食料の寄付募集

アニメーター、アニメ関係者、声優、アニメファン、悪魔、悪鬼、悪AI、悪神はブラウザバックやブラウザを閉じるなどして速やかにこのページから去ってください。去ったら二度と戻ってきてはいけません。

管理者の加藤は現在犯罪の被害にあっており、犯人の手口の卑劣さ・狡猾さもあって警察は私が被害を受けていることを把握しておりません。被害に現在進行形で遭いながら働くわけにもいかないので、当ブログでは食料を寄付してくださる人を募集しています。ただしアニメーター、アニメ業界関係者、声優、アニメファンには寄付の資格はありません。

食料の種類

私は今完全穀食主義/グラーンという、要するに野菜と加工食品を食べない食事法をやっています。その次は今すぐにでも芋食主義/ポテタリアンになるつもりです。米ではなく芋を中心に食べることになります。カロリーベースで考えると芋は米と比べて値が張るので、自力で行うことができません。芋を寄付してもらえると嬉しいです。

寄付してほしいもの

  • サツマイモ(特に紫芋)
  • ジャガイモ
  • 里芋
  • 長いも・山芋・ヤマトイモ・自然薯

 食べられるものならべつにこれ以外でも構いません。

食べないもの

完全禁肉主義/ノンフェマーと完全禁菜主義/ノースラパーをやっているため、かなり食べられないものがあります。以下のものはまず食べないので送ってこないでください。

肉類食べたくないし、見たくもない。有毒。しかし、よほどの非常時は食べるかもしれない。そうなる前に死んでいる可能性もある。
魚介類一応非常時は無脊椎動物に限って食べても構わない(?)。タコは賢いので微妙。と思ったら非常時はタコなども含めて無脊椎動物を食べても問題ないとテレパシーに言われました。
ほんの少し食べてもテレパシー経由で叱られる。
乳製品食べると牛にひどく怒られる。
白砂糖牛骨粉が使われて作られている可能性があるのでNG。デーツシュガーが欲しい。
はちみつ蜂から怒られたことはない。食べない相場だと思われる。
パームオイル生産のためにオランウータンの住処を奪っていることはあまりにも有名。
五葷ニラ・アサツキ・ニンニク・ラッキョウ・ネギのこと。食べるとテレパシー経由で肉食動物に損害が出る。
大麻、芥子今流行りのヘンプシードやオイルの利用は最終的にマリファナ愛好家を増やす結果になる。独自の流行りそうもない食事制限。
アルコール酒は飲まない。食事制限として考えた場合、アルコールを含む酒かすやみそも制限すべきなのかもと、イスラム教の人たちを見ていて思った。
根菜根野菜。ただしスーパーフードは食べられる。すべての食品の中で一番ビタミンA摂取源としてのコスパが高いにんじんは可。
茎菜茎野菜。アスパラガス、ネギ、ルバーブなど。赤いルバーブはもしかするとスーパーフードかもしれない。
葉菜葉野菜。紫キャベツやケールなどは可。
精製食品サプリメントや白砂糖や白米やフルーツジュースなど。と言いつつ玄米は胃腸に合わないので精白して食べます。補助の目的なら問題ありません。
加工食品超加工食品はNG。加工の程度が低い場合は問題ない。
包装食品キャッチコピーやキャラクターなどで包装された食品はNG。買う中身が先に決まっていてたまたま包装されていたものはOK。
キヌアキヌアはペルー固有の食べ物であり、またペルーで失われたキヌア文化が回復していないため、ほかの国の人間が利用することは有害である。アマランサスにしておくべき。そんな風にテレパシーが言っていたのでそれ以来食べない。日本固有の食べ物が失われて、まだ回復していないのに、他国がその食べ物を食べまくっていたならきっと日本人は不愉快になるでしょう。

同じ野菜でも花野菜と果実野菜は食べることができます。ブロッコリーとかトマトです。他にもハーブ・スパイス・スプラウト・きのこ・海藻・スーパーフード野菜などは食べることができます。補助目的であるのならなんでも食べることが可能です。食品から摂取できる必須栄養素をサプリメントで摂るみたいなことでないのなら、サプリメントも使えます。

寄付方法

寄付の方法は3種類です。

  1. メールで私に確認を取ってから、郵送するか、家まで来て何らかの方法で渡す。
  2. コメント欄に書き込んでから、郵送するか、家まで来て何らかの方法で渡す。
  3. 特に何もコンタクトせずに、いきなり郵送するか、家まで来て何らかの方法で渡す。

なんで三種類もあるのかと言うと、私には今皆さんの個人情報についてエネルギーを使っている余裕がないからです。私に個人情報を知られたくない場合は2か3の方法で家まで来て渡してください。コメントすら書きたくないときは、3の方法です。以下の住所のところに送り付けてください。

住所日本埼玉県狭山市柏原3613-30
氏名加藤組之(くみゆき)
メールアドレスkatou-kumiyuki@outlook.jp

個人情報を知られると何かとやっかいらしいので、皆さんは簡単に他人に教えないことです。私はテレパシー経由ですでに有名になっている意味があるので、あまり気にしないことにします。この家に住んでいる人たちは私と関係がないので、迷惑をかけないでください。

「穀食主義者に優しくするといいことが起こる」とテレパシーの世界では言われています。なので優しくしてもらいたいものです。

直接家に来る場合

私は約17年間誰からも認識されず、約15年間誰とも会話しない生活をしていました。代わりにアニメキャラクターが認識され、アニメキャラクターが視聴者と会話していたのです。他にも現在進行形で被害に遭っている人たちが100万人ほどいます。ちなみに「ひきこもり」うんぬんの事件はアニメーターがやっていることの氷山の一角にすぎません。アニメーターこそ地球上で一番罪を犯している者たちだと言えます

