FFの新作はこうやって作ると面白くなる14|テレパシー情報とMMOの話

FFの新作はこうやって作ると面白くなる14|テレパシー情報とMMOの話

こんにちは。テレパシー情報屋の加藤です。

テレパシーからの最新情報がたくさん来たので、今回はFFTの最新作を非暴力ゲームにする想定については一回休みます。この記事シリーズはどうしてこうぐだぐだなのでしょう。穀食カレー丼の新しい記事や学術系の記事とかも書きたいかなぁ。テレパシーはなかなか容赦なく新しい情報を出してきます。

下の方に書いたように20年前にやっていたUOを再開しました(無課金)。テレパシーがフェルッカ (他のプレイヤー殺害行為やプレイヤー同士の対戦が可能な世界) に行けと言うのでフェルッカに逝きます。ASUKAサーバーでやっているので見かけたらキルしてくださいね^ー^;。

囲碁ひも理論の新しい記事を書きました。ゲーム業界の数学得意な人は見てください。そう簡単じゃなさそうなのは私の数学能力が低いせいでしょうか。

  1. FFの新作はこうやって作ると面白くなる8|FFTを非暴力で作ろう①
  2. FFの新作はこうやって作ると面白くなる9|FFTを非暴力で作ろう②
  3. FFの新作はこうやって作ると面白くなる10|FFTを非暴力で作ろう③
  4. FFの新作はこうやって作ると面白くなる11|FFTを非暴力で作ろう④
  5. FFの新作はこうやって作ると面白くなる12|FFTを非暴力で作ろう⑤
  6. FFの新作はこうやって作ると面白くなる13|FFTを非暴力で作ろう⑥
テレパシー最新情報

悪魔の正体についての神話もとい歴史

前回言っていたテレパシーから聞いた新しい神話について書きます。

  1. 5回目の大量絶滅は恐竜が戦いすぎて、脳などに負担がかかったことが原因っぽい
  2. 5回目のあと人の先祖は樹上で生活をはじめ、滅びた恐竜は脳内の仮想世界で爆弾を製造し始めた
  3. 爆弾はぐんぐん巨大化し、人類(原人?)の膝に仕掛けられた。具体的には一部の原人がおかしくなり、他の原人の足を棒で叩くなどの出来事があった。
  4. 元々果樹の森に棲んでいた人類は爆弾のせいで森から出てゆき、本来の生活を失ったことで調子を崩し、最終的に高度に善悪を判断するようになった。
  5. ただ人間らしくあるか、フルーツ食によって善悪から離れるか、猫のようになって善悪から離れるか、などの解決策によって個人レベルでは爆弾を無効化できる。
  6. 大量生産、工業化、分業化、大衆化、民主化、資本化、科学化などによって一定確率で膝が完全に壊れるようになり、壊れなかった人も心が壊れるようになった。
  7. 膝や心が壊れるようになると、サイコキネシス等の超能力が低下し、人類を超巨大災害が襲うようになった。
  8. 実はすべての黒幕は爆弾を作った邪竜であった。テレパシーの世界の仮想世界の中から「ふわはははは!」などと笑っている。人類の希望を奪って喜んでいるそうだ。
  9. 邪竜はテレパシーによって人類に違法な指示を行い、誤った方向に行かせようとしている。ただしそのことを直感的に気づく、違和感に正直な勇気ある人もいるらしい(私の家系はその能力が高いそうです)。
  10. 人間系(私みたいな違和感を感じたことをどこまでも追及する人たち)、猫系(アスリートみたいな人たち)、フルーツ系(ハイセンスで普通の人にはわからない道理が分かる人たち)の3つに分かれている
  11. 日本に多い人間系を、どうしたことか邪竜は海外に行かせようとする。
  12. 善悪を必要としない人間の感覚で西洋の善悪を使うと、限度が分からないため木などを大量消費し始める

