する機会がありえます。動物性食品を食べなくなると動物たちには攻撃する理由がなくなるのです。もしも他に特別の理由もなく攻撃してきた場合は、攻撃をしてきた動物たちが違法だと言えます。理由もなく攻撃してきたテレパシーの動物たちは100%の確率で支配されていると思って問題ないです。

やっぱりサプリメント使用は微妙なのでサプリメント不使用の食品も紹介しましょう。

完全栄養食は地産地消しましょう。

  • ジャックフルーツ、エンセーテ、デーツなどの炭水化物食品
  • 豆、ナッツ、シードなどのタンパク質食品
  • チアシード、フラックスシード、ヘンプシードなどのオメガ3脂質食品
  • マンゴー、杏、かぼちゃ等のベータカロテン(ビタミンA)食品
  • アセロラ、パプリカ、ゆずなどのビタミンC食品
  • アーモンド、モロヘイヤ、かぼちゃなどのビタミンE食品
  • 細菌を培養して作るビタミンB12食品
  • 干したきのこ(特に乾燥きくらげ)などのビタミンD食品
    • ビタミンDはサプリメントで摂取することに効果があるとエビデンスがあるらしいです。サプリメントも有力でしょう。ビタミンD3を摂取しましょう。
  • きくらげ、カレー粉、レンズ豆、チアシードなどの鉄食品
  • ピュアココア、ごま、米などの亜鉛食品
  • 昆布、わかめなどのヨウ素食品
  • ごま、パセリ、モロヘイヤなどのカルシウム食品
  • ごま、大豆、アマランサスなどのマグネシウム食品

栄養価の高い海藻の培養も気になります。海藻はタンクで培養できるようにすべきでしょう。

本当は鮭にあまり含まれていないアスタキサンチンもヘマトコッカス藻を培養すると摂取できるようになります。

フルーツなどの実を中心に国民の食糧を賄うことを考えてみてください。

その他

・街灯を少なくして夜の星が見えるようにする(感覚器官が天体の位置を把握できるようにするため)

・国民が異性と対等に交際できるようにする(サイコキネシスを男女で拮抗/連携等させるため)。

・宣言の法律が守られるようにする(社会的なテレパシーがうまく機能するようにするため)。

・サイキネシスやテレパシーが強い個人を優先的に保護する(私が偶然にもそうです)。

・極寒服などを国民に配って寒いときは暖房をつける前に着るように言う。

・浄水場に投資して、水質を格段に安定させる。

テレパシーやサイコキネシスによる洗脳や脅迫によって宣言させたことを、宣言の法律であることにする手法の犯罪が現代テレパシーではよくあると聞きます。

気をつけましょう。

作りました→7つの食材で作るヴィーガン完全栄養食シェイクを飲もう! |PNVSⅦ(パーフェクト・ニュートリション・ヴィーガン・シェイク・セブン)


アイキャッチ画像はPixabayCarl Russell博士

アイキャッチ画像はPete LinforthによるPixabayからの画像

画像はピクサベイからペギーとマルコ・ラッハマン・アンケ 

あなたもテレパシーを使っている☆

人間の脳はパソコンよりも高性能なのに、通信機能の一つもないのですか? パソコンでも簡単に通信できるのに・・・。死んだら脳の中のデータはそこで消失されるのでしょうか? パソコンならデータを別のところに移せるのに・・・。脳が通信機能を使えないとしたらひどく不自然なことです。大昔から使っているし、今も使っていると考えるのが自然でしょう。だとしたら使いこなさない手があるでしょうか。このブログではテレパシーを使いこなすための情報、テレパシーの世界での犯罪者への対策、単純にテレパシーから得た情報などを紹介していきます。