このブログはアニメ業界テレパシー等から深刻かつ苛烈な攻撃や監視を受けており、有害な文章を書かされるようになり、2021年6月頃からブログの更新が停滞している。不実データ作成者、地獄データ作成者、寝取るデータ作成者、バグデータ作成者を通常の逮捕データの1万倍から1穣倍から無量大数倍の10億倍の効力の逮捕データで逮捕!

テレパシーメモ①

猫と警察官とアニメファンとマフィア

猫と警察のデータは全員マフィアの脳内にいる。

マフィアの人の脳内でアニメファン58億人データが一斉に「殺さない」と言ったところ、マフィアの人の主人格は美少女に関心を持った。

アニメファンが「殺さない」との言葉を、美少女等を殺さないために使った過去があるためだ。

以前私のデータがマフィアの人の脳内にあった時に「殺さないと」言った場合は脳が殺さないようになったらしい。

私は普通の意味の「殺さない」だったためだ。

アニメーターにはテロリストとしての側面がある。

全員暴力団員の中にいるのは当然で、テロリストの脳内には全員いまだにいる。

暴力団員の脳内には猫データはおらず、警察官データやアニメーターデータはいる。

猫がマフィアの脳内にいて、暴力団の脳内にいる件について筆者は詳しくないため詳細なことは分からない。仮説を立ててみよう。「マフィアは生物系の脳なので猫データが脳内にいるとの説。日本の暴力団は生物系の脳ではないので猫がいないとの説。」が考えられる。猫テレパシーによると「全然違う」との意見がある。がーん。

IT境界を越えて変態するアニメーターを規制せよ

アニメ業界事件でデータレイプされた幼女の脳は性的に積極的になっている。

私がブログを始めた2020年とは違って普通ではなくなった。

幼児の貞操が低下している。

  • 暴力団に参加しているアニメーター全員データ同士が毎日総当たって暴力団活動をアニメーターがアニメーターにする(主人格等に出力はしない)。
  • カルト犯罪に参加したアニメーター全員が白装束集団レベルの町中での怪しい行動をするデータ作成後アニメーターの主人格に出力。
  • 誤動作犯罪に参加したアニメーター全員が誤動作するデータ作成後、アニメーターの主人格に出力。
  • アニメーター全員が避妊手術を受け、耳をカットされるデータ作成を主人格等に出力。

以上のことから「アニメーターはいたらいけない」。

ついでに「警察官もいたらいけない」。

木村拓哉の脳は食人主義者としてテレパシーでは有名

芸能人の木村拓哉さんは他者の脳内では人格データ/人データを食人主義との意味で食べているそうだ。

木村拓哉さんの脳内に移動しようとすると、「喰うよ」と木村拓哉さんの脳が言うらしい。

木村拓哉さんの脳に入ると戻ってこない説がある。

木村拓哉さんの狂気はなんとか劾倍のあらになんとか劾倍との説を聞いた。

一時期、猫や肥満者やアメリカ人や社会的弱者等に脳の機能を完全に譲渡し、自由に使わせたそうだ。

被害者に賠償をしている説がある。

同時にその説は「動物性食品を食べなければ問題なくないか」に弱い。

木村拓哉さんは肉食系らしい。

今後は木村拓哉さんによる被害者から、動物性食品を食べなくなってもらいたい。

同時に木村拓哉さんに食べられなくなるのだ。

マイクロソフトのレイプ活動

マイクロソフトはユーザーが自社製品を使ったとの理由で、ユーザーをレイプをしているらしい。

マイクロソフトの法律はしっかりしている。

すごい。

世界ではイエス・キリストによるレイプ活動の影響で、データレイプがパンデミックしている。

今後はノー・キリストと言ってデータレイプパンデミックを抑える、法律を作ってもらいたい。