このブログはアニメ業界テレパシー等から深刻かつ苛烈な攻撃や監視を受けており、有害な文章を書かされるようになり、2022年6月頃からブログの更新が停滞しています。フィクション低減をして、問題を解決してみたいです。

脳がアニメを見ているとき、見ていない現実

フィクションが現代の主要な問題の一つだと気がつこう

現代学問では信号刺激の種類としては視覚による信号刺激、聴覚による信号刺激、触覚による信号刺激などが知られているそうです。

同じように超正常刺激にも視覚による超正常刺激、聴覚による超正常刺激、触覚による超正常刺激などがあるのでしょう。

現代学問では知られていない、刺激の種類は他にもあるかもしれないとテレパシーは言っていたような気もします。

テレパシーに「超正常刺激」との表現が正しいかどうかも問われました。

国語上の表現が重要らしいです。

アニメ業界テレパシー(データ系通信)は「洗脳行動」や「変態行動」などという表現を使っていました。

洗脳によって発生する行動や変態活動に基づく行動を定義した言葉のようです。

ほかに「洗脳」も正しいのか?との説もあり、「アニメ」との名称も他の何かを表している可能性があります。いわゆる架空の動画をアニメーションやアニメと呼ぶべきではないとの説も2023年12月現在ある。もともとはアニメなる語感はアニマルやアニマなどと関係があるかもしれない。アニメ業界を出典としたテレパシーの説によるとアニメを見ておらず、アニメの影響を受けていない動物を表すらしい。要するにフィクションの消費がない脳を表すかもしれない。

フィクションを消費したことのない脳からすると、フィクション刺激は異常刺激に見えるのかもしれないとテレパシーは言う。

現代には先進国におけるフィクション超超超超高消費問題や、後進国によるフィクション高消費問題があるとテレパシーでは言われています。

自分の脳に現実にはない物事を述べ、現実を錯誤する機会を増やさないようにしましょう。

特にアニメの特殊超正常刺激連続入力は、あなたの脳を正常を特殊に超えた本能行動によって現実から目を背けさせます。

アニメを見ないようにしましょう。

またフィクションの高強度以上の利用をやめて、脳が現実を見られるようにしましょう。

フィクションの高消費によって起こる問題

  • 地球温暖化問題の原因と言えば、CO2やメタンガスなどの温室効果ガスの超超高排出
  • 人間の脳は本能行動によって温室効果ガスを大気中に排出し、気温を高めようとしている
  • フィクションを利用しているとき、人は座っており、筋肉を使わないため基礎代謝が低下し、体温が低下する
  • 同時にフィクションが脳に入力されて脳のデータ処理が加速し、加熱し、頭が温かくなる
  • 温かい頭には分からない現実として、寒い身体は本能行動で身体を温めようとする
  • 頭は温かいので、自分の身体も温かいと思っている
  • 身体が寒いと言っても、薄着の温かい頭は車でくつろいでテレビを見ながらコーラを飲んでジェラートをよく食べる
  • 世界には数十億人のフィクション消費者の温かい頭と寒い身体がいる
  • どうやったら寒い身体は温かい頭に頼らずに数十億人分の身体を温められるだろうか?
  • 地球を温暖化させれば身体は温かくなるのだ
  • アニメ視聴をやめてアニメ批判しようとし始めてから急に色々な物事に私は気がついた
  • あなたもアニメ等のフィクションを見なくなり、本格的に地球温暖化対策をするしかない

テレパシーによるとフィクションは超超超超高消費をされており、温室効果ガスは超超高排出されているそうです。

フィクションの有害性に無自覚な人が多いため、地球温暖化は加速する可能性があります。

フィクションの消費を減らすのが、温室効果ガス削減の前提だと一人でも多くに教えましょう。

アニメ業界の現実にはあり得ない本能行動によるマインドコントロールや洗脳による大衆操作や煽動によっていつの間にか正しい物事が分からなくなります。

義務教育を受け、高校や大学を卒業した以上フィクションのリスクは分かるのであって、分からないのはあり得ません。

フィクションの有害性が分かってしまうのは、アニメ業界を含むフィクション業界にとって不利益です。

アニメ業界を含むフィクション業界が洗脳やマインドコントロール前提の大衆操作や煽動を行って隠蔽しています。

フィクションの高消費の原因

未定