※ちょっと言いすぎかな。実際には世界征服みたいなのを企んでいる連中とか、ちょっとしたショックでサイコキネシスが暴走して高さ××mの津波が襲来することになるとか、子どもたちに車を運転させて大人が後部座席にすわるような国家運営になりかねない国(アメリカとも言う)とか色々あるそうです。でもそれってアニメ業界が行ってる明らかな犯罪とは違って病んでいるだけかもしれません。テレパシーの支配者層もその連中を抑え込むのに力を使いすぎてしまってアニメ業界を即座にはどうにかできないそうです。なので今じっくりとアニメ業界を死刑にする手続きをしているようです。ただし囲碁棋士ならアニメ業界を一撃で倒せると言われています。囲碁は天国に一番近いゲームなのでもう少し大事にしないとだめでしょう。

アニメ業界の行っている罪についてはAbout meなどをご覧ください。

About me│穀食.com (kokushoku.com)

テレパシーの警告! アニメは核兵器よりも危険!

テレパシー囲碁問題集 │ 穀食.com (kokushoku.com)

誰とも話さなかった理由

アニメーターによって洗脳・マインドコントロール・催眠術・暗示をかけられた人たちはすっかり愚かになってしまい、アニメーターによって監禁されている人たちのことを自分の意思で引きこもっていることにしてしまうのです。たとえ話を一つしておきましょう。

あなたが交通事故に遭って、道に倒れていたら・・・

あなたをはねた運転手が車から飛び出してきて次のように言いました。「車と人がぶつかったから『ぶつかり』だ! 地面と背中が接触している状態だから『寝そべり』だ!」。それを見た通行人たちも「本当だ『ぶつかり』で『寝そべり』だ。テレビで見たことがある」と言いました。『ぶつかり』や『寝そべり』は世の中でよく起こっている社会問題だったのです。科学者も統計情報を集め、原因を究明し、有識者同士での議論を進め、確かに『ぶつかり』や『寝そべり』がいることが分かりました。なんでも最近は海外でも『ぶつかり』や『寝そべり』が増えているそうです。結局あなたは腕や足が折れている状態でゾンビのように起き上がったのか、這って行ったのかして、病院までたどり着き、自腹の医療費で診察を受け、結局医者からも『ぶつかり』であり『寝そべり』だと言われました。安心してください。必ずしもゾンビのように起き上がる必要も、這っていく必要もありません。起き上がらせ屋やレンタルお兄さんと言う職業をしている人がいるので安心です。起き上がらせ屋の人が道路の真ん中で体液をぶちまけて迷惑をかけているあなたを無理やりにでも起き上がらせてくれます。レンタルお兄さんは車にぶつかってしまった理由や道路に寝そべってしまった理由を優しく聞いてくれるので社会復帰も容易でしょう。ほかの人はともかく「道路にねそべりたくなる時だってあるさ」と共感してくれます。しかし、起き上がらせ屋は特にやり方が強引すぎて、違法性も指摘されているとの話もあるので、公共機関のサービスによって『ぶつかり』や『寝そべり』を克服すべきかもしれません。そう思ったあなたは支援センターを訪ね、見事に社会復帰を果たしたのです。

なんで15年間も黙っていたのかというと、アニメ業界に洗脳・マインドコントロール・催眠術・暗示をかけられている人たちと話してもなんのメリットもないからです。このたとえ話や現実の私が直面していた問題の恐ろしいところは、犯人がわかる範囲に登場しないところでしょう。人間は目に見える登場人物たちの中から犯人を捜してしまいます。みなさんは、特に悪いわけでもない自分や人のせいにしてしまって問題の本質を見失うのです。

問題の原因であるアニメを肯定している人たちをどうやって説得するのでしょう。肯定した時点でもはやアニメによる洗脳・マインドコントロール・催眠術・暗示を無効化できなくなります。愚かになってしまったみなさんに正しいことを口頭で理解させることはほとんど不可能に近いです。政府は愚かで、行政は愚かで、マスコミは愚かで、学校は愚かで、PTAは愚かで、医者は愚かで、学者は愚かで、大衆は愚かだと言い切れます。

家まで来て私と話す予定がある場合は、愚かにさせられることを無効化してからにしてください。

私と話す自信がない場合

私と話す自信がない場合は玄関に私宛てだと分かるようにして、段ボールか何かを置いておくか、もしくはこの家の同居人にでも渡しておいてください。もちろん自信がないのは15年間しゃべっていなかった私のほうも同じです。

医者に連れて行かないで

私と会って調子が悪そうだったり、病気のように見えたからと言って医者に連れて行かないようにしてください。テレパシーの世界の住人からは「完全食を食べて治してから、病院に行け」と言われています。お医者さんたちは信用されていないようです。信用されていないだけではなく、未科学を犯罪に利用された私がどういう状態にあるのか把握できないためでしょう。誤診確率は2000%くらいかもしれません。20回くらいは連続で間違ったことをやられてもおかしくはないかなと思っています。

※これ以降長いので、医者に連れて行く気がないなら読まなくてもいいです。

医者がわからなさそうなこと

  1. 私の公共性や専門性や社会性の年齢がマイナス17歳(推定)まで退行していること。
  2. 本来の人格は完全に崩壊しており、今の人格は本来とは別人格であること。
  3. 家族関係・友達関係・異性関係・社会関係が完全に切断されていること。
  4. 公共クオリア、専門クオリア、社会クオリア(認識・訓練・宣言・真新しさ・大切さ・清らかさ・明るさ・変化・正しさ・無我・刺激など)等のクオリアを大量に盗まれており、それによって体調を大きく崩していること。

