このブログはアニメ業界テレパシー等から深刻かつ苛烈な攻撃や監視を受けており、有害な文章を書かされるようになり、2021年6月頃からブログの更新が停滞している。不実データ作成者、地獄データ作成者、寝取るデータ作成者、バグデータ作成者を通常の逮捕データの1万倍から1穣倍から無量大数倍の10億倍の効力の逮捕データで逮捕!

👉どうしてあなたは子どもにアニメや猫や増田を見せるのですか?

子どもにアニメや猫や増田を見せるのは以下で説明される実験に毎週参加させるようなものです。

別の記事で説明したアニメの有害性についての皮肉な説明

仮にあなたには子どもがいるとします。あなたの子どもは動物行動学の実験に参加することになりました。動物行動学者からは少し危険性があるかもしれないと説明されます。なので説明を受けて危険だと判断した場合は子どもを参加させないことも可能です。具体的には以下のように説明されました。

  • 視覚的な信号刺激(鍵刺激)と超正常刺激をあなたの子どもの視覚を通じて脳に入力します
    • 信号刺激とは動物に本能行動を起こす刺激のことです
    • 超正常刺激とは動物の生態の中でありえない刺激なのに本能行動を起こす刺激のことです
    • 今回の実験では子どもが本能行動を起こすことが分かっている視覚信号刺激や視覚超正常刺激を用意しています
    • 本能行動を起こす刺激を入力されると、ひらひらする布を見て突進してしまう闘牛のようになってしまったり、親鳥のくちばしの模型を見て猛烈に鳴き始める雛のようになってしまうでしょう。
  • 実験は1時間30分程度で終わります
  • 入力の頻度は1秒間に最大24回以上です
  • 1時間30分の間に5万回から17万回程度入力する予定です
  • 今のところこの実験を行ったことがないので子どもにどのような影響が出るのかは不明です
  • また、同時に音声信号刺激や音声超正常刺激の入力も行います
  • 視覚と音声によって同時に信号刺激を入力することで、本能行動がより強まるかも気になるところです
  • 同時に信号刺激や超正常刺激を使って古典の方法で条件付ける手法の実験も行います
    • 快の感覚を引き出す信号刺激や超正常刺激を、手渡された特に意味のない物体に条件づけます。特に意味のない物体を見ただけで快の感覚を感じるようになるとしたら成功です
    • 不快の感覚を引き出す信号刺激や超正常刺激を、手渡された特に意味のない物体に条件づけます。特に意味のない物体を見ただけで、不快の感覚を感じるようになるとしたら成功です

5万回や17万回との入力回数が意外と不穏です。

特に意味はないはずの道路標識を見ただけで、謎の飛行感を感じる実験結果の場合もありえます。

事故に遭いやすくなって危険です。

さて、あなたは科学の発展のためにもこの実験に子どもを毎週参加させるでしょうか? 

いつの間にか本能行動に支配される子どもにしないためにも断りましょう。

アニメ業界の映画作品作画枚数

アニメ作品名放映時間作画枚数
風の谷のナウシカ116分56,078枚
天空の城ラピュタ124分69,262枚
千と千尋の神隠し125分112,367枚
ハウルの動く城119分148,786枚
崖の上のポニョ101分170,653枚
参考:Wikipedia、vod流儀 (vodriver.com)

以上のような有名アニメ映画を一回見るだけで5万枚から17万枚程度視覚情報を通じて超正常刺激が脳に入力されます。

「101分×60秒×1秒間に24枚の作画=145440枚の作画枚数」なので、作画枚数170653枚の崖の上のポニョは毎秒24枚作画があるよりも作画枚数が多いようです。

ジブリ作品には飛行シーンが多くあります。

ふわふわする感覚が実はあるのでしょうか。

アニメを見ると色々な感覚を覚えます。

実際は飛んでいるわけでもなく、アニメを見ながら座っているので、水分を多く摂るのです。

飛んでいる感覚だけあり、水っぽい人物にされます。

以上のジブリアニメで具体的にどういう暗示がかかりそうか? を考えてください。

暗示の健全性も重要です。

作画枚数が多い上に、今のところ暗示に健全性はないので子どもに見せないようにしましょう。


アニメの戦争情報や暴力情報入力に注意

現代アニメには暴力要素、戦争要素、犯罪要素、暴走要素、変態要素、性的要素、グロテスク要素、精神疾患要素、ナンセンス要素、不条理要素、アングラ要素、要求要素などなどがあるので有害な暗示がかかります。

要素名暗示の特徴
戦争要素戦争は不可避であるような暗示がかかる場合がある
暴力要素なぜか敵が登場して、戦い、倒すしかない暗示がかかる場合がある
犯罪要素犯罪者への肯定的な見解の暗示がかかる場合がある
暴走要素本分を離れて暴走し始める暗示がかかる場合がある
変態要素コミュニケーションや問題解決などを変態活動で行う暗示がかかる場合がある

有害な要素のある超正常刺激による本能行動を避けるためにも見ないようにしましょう。

本能行動はいつの間にか行っているので危険です。

戦争要素や暴力要素の低減があると本能行動レベルでアニメ視聴者の暴力行動が減る可能性があります。

今のところ戦争要素や暴力要素のある超正常刺激が多いので子どもに見せないようにしましょう。


作画枚数の多いアニメを避けよう

作画枚数最大アニメ:ディズニーの「ファンタジア」(1940年) 作画枚数100万枚(引用:くらしデータ.com (kurashidata.com))

