このブログはアニメ業界テレパシー等から深刻かつ苛烈な攻撃や監視を受けており、有害な文章を書かされるようになり、2021年6月頃からブログの更新が停滞している。不実データ作成者、地獄データ作成者、寝取るデータ作成者、バグデータ作成者を通常の逮捕データの1万倍から1穣倍から無量大数倍の10億倍の効力の逮捕データで逮捕!

アニメ業界によるビデオゲーム業界へのテロ行為

以下のテロ行為は主にデータテロ行為の話であって、世の中ではあまり観測されない物事です。

ミスティックアークとご近所冒険隊

スーパーファミリーコンピューター用のゲームソフトであるミスティックアーク(1995年7月14日発売)とご近所冒険隊(1996年5月24日発売)はそれぞれ同じテーマを別の視点から扱っており、同じ作曲家が音楽を担当している。

ミスティックアークの1年後に発売されたご近所冒険隊ではアニメーターの黒田洋介さんが脚本を担当しました。

ミスティックアークの内容

ミスティックアークでは裏の主人公の「女神」の軌跡が作中で暗喩されています。

昔、「女神」は闇の家に暗喩される暗い家に住んでいたらしい。

長い間家の中にいたことで、おそらく高強度の退行をしたのだろう。

「女神」は家の中でお伽噺の本を読んで色々想像したかもしれない。

次に「女神」は家の外の袋小路に出る。

出てみると退行のため、精神が幼稚化しており、大人になれないでいた。

想像の中で家の外に出たのだろうか。

家の外の「子供の世界」自体を後に「女神」となる存在が作った。

「子供の世界」を「女神」となる存在が去った後、「女神」となる存在は様々な世界を作ったそうだ。

最終的に闇の家の闇や内面の悪意などに勝ち、闇の家に住んでいた孤独な存在にとっての子どもが産まれるエンディングになる。

ご近所冒険隊ではご近所を冒険した幼稚園児たちが最後には赤子のラストボスと戦う。

どちらのゲームもラストらへんで赤子が泣くシーンが登場するのが印象的である。

退行して大人になれない部分を表わしているのだろう。

ミスティックアークで様々な困難に克って、ようやく産まれた子どもがご近所冒険隊では善悪によって粉砕されたように見える。

ご近所冒険隊の主人公の技は「よいこアタック」や「よいこホームラン」などの善悪のある名称だ。

クリア後の作中に登場する黒田洋介さんのキャラクターは川辺の低いところにいて、超社会的弱者の雰囲気を出している。

マンガ編集者をしている主人公の父親と一緒に主人公一家は街に友達を残して、東に旅立ってしまう。

つまり黒田洋介さんの脚本によって退行して、他者と対等に交際できなくなった人が、他者と対等に交際して子供を授かる物語が1年後には粉砕された。

20歳だった人が闇の家で10年間誰とも関わらず、10年分退行したら10歳相当の社会性になってしまう。20年誰とも関わらなかったら0歳になってしまう。ミスティックアークでは退行した人を助けるのに死ぬほど苦労する話だったのに、アニメーターが脚本を担当してみると退行した人を幼児によってやっつける話になった。

フィクションには有害な側面があるので、ゲームを使わないで解決した方が犠牲者が少ない側面があったらしい。

アニメによって世の中にテロレベルの有害な影響が出る。

監禁の被害者などの認識されず、接触できず、会話できない状況を持続可能にし、監禁の被害者が利用できなかった主観的体験の感覚をアニメ業界は盗む。

現実には名詞化動詞問題によって、監禁されている人がいる。

アニメ業界は主観体験の感覚を盗むため、監禁によって退行している者が回復するのを阻む。

FFT(Final Fantasy Tactics) とFFTA2(Final Fantasy Tactics Advance)

FFTはイヴァリースを舞台とした通称「獅子戦争」を体験する戦争ゲームのような気がして、主人公サイドは巨大な魔物を退治する伝奇物に突入する。主人公は教会が信じる古の聖人の魔獣化形態と異空間のような古の文明の跡地で戦う。封印されているように見える異空間で主人公たちは最後には行方不明になる。戻ってこられたのだろうか。手に入った不思議な石を使って戻ってきたとの説がファンの間では語られる。

FFTA2では封印されたモンスターと最後に戦う。モンスターには不思議な石が埋め込まれている。FFTA2のラストボスはFFTの主人公を表しているのではないだろうか。

FFTのラスボス「アルテマ」はアニメ業界を表しているように見える。

本人は古に亡くなっているので、アニメ業界がなくなった後の未来の問題を表しているのだろうか。

もしくはキリスト教問題とアニメ業界問題の関連を表しているとテレパシーは言っている。

アニメ業界の人たちの脳内によくキリスト教徒の人たちのデータが来ることがあったらしい。

FFシリーズを手掛けるスクウェアは2001年にFFのCGアニメーション映画を作り、興行の失敗をした。

アニメ業界からなにかされたのだろうか。


ゲームをプレイすると脳内で再現データ等が大量に作られるので、こういった全国レベルのゲームは強力な暗示がかかります。社会的弱者である退行者を倒し、社会に広域洗脳を行っているアニメ業界を倒す存在を倒すデータが脳内で増えては大変です。

ビデオゲーム自体も有害ではあります。最低でも非暴力要素は必要です。