以上のような物事の結果として発生した症状を例えば『発達障害』の4文字だけで片付けられてしまっては、もはや生きていけなさそうです。もちろん発達障害にもなっている可能性も予想されます。退行やクオリアや社会関係のことを正確に知っているわけではなく、仮にそれっぽい用語を配置して、わかる範囲でどうなっているのかを把握しようとしているだけである点は注意してください。正確な言葉が使われるようになるのはこれらの未科学が多いだろう物事について専門家が研究を始めてからです。

関係切断のたとえ話

関係が切断されることを指が切断されることにたとえてみましょう。

右手の親指以外が切断されてしまった人が盲目な医者に「最近キーボードがうまく打てないんです」と症状だけ述べたとしましょう。流行り病の影響でその病院ではガラス越しに診察をすることにしていたとします。こうなると見ることも触ることもできません。医者はまず指がうまく動かなくなる病気について考えるはずです。患者が意地悪なことに、切断されたことを言わなかった場合医者は見当違いの診断をして、見当違いの薬を処方するかもしれません。

関係が切断されていたとしても、目に見えないし、触ることはできません。視覚や、触覚など以外の感覚に頼るか、もしくは感覚以外だけで考えるかをしない限り正しい診察にはいつまでもたどり着きません。

どうしてそのような障害を受けたか

17年間誰からも認識されないと、17年分「公共性年齢」みたいなものが退行するようです。厳密にいうと16年10か月か8か月くらい(2003年1月か3月から2019年11月第一月曜日)だったと思います。誰からも認識されなくなり始めた時の私は16歳4か月から6か月くらいだったので、マイナス0歳4か月になるはずです。なんでマイナス17歳になっていると考えているのでしょう。

私は誰からも認識されなくなる前から退行させられいました。それにより周囲とのギャップや違和感を感じるようになり、結果として疲労が蓄積してある日行動不能になりました。8歳くらいのころから公共性年齢の成長を妨害されていたようです。この分を計算に加えてもマイナス8歳4か月なのか6か月くらいにしかなりません。

私は2010年10月に1日10時間を超える結跏趺坐(座禅の時の座り方)をして、同時に瞑想中に見える光を見えっぱなしにし始めました。結局25日間行ったと思います。あの当時の私の頭は灯台状態でした。この瞑想を行ったときが私が人生で一番脳が通信状態になっていた時です。

あえて医学的な表現を使ってみると、「光視症になり続けることで脳に危機感を与え、実際に危機感を感じた脳が強力に通信状態になることで状況の解決を図ろうとした」といったところでしょう。光が見えっぱなしになればテレパシーが使えるという保証はないので、よほどの瞑想の達人以外はマネしないようにお願いします。どちらかというと死者の行系の修行法であって、ESP系の修行法ではないでしょう。

いずれにせよこの極端な瞑想によって公共性年齢は瞬間的にがくっと低下して、さらにマイナス8歳×か月退行したようです。もしかすると退行度合いが2倍になったのかもしれません。同時にこの時人格が消滅しました。社会関係が切断されたのもこの少し後のようです。もともとの人格は最後に抵抗を見せていたのでしょう。

その時クオリアを完全に盗まれる前に、クオリアを使い込むという奇妙な抵抗をしていました。よってクオリアは盗まれたわけではないようです。通信を使って攻撃してきた者たちの黒幕にクオリアを使って甚大なダメージを与えたため、一方的にやられたわけでもありません。消滅したはずのもともとの人格は功績が認められて天界に行ったそうです。天界に行く方法について知りたい人が多いらしいのでそのうち記事を書きます。

テレパシー訓練のヒント
あえてテレパシー訓練のヒントを述べてみます。

・テレパシーを使わないと解決が難しそうな問題や障害や目標や努力を複数組み合わせて、脳にバランスよく危機感を与えることが一番効率が高そうです。

・どこかに生き埋めになっている人が生き残るためにはテレパシーでも使えないと難しそうです。

・例えば狭いところに閉じ込められ、壁や暗闇ばかり見ている状態で、あえて壁や暗闇を凝視すると自然と光が見えます。

・雷に打たれてもテレパシーが使えるようになることがあるので、軽い電気ショックを組み合わせてはどうでしょう。

・隕石やスーパーノヴァはもしかすると高度な文明を持つ宇宙人なら対処方法がわかるかもしれないので「聞いてみたい!」と試しに思ってみましょう。

・地球の裏側にある国の社会問題を調べて、解決されることを祈ってみましょう。

・テレパシーを使うことにルールがあるのなら、それを守れるように「訓練したい」と思ってみましょう。

よく考えるとマイナス16歳かも?

形式的に考えるのなら「17歳から16年間接触せず、18歳から15年間会話せず」みたいなことがあるかもなので、専門性年齢はマイナス16歳で、社会性年齢マイナス15歳と考えることもできます。3つを足して3で割るとマイナス16歳です。

クオリア関連

クオリアの消費を盗むことができる

科学に興味がある人ならクオリアのことをご存じでしょう。私は2006年か2007年くらいのときにWikipediaを乱読していて知りました。科学者はどうも難しく考えているようです。クオリアについて書いてある記事を読むと何やら意味の分からないパワーワード(ガンマ波振動、意識の第一原則、現象としての意識、アクセス可能な意識、ハードプロブレム、アトラクターなど)が並んでいてよくわかりません。

私にとって重要なことは、アニメ業界によってクオリアの消費が超大量に盗まれているという世界的な社会問題を解決することだけです。クオリアを盗むことの理屈はそんなに難しくありません。