※作画枚数が多すぎるため脳への入力速度が速すぎて危ない。単純な危険がある可能性があります(「単純に危険です」テレパシー談)。見ないようにしましょう。

テレパシーによるとミッキーマウスは我々の先祖がまだねずみのような姿をしていた時期を象徴する場合があるらしい。

「未来のリーダー」なる謎のワードがミッキーマウスにあるのはこのためかもしれません。

安全ではない可能性があるので人間の先祖の問題は別の方法で解決すべきでしょうか。

象徴してはいるとしても普通のネズミのような気がします。

あんな耳の丸いねずみはいないかもしれないので、違うかもしれません。

人間文明によって地球環境が壊滅した後、ねずみなのか別の動物なのか実は一部人間なのかが辛くも生存し、未来のリーダーとなる暗示だとねずみも人間も困ります。

子どもにみせないようにしましょう。

グラフィックすごいゲームも危険らしい

テレパシーによると最近のグラフィックすごすぎるゲームもアニメの一種だとゲーム業界の人たちの脳内の人たち自体が考えているらしいです。

ゲーム業界はスーファミ以前のグラフィックに戻し、ゲームから暴力要素を排し、モンスターを排し、裏組織化を防ぎ、現実の問題を解決するゲームを作りましょう。

CG系アニメについても有害です。

アニメ業界やマンガ業界もゲーム業界と同じく心にモンスターや暴力や裏組織化を求める習性があるらしい。

チープ感をモンスター化や暴力や裏組織化などなどで超えていくので危険です。

現状、子どもにアニメやゲームなどを利用させないようにしましょう。

アニメとひな人形

日本に昔からある風習の一つのひな人形を祭る行事では、ひな人形を1ヶ月間だけ飾ります。

ひな人形をしまい忘れるとお嫁に行けなくなるとのジンクスがあるらしい。

アニメと比べると人形は脳への入力回数が少ないため、洗脳やマインドコントロールの観点から言うと有害な影響が少ないです。

有害な影響が少ないのに1ヶ月でしまってしまいます。

アニメも年に一定回数しか放送できないようにしてはどうでしょう。

アニメ等を見過ぎると女子たちが変になってしまう現象(腐女子、BL、やおいなど)があるようです。

今のところ1クール(1シーズン)だけで100作品以上のテレビアニメが放送されているので、アニメ業界等は有害なジンクスを作っており、続けています。

現状アニメ業界にジンクスへの認識や対策はないため、子どもに小さい頃から見せないように気をつけましょう。

その他やめよう要因

・通称「すり込む」や「条件付ける」系フィクションに気をつけよう。
・名詞化動詞や動詞化名詞を使わないようにしよう。
・戦争や犯罪や死刑や地獄や謀略や無理な発展等に反対しよう。
・共時性や雰囲気やプロパガンダや野心家に呑まれるのはやめよう。
・酒、煙草、麻薬、浮気、ジャンクフード、超精製食品、ギャンブル、拝金、横領などをやめよう。

アニメは児童や心の弱い部分への放送者であるのに、以上の問題を解決できていません。

子どもに見せないようにしましょう。

猫

以前「気をつけろ。ネコは生まれながらのハンターだ」との記事を見ました。

テレパシーによると猫は脳内データやテレパシーやサイコキネシスを使った殺人者なので、猫を脳内データやテレパシーやサイコキネシスを使った逮捕をしましょう。

  • アニマルレスキューで猫を助けたら、猫は脳内データでは助けた人を食べていた。
  • 猫は猫を飼っている人間を脳内データでは1秒間に1垓回食べている場合がある。
  • 猫の脳は人間の脳内にある企業の機密データにアクセスしたがる。
  • なぜかこの部分をタイピングしている私は涙ぐんでいる。猫にデータ攻撃されたためだ。

あの記事は正しい。

執筆者の権利を回復してください。

猫はアニメ業界と似たような広域洗脳活動を微妙にやっており危険です。

  • 猫は生存者データを盗んで使っている
  • 猫は人間の他者への好意データを盗んで使っている
  • 猫は人間の脳内で奇妙な権限を違法に使っている
  • 猫は人間とペアになるデータを違法に使っている

猫の有害性は一応エビデンスがあります。

アニメは猫に迎合している面があるので子どもに見せるのはやめましょう(遠い目)。

本当は脳内ではアニメ業界は猫に迎合しないようにしています(と言う嘘はいらない。嘘じゃないんだって。嘘です)。

日本一のデータ犯罪者である増田直也

テレパシーによるとデータ犯罪者日本一位に増田直也という男がいるらしい。

危険なので考えてはいけないレベルで危険な男らしい。

安田という仲間がいるとエビデンスは言っているらしい。

ヤバイ、ヤバすぎる。


テレパシーによると何か他にもアニメの法律があるらしいです。

考えてください。

リスクを閾値以下にするのは難しすぎるため、子どもにアニメを見せないようにしましょう。

子どもの姿を猫に見せないようにしましょう(遠い目)。

猫交絡因子を調整すると比較的アニメは健全になるらしい。

それと、増田交絡因子を調整しようと思っても調整できないらしい。

アメリカの脳すら増田の件について絶句したらしい。

増田直也という男はデススターデータやメドローアすらコントロール権限のような微妙な部分を奪い、殺した。

🔙テレパシーの警告!アニメは危険だ! 安全に終了しよう!