これは神話じゃなくて歴史だったようです。たまにこういうテレパシー歴史を教えてもらえます。

どうやらかなり有害な竜が現実にいるようです。悪魔と呼んでいた者たちはほとんど恐竜族である可能性があります。今まで全く気づきませんでした。奴らは人間から盗んだクオリア・刺激・関係・状態・肖像などの皮をかぶっており、テレパシーの世界において人間であるように見えます。どんなことをやってもけして本来の姿をみせないようです。人間の皮をかぶった恐竜族は犯した罪を、皮の本来の所有者である人間に転嫁しています。

このクオリア窃盗と罪の転嫁システムはあまりにも巧妙に作られすぎです。恐竜族は盗んだクオリアや刺激によってフィクションを作り出しています。フィクションには頭を暖かくして、体を寒くする効果があることは以下の地球温暖化の真の原因の記事で書きました(ネタバレ)。

フィクションによって座っている状態を強要され続け、膝を使わなくなることが爆弾の正体でしょう。

ちなみにその邪竜・悪竜はいつでも我々のことを監視しています。特に私のことを監視しています。この神話もとい歴史を聞いた直後にも私に攻撃をしかけてきました。このブログではいろいろ悪魔やアニメ関係者に対して催眠術を使っています。記事の冒頭部分とかAbout me の冒頭部分がそうです。この催眠術の中で邪竜・悪竜に対してダイレクトにダメージが出るものは、露骨な方法で私に難癖をつけてでも訂正・変更させようとしてきます。

恐竜族の99%以上が邪竜・悪竜だと考えられるようです(不明)。恐竜族には長い歴史があるため、数だけはいるのでしょう。莫大な数の竜族を意図的に犠牲にして、一部の竜族へのあらゆる催眠術を実質無力化してきます。About me では今のところ847種類の暗示を邪竜・悪竜にかけているはずなのに、いまだに私の脳内にやってきては平気そうに発言してくるんです。一日24時間テレパシーストーカーの被害に遭っています。

まともな恐竜族はごくごく一部です。以前話した恐竜族の女王や鳥類がそれです。鳥類の中でもカラスはかなりまともだと言われています。もしも2025年の地球温暖化リミットの問題を解決したのなら、カラスは次に巨大な怪物のようなものに進化して軍事施設や地球環境に悪影響を与える物事を攻撃するとの情報があるくらいです。

さらにもう一段階人類が高度な習慣(例えば穀食主義)などを獲得すると、カラスは人間と同等の知能を獲得するという情報すらあります。今度は怪物的な活動ではなく、社会活動としてひたすら地球環境に悪影響を与える物事と戦うそうです。イルカでも猫でも犬でもカバでもなくカラスとは意外に感じます。邪竜たちが爆弾にこだわったのも隕石が原因でしょう。少なくとも元恐竜の者たちが隕石等をどうにかしようと思っていることだけは間違いないようです。

恐竜族の女王についても新しい情報があります。

ジルオールについて追加情報

リメイク作品であるジルオール インフィニットのプレイ動画をついつい見てしまいました。それに対してのテレパシーのコメントが辛辣です。

クオリアや本能行動をもたらす刺激(信号刺激・超正常刺激等)がアニメと同じくらい使われているのでユーザーを洗脳してしまって有害

例:新しく魔法学校を建てるなら、木などの弱い素材ではなく、もっと強い素材で建物を建てることについてユーザーに暗示がかかる

例:本にはデスやリッチが潜んでいることがあるので、気を付ける必要があることについてユーザーに暗示がかかる

実際カメラマンが必要。断崖絶壁での撮影時、視点を足場がないところに設定すると危険(脳内ではグラフィックとしてではなく、実際の人間や風景の映像として処理する必要があるとの意味。現実のルールを逸脱すると問題が発生する?)