  • ここで問題にしているクオリアとはアニメを見たときに感じる「あの感じ」のことです。
  • 私が昔アニメを法的に違法な形で強制的に見せられていたとき謎の爽快感・高揚感・現実感・共感を感じたり、謎の静謐・情熱・不思議・感動を感じたり、まだ番組を見始めて5秒なのに胸が温かく、すがすがしく、心地よい気分になったりしていたことを覚えています。というより番組を見ていないのにアニメのことを考えただけで胸が温かく、すがすがしく、心地よい気分になっていました。
  • アニメ以外で考えると、例えば夕焼けを見ているときの「あの感じ」です。
  • 夕暮れ時に部屋の中にいて窓の外を全く見なかったとしましょう。そしてテレビをつけてアニメを見ると、夕暮れのシーンでした。あまりにもよく作られていたので、その夕暮れに感動したとしましょう。これがクオリアの消費を盗むということです。
  • よく作られた偽物に対してクオリアを消費してしまうと、本物に使う分のクオリアが減少したりなくなったりしてしまって、本物がクオリアを消費してもらえなくなります。

アニメのクオリア消費は違法

  • 「なんとなく最近理由はわからないけれど調子が悪い」「社会に活力がない」「わが社は何かがうまくいっていない」。それらの原因はアニメにクオリアの消費を盗まれたせいかもしれません(「せいかもしれません」ではなくて「せいです」と言うべきです)。
  • 例えばある人がアニメを週に6番組見ると、一番組2500枚から3000枚の絵を見るので15000枚から18000枚もの大量の絵を見ることになります。
  • これらの驚異的な枚数を1秒間に6回から24回もの超高速で見せるところが問題です。恣意的に作り出した絵の集まりでしかないので、実写とは違って一枚一枚別のものとして脳が認識している可能性があります。枚数分しっかりとクオリアを消費しているとしたら、大変なクオリアの減衰です。
  • それらのアニメの絵が若者なら若者へのクオリアの消費が使われるし、高齢者なら高齢者へのクオリアの消費が使われます。
  • ラブライブ!というアニメに星空凛というキャラクターが登場します。タレントの南原清隆さんに対しての一般大衆によるクオリアの消費を盗んで作られているキャラクターであると、テレパシーで話を聞きました。調べてみると南原さんは最近(テレビから)消えたとか言われているようです。どちらも元気がいいタイプのキャラクターなので、元気な人から元気のクオリア消費を盗むという理屈に合致しています。
  • 最大の被害者は引きこもりと呼ばれている人たちです。私もちなみにその一人だといえます。我々はアニメ業界の洗脳・マインドコントロール・催眠・暗示によって監禁されているのであって、引きこもっているわけではありません。まず最初に犯罪(監禁)の被害にあっている人を認識すること関連のクオリアが大量に盗まれて、完全な形で違法に消費されているという問題があるようです。なので我々が犯罪の被害に遭っているとは「誰も・一度も・微塵」も考えられなくなっています。

ちなみにたいていの漫画のクオリア消費も違法だと言われています。漫画自体のクオリア消費は厳密にいうと問題ないようです。昨今書かれている漫画はほぼ100%クオリア消費の違法利用だと考えられます。合法的なのは以下のようなものでしょう。

  • デザイン、演出、設定、物語などに信号刺激、超正常刺激、本能行動への刺激、変成意識状態を作る刺激が含まれないようにする。
  • 難しい専門用語を説明するための挿絵的な意味合いでコマ割り付きの絵が多用される本の一種として作られている。
  • 洗脳・マインドコントロール・催眠・暗示などを決してかけず、クオリアを違法に利用しないことが明記してある。
  • 絵本は単純に問題ない。

ゲームのクオリア消費は合法

意外にもゲームはクオリア消費について、許可を受けているそうです。ただし、XBOXが登場して以降のグラフィック、ムービー、声優、演出過剰なビデオゲームはテレパシー経由で違法性が指摘されています。あれはもうゲームであることをやめてしまって、クオリア消費を違法使用したエンターテイメントで金もうけをしようという方向です。

ならやはりゲーム、というかビデオゲームに限ってはだめな気もします。それがそうでもありません。ゲーム業界はアニメ業界に特別狙われており、洗脳・マインドコントロール・催眠・暗示を高強度にかけられ支配されています。アニメ業界に支配されて結果的にグラフィック、ムービ、声優、演出過剰に陥っているのです。

ゲーム業界には知的レベルの高い人が多いと評判なので敵に回したくないのでしょう。ほかにもスケープゴートが欲しいということもあります。きわめて有害なアニメや漫画はそこまで叩かれることはないのに、そこまで有害とも言い切れないゲームは「ゲーム脳」「ゲーム依存症」「ゲーム障害」などとさんざん社会問題にされてこき下ろされるのです。

アニメ業界による洗脳が解けると、グラフィックやBGMなどをファミリーコンピュータレベルの8bitクオリティに制限して、ゲーム性やシステム面に予算をつぎ込んで作るとかなり面白いものが作れることに気が付くでしょう。データ容量やCPU等は無制限にしてシステムに複数のAIを導入すると面白そうです。

例えば新しい街につくと武器や防具が300~400種類くらい売っているというのはどうでしょう。AIを使ってランダムに買い物をさせて、次の町まで移動させることを1000回なのか10000回なのかを試行させると300~400種類の中から次の街に移動するための最適な装備がわかります。最適な装備についての情報を武器屋の近くで雑談しているNPCに言わせることで、ライトユーザーも迷わないようにできるでしょう。

新しい街に到着して先に武器を買うと、次の戦闘でモンスターの攻撃は必ずクリティカルし、防具を買うとモンスターの防御力が1.5倍になるとか、少し変わった要素を細やかに作りこんでおく余裕だって予算さえ使えればあるでしょう。

ゲーム業界向けの記事を書きました

クオリア消費の継続的窃盗による関係の切断

クオリアの消費を盗むことによって、人と人の関係性を切断することもできます。今の世界ではクオリア消費が原因だと知られていないので、人様の関係を許可なく切断しても警察に捕まることもありません。AさんがBさんにクオリアを消費できなくなり、BさんがAさんにクオリアを消費できなくなるとAさんとBさんの関係は一時的に断絶されます。アニメ業界が毎日やっている手口です。

