このブログはアニメ業界テレパシー等から深刻かつ苛烈な攻撃や監視を受けており、有害な文章を書かされるようになり、2022年6月頃からブログの更新が停滞しています。フィクション低減をして、問題を解決してみたいです。

アニメ業界の広域洗脳および、社会への影響

アニメの広域洗脳による「いじめ」の発生

大前提:アニメに使うクオリア(主観体験の感覚質)を得るためにアニメ業界は広域洗脳を行い他者のデータを簒奪する

小前提:データ簒奪のための広域洗脳によって例えばある特定の友達間でいじめる・いじめられる関係が発生する

結論:いじめられたくないので、学校に行かなくなり家から外出しなくなる

※家から外出しなくなると、本人が「認識される機会」「認識する機会」などのクオリアがなくなります。家の中にいると公の場にいる人たちから認識しづらいです。アニメ業界はこの「認識される機会」「認識する機会」のクオリアを簒奪して、アニメキャラクターが公の場の主観体験の感覚質において認識されるようにします。

現実の「いじめ」の現場では大前提と小前提が省略され、ほとんど結論だけしか観察できません。

アニメの広域洗脳は結果に対して原因を把握しづらいのが特徴です。

大前提と小前提を亡き者にしてしまうだけではなく、結論の「いじめられたので学校に行かなくなり・・・」部分の大前提や小前提さえ省略してしまいます。

教養ある人たちすら大前提と小前提が複数段階で省略されていることに気がつけず、名詞化動詞を無自覚に濫用しまっている現実が危うく見えます。

「いじめ」は省略三段論法

「いじめ」「つまずき」「ひきこもり」「推し」「おむすび」などの名詞化動詞は省略三段論法の意味があるようです(👉省略三段論法 – Wikipedia)。

「友達をいじめ、傷つけた」の文章は「友達」「いじめる」「傷つける」で成り立っています。

「友達をいじめ、傷つけた」を省略して「いじめ」だけにしてしまうのです。

「友達」と「傷つける」の省略によって誰が何をしてどうなったかの誰がとどうなったかが分らなくなりました。

「いじめる」だけにした上で、さらに「友達をいじめ、傷つけた」のニュアンス入れるために「いじめる」を動詞の連用形の「いじめ」にします。

動詞の連用形を名詞として使っているあたりが危険です。

※テレパシーは省略三段論法ではない別の省略もあると言っていたような気もします。

アニメの広域洗脳は有益ではない

アニメ業界の広域洗脳は有害です。

  • 異種族間共通刺激系超正常刺激を1秒間に6回から24回視聴者の脳に入力する。
    • 大きな目、とがった顎、謎の髪型、プラスチックテクスチャーなど。
  • HENTAIカルチャーをアニメの背後に配置して、いかがわしい影響を社会に広める。
  • 現実に存在しないキャラクターを認識できるようにするために、市民のクオリアを盗ませる洗脳をする。
  • 脳内データ活動において、いかがわしいデータをあまりにも多く作りすぎ、アニメの放送と同期して視聴者の脳に転送する。
  • 脳内データ活動において、軍事データをあまりにも多く作りすぎ、アニメに否定的なことを述べた人の脳をアニメファンの脳から一斉同時全員攻撃などによって一気に破壊・簒奪・毀損・強姦等の戦争行為をする。
  • アニメ業界の脳内データ界ではデータ犯罪者との交際がある
  • アニメ業界の脳内データ界では罪のない人たちをわざわざ狙って攻撃する