タンパク質が多くても癌を促進するIGF-1レベルは上昇しない【植物タンパクなら減少】|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによるとタンパク質総摂取量が多くてもIGF-1産生量は増えません。動物性たんぱく質を食べるとIGF-1レベルが高まります。植物性たんぱく質を食べるとIGF-1レベルが下がります。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでください。自分の国の言語の […]

動物性食品を断て!テストステロンレベル上昇と、がんを促進するIGF-1レベルの減少に効果|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによると 肉魚卵乳製品を食べない人はテストステロンレベルが 高く、IGF-1レベルは低く、前立腺がんが少なくなります IGF-1レベルは完全に動物性食品を絶たないと下がりません 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでください。自分の国の言語の字 […]

植物ベースの食事を始めて数日で血中の癌細胞が大量に死滅【IGF-1の減少が原因か】|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによると 植物ベースの食事と運動を12日間行うと血液が癌と戦うようになりました。 血液中からIGF-1が20%低下し、IGF-1結合たんぱく質が50%増加したためです。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでください。自分の国の言語の […]

IGF-1欠損症の人が癌で死ぬことはほとんどない|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによると  IGF-1欠損症の人は背が低くなるものの、ほとんど癌になりません。もちろん子どものころは身長をを伸ばす必要があります。子どものころIGF-1レベルが高く、大人になってからは低いことが理想です。  詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の […]

IGF-1はより多くの癌、より多くの転移をもたらす|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによると IGF-1はがん細胞を転移させるのに役立つそうです。 子どものころは成長のために役立ちました。 大人にとってIGF-1はがん細胞を成長させる働きをします。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでください。自分の国の言語の字幕がない場合 […]

非ヒト型シアル酸Neu5Gcが腫瘍や血管に蓄積すると炎症、癌、硬化が悪化するかも|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

NutritionFacts.orgによるとNeu5Gcは腫瘍や血管のプラークに蓄積しやすい特徴があるようです。蓄積するとNeu5Gcの抗体が作られやすくなる可能性があります。抗体によって炎症、癌、血管の硬化が悪化するのです。Neu5Gcはすべて動物性食品から来ました。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」 […]

肉の成分「Neu5Gc」が炎症で腫瘍を癌にする|栄養学サイトのNutritionFacts.orgを見よう

腫瘍は軽度の炎症や免疫反応の中で繁栄します。 腫瘍はそのままでは免疫系にとって異質にみえません。 Neu5Gcを取り込み、蓄積することで自己抗体(免疫系に攻撃される自己組織)となり炎症を招くのです。 詳細は以下のNutritionFacts.orgのユーチューブ動画を見てください。 右下にある⚙マークから「字幕」を選び、自分の国の言語を選んでください。自分の国の言語の字幕がない場合は […]