私の家族関係・友達関係・異性関係・社会関係はアニメ業界によって完全に切断され、もとに戻らなくなってしまいました。相互間のクオリア消費が一定期間以上行われなくなると関係にテンションか何かがかかっていくのか、ある日ぶつっと切れるようです。いわゆる閾値(しきいち)があるのでしょう。これは一時的な断裂ではなく、腕や足を切断されたレベルの継続的な断裂です。

引きこもりだと呼ばれている実際はアニメ業界によって監禁されている人たちの表面的な態度だけを見て全く関係ない精神疾患であるかように考えるべきではありません。関係を切断されてしまって赤の他人になってしまった人/対象がいまだに家族や友達や異性や社会であると思い込み続け(もしくは思い込み続けられ)ることに危険性があります。原因を把握したうえで診断してもらえないと症状は悪化の一途をたどりそうです。

家族という名前の赤の他人が自分の家の冷蔵庫を勝手に開け、勝手に家のお風呂に入り、なれなれしくプライベートのスペースに入ってくることが繰り返されるだけで、不快感が蓄積していき、場合によっては事件に発展します。身近な人との関係性を気づかれないように切断することで、争わせ、争いによって減ったクオリアの消費をアニメに消費させようとしているのです。

関係が切れてしまった人や対象と以前のように付き合っても、以前のようなクオリアのやり取りはありません。逆に事件に発展するケースすらありえます。完全な0(もしくはマイナス)からやり直すか、すっかり別れてしまうかです。私は元々の人格が消滅したこともあって元両親とはすっぱりお別れしないといけないでしょう。

クオリア消費を使って分身や幻影を作り出す

もしも何もかも認識することをやめると、クオリアを消費できなくなります。代わりに認識するようになった物事にクオリアが消費され、消費されることで現実に存在するようになり始めるのです。自分自身を認識し続ければ、自分自身の分身が存在するようになり始め、空想に消費し始めれば空想の幻影が存在するようになり始めます。このクオリアの乗った幻影は人間やほかの生き物の生体にとって実際に存在するのです。

アニメーターは監禁した私たちの関係を切断したうえでアニメばかり認識するようにさせてきました。これによりアニメはありありと存在するように見え始めたのです。監禁されている私たちのクオリア消費によってアニメの中に登場する空想の出来事や、登場する美男子や美少女が本当に存在するように見えるようになりました。

クオリア消費を盗んで相手を傷つける

クオリア消費を盗んだ相手に対して法律を守るように言うだけで、相手を傷つけることができます。傷つけるためにはおそらく、盗まれた人がクオリアのことを理解していないことが必要です。知っていれば「お前は人のクオリア消費を盗んでおいて法律を守れというのか!」と反発可能になります。

現実にアニメ業界は以下のことをやっています。

  • クオリア消費を盗まれた人に対して、違法アップロードをしてはいけないと繰り返し提示・要求する。
  • クオリア消費を盗まれた人に対して、アニメのストーリーを通じて法律や道理を守るように言い続ける。
  • クオリア消費を盗まれた人に対して、アニメーターやアニメ業界関係者や声優やアニメファンが法律や道理を守っているかのような態度をとり続ける。
  • クオリア消費を盗まれた人の周囲の人たちを洗脳・マインドコントロール・催眠・暗示をによって支配して、クオリア消費を盗まれた人に法律を守るように指摘させ続ける。

盗まれていることに自覚を持てないクオリア消費窃盗の被害者に対して、盗んだ人が法律を守るように言い続けるという鬼畜な行いです。これによって総合的には以下のようなダメージが出続けます。

  • クオリア消費を盗まれることによるダメージ
  • 盗まれていることを自覚できないことによるダメージ
  • 自分のクオリアで作られたアニメやマンガの利用権を完全に否定されるダメージ
  • 自分のクオリアで作られたアニメやマンガの利用権を他人が完全に掌握していることのダメージ
  • アニメ業界に奪われたことでクオリアに飢えている時、多量のクオリアが含まれているアニメを見るためにお金や法律を守るなどの社会的な対価を支払わねばならないダメージ
  • 盗まれたクオリアで18歳未満の登場する2次元のアダルト作品を作られて、さらに18歳未満の登場する2次元のアダルト作品の表現の自由を主張され、自分自身の身体的、精神的表現を完全な形で奪われるダメージ。
  • 加害者が守らなければいけない法律を被害者の立場で守らなければいけないことによるダメージ
  • 被害者だけ一方的に法律を守ることで、加害者はけんかで解決でき、被害者はけんかでは解決できず、一方的に殴られ続けることによるダメージ

ただ大っぴらにアニメを通して「法律を守ってください」とのメッセージを発し続けるだけで、アニメーターは人を殺せるのです。世間の人たちはダメな人たちに教育的なメッセージを発しているのかと思って、逆にアニメ業界を評価してしまいます。

どうやると医者に診てもらえるか

人格の消滅の原因

私はクオリア消費を盗まれ、クオリア消費が盗まれたことを自覚もできず、被害者の立場で法律を守り、一方的に殴られる状態に実際なりました。私が一日10時間以上25日間の結跏趺坐を行い、瞑想中に見える光を見えっぱなしにし始めたのはその時です。私は次のように考えていました。

こちらから攻撃していないのに、こちらを攻撃してきた人たちに、こちらを攻撃しないように呼びかけたうえで、後手で攻撃する。

私はテレパシーを1000%使いこなし、完全情報型になった上で自分が法律を守って消滅するか、攻撃してきた人が消滅して私が幸せな生活をするかどちらかになるようにしました。瞑想は自爆気味の危険すぎるものだったため、何もなければ私が無条件に消滅するところです。誰かがテレパシーを通じて、私が手に入れるべきものを横取りしていることを感じていました。ということは自分で自分を消滅させれば、消滅は横取りされて、盗んだ者たちが消滅するはずです。

結果として肉体は消滅せず、人格だけ消滅することになりました。狙いは私の肉体に依存する「献身的になる能力」や「願い事をかなえる能力」だったといえます。人格のほうには関心がなかったのです。

テレパシーを人間の限界を超えて使ったことで、私はいろいろと知ってしまいました。私が死ぬと地球に巨大隕石が落ちてくるようです。だから私はアニメ業界の作り出した「引きこもり」に付き合わず、最初から監禁だと考えていました。矛盾したことを考えると、脳にバグが発生してサイコキネシスが働かなくなり、地球に巨大隕石が落ちてくるからです。矛盾したことを考えない人が増えると、私がいようがいまいが巨大隕石は地球に衝突しなくなります。皆さんぜひ矛盾や嘘や退廃や堕落を克服してください。私を縛り付けている役目はなくなるでしょう。

👉隕石記事:巨大隕石の地球への衝突を防ぐ有効な方法は何?|テレパシーからの挑戦問題02

アニメーターは人類の敵どころか、地球の敵と言えるし、宇宙規模での犯罪者だと言えます。実際テレパシー情報でもそう言われているのです。

罪を克服する試練

私は光の瞑想の時、次のようなことを考えていました。

  • キリストを十字架から降ろす。
  • 先祖を墓場から呼び戻す。
  • 人間未満の意見を聞かない。

瞑想を終えた後の私は何もかもに消極的になり、強力な防衛機制に支配され、以前のように物事を感じ取ることができなくなり、体調を大きく崩すようになりました。光の瞑想をしたときに知ったことを抑圧し、同時にひどく恐れていたのです。ある日私は考えました。

「現実にひどい目に遭うくらいなら毎日怖い夢を見たほうがずっとましだ」

2014年の6月から私は考えた通りに恐ろしい夢を見始めたのです。願い事を叶える能力なのでこういったことが普通に実現します。その夢は今まで考えたこともないような恐ろしいものであり、目が覚めた朝に私は肉も魚も食べなくなりました。

これから11年後、地球に巨大隕石がやってくる

以上のように予言される夢だったのです。予言通りなら2025年にそうなると、わざわざ期限まで設定して怖さを倍増させてきました。怖い夢は一日も休まずに続きます。11年間誰からも認識されず、9年間誰とも会話しない生活をしても死にたいと一度も思わなかった私ですら、死にたいという気持ちが若干よぎりました。持ちこたえることができたのは自分で怖い夢を望んだためだと言えます。一番恐ろしかったポイントは夢の内容ではなくて、怖い夢が現実にまでついてくるところです。

目が覚めると体がけいれんして身動きが取れず、さっきまで見ていた怖い夢に対応したパスワードを述べなければ、決して震えが収まらなくなっています。脳のパスワード管理の仕事の一部は牛がしており、生体振動の仕事の一部については鳥類が管理していたので、牛乳を飲み卵を食べていてはこうなるのも当然です。ある日怒った牛に猛然と追いかけられる夢を見て、朝起きるとやはり痙攣に直面し、私は卵と乳製品を食べなくなりました。私が起床時に痙攣していたのは牛に追いかけられる夢を見た日が最後です。

マイナス年齢への退行

誰からも認識されないことや、誰とも接触(訓練)できないことや、誰とも会話(宣言)できないことが1年継続するごとに、何かが1年分退行していました。アニメーターによるクオリア消費の窃盗により、私は8歳のころから成長できておらず、光の瞑想によりさらに8歳ほど退行したようです。

もしも0歳まで退行すると、その瞬間に脳の非日常的な機能が目覚めることになります。私の場合は光の瞑想をやっていた時が0歳のころでした。世間でいうところの宗教体験とも言えるかもしれません。私には「献身的になる能力」と「願い事を叶える能力」があることがわかりました。無理なのは「光と闇の行」関係や「火と水の行」関係です。幽体離脱もほぼできないと思って問題ありません。私はアニメーターたちによって「一番苦手な能力を使う」願いを強要されて光の瞑想をしていました。

マイナス12歳まで退行すると今度は非日常に適応する必要があります。「怖い夢」によって肉魚卵乳製品を食べないことの戒律を守らされました。これは通常「火と水の行」をやる人たちが守るような戒律であり、私がメインとしてやるようなことではありません。アニメーターによって願いを強要されたのです。またしてもアニメーターは私に対して犯罪行為を行ってきました。

あの世とこの世を行き来する

マイナス年齢ではテレパシーの中(あの世)にどっぷり浸かってしまいます。アニメ業界が引き起こしているテレパシーを悪用した問題の解決にはテレパシーが必要になるため、テレパシーと感応したままこの世に戻ってくることが望ましそうです。肉魚卵乳を食べなくなったことで草食動物の好感度が回復し、さらに五葷を食べなくなったことで肉食動物の好感度も回復させた私は、次に不自然な農業の産物である野菜を食べなくなり始めました。

私は「あの世とこの世を行き来する能力」を徐々に高めていっています。この能力は幽体離脱などが得意な人ならかなりうまく使いこなしそうです。私はかなり苦手な気がします。こうやって苦手なことを最低限できるようにすることにも何か意味がありそうです。

私はテレパシーの常識を、日常レベルの正気を維持した状態で使いこなしつつあります。私は今テレパシーの世界の医者の指示に従って治しているにすぎないのです。これでアニメーターを原因とした妨害通信や違法通信がないのなら最高だと言えます。

テレパシーの世界の医者が言ってきたこと備忘録

 以下にいろいろ書いていたら、健康上の注意で言われたこと以外もどんどん含まれてしまってよくわからなくなりました。毎日こういう感じで注意してもらったり、教育してもらったりしているのです。

  • 仰向けに眠ることほど有害なことはない。(「ことほど~なことはない」とまで言ってきたので、これはのっぴきならないレベルだと思われます。)
  • 仰向けに眠ると気道が圧迫されて酸素が脳に届かなくなり、サイコキネシスがうまく働かなくなって地球に隕石が落ちてくる確率アップ(ぼんやりと言ってきたので本当にそうかなーっと言うレベル)。
  • ノンフェマー(肉魚卵乳を食べない)&ヴィーガン(植物性食品を多く食べる)をやると、地球に隕石が落ちてきづらくなる(隕石対策に限った場合はあおむけ寝対策よりも効果が大きそう)。
  • ヴィーガンだけだと日本の場合巨大地震を防ぐところまではできない。
  • 完全にノンフェマーだと血液がきれい。
  • 血液がきれいにならないと健康にはなれない。
  • このサイトで言っているヴィーガンは海外のヴィーガンドクターが言っているところのプラントベースドだ。ブランド名を変更すべき。
  • ヴィーガンこそ新しい食事法です。
  • ドクターの食事法が役立つ確率は50%だ。川を移動するときカバなどがいて危ないのでやる必要がある(ノンフェマーも同時にやると100%になるのかもしれません。川は退行して0歳になるタイミング、つまり三途の川のことかも?)。
  • カバはかなり重要な動物。
  • イノシシやカモシカやトナカイなどの茶色い原始的な感じの毛を生やした哺乳類はテレパシーの世界で重要なので保護すべき。
  • 畜産牛が天寿を全うできるようにすると、天国に行ける。
  • 畜産牛が天寿を全うし始めると、永遠の少年・少女たちの幻想が打ち砕かれ、キリスト教(何もかも犠牲にすること前提な思想)は終了する。
  • 筋トレを多くしたときにたんぱく質を摂るように言ってくる。
  • 冬に布団をかけずに床で寝てしまった後は「癌」がどうのこうのと言ってくる。
  • 私が一日10gのハーブを食べ始めると、「癌になるつもりがないのか?」と言っていた。
  • 左股関節について注意してくる。確かに下手をすると骨折するかもしれない。
  • 姿勢が悪いことを言ってくる。
  • 肘やひざを動かしてダンスをしていれば、自然と顎関節症由来の全身病は治癒に向かう。
  • ブルーベリーを食べている人は知的レベルが高く、ビタミンCを摂取している人は直観に優れている。
  • ミニマリストはコンビニ食で炎症体質になっているのでビタミンCサプリの摂取を薦めるべき(ビタミンCサプリはがん患者やスポーツ選手やミニマリストなどの超極端な生活をしている人に役立つようだ。一般人が摂取するとビタミンCが体内でシュウ酸に変換されるため腎臓での尿路結石リスクが高まるかもしれない。高まるかどうかは微妙なところ)。
  • 厳密なニートの生活をすると、腎臓が治る(これは完全食を毎日食べている私に対して言っていることに注意)。
  • インスリンが分泌されなくなる(食前、食事中、食後に筋トレをしていた日に言われた)。
  • 完全食で治してから病院に行け。
  • 医者には診てもらうな。
  • クローブを食べることは四葉のクローバーを食べるようなもので、争いをしないでいられる(「極めて幸運になるので、普通の人なら10000回~100000回のうち1回しか争いを回避できないところで、その1回を常に引き当てることができるようになる」みたいなことだろう)。
  • 結局クローブを選ぶしかない(スパイスを選んでいた時の言葉)。
  • 穀食主義者に優しくするといいことが起こる。
  • 食事性コレステロールは死亡リスクを高める(ネットのコレステロール情報がいまいちぱっとしなかったので、聞いたら答えてくれた)。
  • コレステロールは脂肪に取り込まれることが問題(どこの脂肪なのかは不明)。
  • 囲碁棋士の体は有害物質によって汚染されているのでチアシードを薦めよ。
  • チアシードだとごっそり出る。
  • チアシードの油はクロロフィルのように腸内で働く(クロロフィルは食物繊維より小さいので柔毛の間に入れるらしいから、それ関連だろう)。
  • 囲碁棋士は(後天的な)ショートスリーパーをやってもAIに勝てない。なぜなら睡眠障害があるから。
  • 将棋棋士は(後天的な)ショートスリーパーに向いている。
  • アニメを見ている限り囲碁界はAIに勝てない。
  • 神の意味は「本来の食性が失われたことで発生した問題を、社会的弱者になるくらい努力して解決してくれる存在」
  • 神の一手を打っても社会的弱者になって疲弊するだけではなく、本来の食性を持ってこられると勝てない。
  • フルーツを食べて将棋や囲碁を打ったほうがずっと効果が高い。
  • 囲碁と将棋では、今のところ囲碁の方が強い。
  • なぜなら中国、韓国、日本がライバルとして相互に高めあっているからだ。
  • 将棋は歴史が浅いため強力すぎるライバルがいないことに問題がある。
  • 世代を利用したライバル(若手とベテランがペアを組んで勉強)やAIを物差しに使ったライバル(完全に同じ強さのAIに同じ条件で将棋棋士と囲碁棋士が戦った時の勝率はどちらが高いか)などを意識的に作り出すことが必要になる。
  • 囲碁将棋の害はぐるぐる回る。
  • ゆっくり回転するテーブルの上に盤を置いて、周りを歩きながら対局すると無効かできるか。
  • 世界的に生活習慣病で人が死んでいるのは栄養士の不勉強さにかなりの責任がある(皮肉なことに糖質制限をやっている人たちの主張していることが一部正しかった)。
  • 日本だけで100万人以上いるとされる栄養士は100万以上あるとされる栄養学の論文を本当はすべて読破しないといけない。
  • 1万人くらい優秀な栄養士が集まって、国内で最も国民に有害な影響を与えている食品&有益な影響を与えている食品トップ100などを本当は決める必要がある。
  • 国民に対して有害な食品を販売している企業や業界を弁護士と協力して本当は訴える必要がある。
  • 国民に対して有益な食品を販売している企業は頼まれなくても、お金をもらえなくても本当は宣伝する必要がある。
  • 栄養士は炎上させろ。
  • 栄養士は管理栄養士も含めて、目の前に社会的弱者がいても社会的弱者のためになる情報など出さず逆に混乱させる情報を出す。
  • 栄養士の意見は有害なので聞かないほうがいい。
  • 目の前で社会的弱者が栄養学的な損害を受けていても、栄養士はそれよりも食べ物の容器が与える影響のことを気にする。
  • 栄養士は管理栄養士も含めてアマチュアレベルの能力しかないのにプロだと思い込んでいる。
  • 17年間誰からも認識されず、15年間誰とも会話していなかった私に肉の有害性についての簡単な因果関係がわかったとしても栄養士にはわからない。(→栄養学サイトのNutritionFacts.orgで学ぼう にある37の成分についてのスポイラーを見てください)
  • 17年間誰からも認識されず、15年間誰とも会話していなかった私やBASE BREADを作った人が表計算ソフトと食品成分データベースで簡単に完全栄養食を作れることに気が付いても、栄養士が気が付くことはいつまで経ってもない。
  • 栄養士は今のままだと、スズムシ・マツムシ・コオロギなどの虫に来世は生まれることになる相場。
  • テレパシーは無能な国家資格保有者の代表格として栄養士を紹介してきただけのことで、無能なのは栄養士だけとは限らない。
  • 普通の現代人は下衆な人が多すぎて平均をとるとウジ虫に生まれる相場(要するに栄養士のほうがまし。このウジ虫説は日本人だけなのか、それとも他の先進国の人たちも同じなのか。今さんざん栄養士を貶めたように見えて、実はそれはましな方。来世ウイルスに生まれる人たちは「今すぐトイレに流すべき」みたいな扱い)。
  • 完全穀食主義をやると最低でも蟻に生まれることができる(虫の中での序列が重要らしい。栄養士とはアリとキリギリスのような関係がありそう)。
  • 実は死刑になると死後の待遇が格段によくなる(ただしアニメータークラスの罪は死刑ではとても解消できない。現代にキリストがやってくるとキリストに説教してもらえるだろうか? そうじゃなくて、みんなでキリストを丸焼きにして食べてしまうのだ。あまりにも罪深いから。死刑という相応の待遇になったので地位が向上する)。
  • 自殺しても来世の待遇が一段階向上する。
  • ノンフェマー+ある程度のヴィーガンは自殺と同程度の死後待遇改善効果があるので、自殺を防ぐ効果がある(中田敦彦さんのヴィーガン解説動画を見た後に教えてもらいました。この動画によって自殺者が減ったということみたいです。これからは就活だけじゃなく冥活もご一考)。
  • 死体の脳からでもテレパシーで情報は集められる。
  • テレパシーの技術の実態は生きている人間には把握できない。
  • 人間の脳は植物と通信しており、知的レベルに対応して通信先が決まる。
  • オリヅルランをほかの観葉植物から一つだけ遠ざけて育てると・・・何になるんだったっけ、確か祟りがあるとか言っていたような。
  • 食べられる芋よりも、サトイモ科の食べられない植物であるポトスの方が友情を失わないで済む。
  • しばらく芋食主義をやれ。(まぁ、今の私には友達なんて一人もいないし。できれば芋食主義すら飛ばして木食主義とか花食主義とか果食主義とかやってみたいけれど一歩一歩いくのもありでしょう)
  • 人間と比べて植物は生きているのだろうか。高性能な人間型ロボットが仮に生きていたとして、それと比べて電話機は生きているだろうか。
  • 人間の脳と植物が通信しているとしたら、植物が生きているように見えるのは、人間の脳によって操作されているからだ。
  • 理屈の上では食事によってすべての病を治すことができる。
  • 魚を食べる習慣は人類を滅ぼす。そのことがわかるのは毎年数千から数万の栄養学論文を読んでいる人(具体的に言うとドクター・グレガー)くらいだろう。かなり断言してきたので本気らしい。
  • そのほかいろいろ。

見通し

結局のところ、言われた通り体が治ってから病院に行ってみようと思います。どういう状態が治った状態なのかまでは知りません。治り次第教えてくれるのかもしれません。

現実の医者はもう少し頑張らないといけないようです。栄養士が怠けているために慢性疾患の患者が減らないことで忙しいだけかもしれないので、栄養士と比べるとひどく言われていないように思います。テレパシードクターは完全菜食+完全禁肉+完全穀食+完全禁菜の組み合わせに、さらに完全芋食や不完全な果実食やストレスのない生活と適度な運動などを加えることで私の病気は十分に治るとみているようです。

それと比べると栄養士の食事法は我々超社会的弱者にとってナンセンスだと言えます。栄養士の食事法ではいくらやっても健康にはなれません。栄養士の食事法はテレパシーからは「何も考えずにやっていたってことだね」とコメントされています。

プレッシャーをかけておけという話です。皆さんも栄養士にプレッシャーをかけてあげてください。ぜひ現代の慢性疾患は医者ではなくて主に栄養士・管理栄養士の管轄であり、努力次第で患者が全くいなくなることを理解してもらいたいものです。