グラフィックについて「愛がないだけじゃなくて、とてつもなく醜悪よ」

Xbox以降のグラフィックの代償として東日本大震災が起こり、小さな女の子とその母親の命が消えていった

「このままだと危ないんだよ!」

テレパシー情報より

PS2の時点でもはやアニメと同等の洗脳やマインドコントロールが可能だとしたら、PS5ではどれくらい洗脳やマインドコントロールが可能になるでしょう。ゲーム業界の人たちやよくいるゲーマーはもはや全員精神病院でも手に負えないくらいの精神疾患になっているとの意味です。クオリアや本能行動を支配する刺激によって洗脳やマインドコントロールされている人は気を付けましょう。

自分の意志でやろうとしていることが実は暗示にかかったことでそうなっていると考えた方が賢明です。アニメやそれと同等の暗示にかかってしまっては抵抗は通常できません。(もしも抵抗したいなら私のようにテレパシーから教えてもらった伝説のレシピである完全穀食カレー丼「賢者の石」を食べましょう)。自覚を持つことが非常に難しいです。すでに洗脳やマインドコントロールによって支配されていることは明らかなので、ゲーム業界は自分たちの病に自覚を持ち、対策を講じる必要があります。

竜の女王

テレパシーは竜の女王について、バイオハザードのジルやジルオールの女主人公(公式名:ジル)と関連させて説明してきます。ジルという名前なのでしょうか。後5秒で死ぬと言っていた彼女を助けるのが今後の課題です。彼女の周囲の者たちは完全にゾンビ化しています。完全に地位を失い自分の元領地の森をさ迷っているそうです。賊になる可能性があるので、隣の領主に対して「その時はお願いします」などと言っています。

ジルオールの女主人公について、黒人女性のクオリアや刺激が使われているとテレパシーは言っていました。物語の最後で別の大陸に行くことから、我々の祖先がアフリカから出る前の出来事を表しているかもしれません。

この竜の女王ジルが助かるにはバイオハザード3のようにヘリコプター(のような何か)が必要なようです。「敬意を示す」とか「感謝する」とかは今やるべきことではなく、魔法などの裏技を駆使して解決にあたる必要があります。「毒に敬意を表すると毒の技能を使えるようになる。しかし、魔法で治した方が早い」とのことです。状況証拠から言って地球温暖化を止めると解決するのでしょう。

竜の女王には「死ぬことと見つけたり」的な部分があり、ゾンビ化した配下たちもそうだったようです。ウイルスや菌に苦しんでいると言っていました。ウイルスは地獄の中でも一番深い無間地獄の世界のことです。菌はそれよりも少し上の地獄と対応します。

バイオハザード2はアンパンマンのごとし

バイオハザード2でエイダに恋人を演じられていたジョンは、プレイするたびに蘇り、クリアするごとに爆破されるようです。ジョンのクオリアや本能行動をもたらす刺激の本来の所有者が犠牲になることでバイオハザード2は成立していると言いたいのかも。アンパンマンと同じタイプです。アンパンマンは顔を新しくするたびに、多くの者(イースト菌相当の者)が灼熱地獄に落ちると予測しています。テレパシーは実写要素が強かった1の制作方法が至高で、2から少しふわふわした要素が出てきていることが気になるようです。3からは完全に浮いてきて、4からは上空に飛んで行ってしまっているでしょう。

邪竜・悪竜たちによる妨害

邪竜・悪竜たちは竜の女王を滅ぼすために活動しています。

  • ポスト真実とフェイクニュースを推進している
  • アメリカやメキシコなどを中心に肉食・砂糖食・ジャンクフード食による肥満を推進している。
  • アニメや漫画やキャラクター等による洗脳やマインドコントロールや支配を推進している。
  • 性格が不快・下種な人たちを増やしている。
  • 真実が書いてあるメディアを自分たちだけで保有し、それについて詳しい顔をしながら、間違った意見を大声で述べる
  • 賠償金を払うとして100%払わず、もっとずっと少ない額で100%払ったかのように思い込ませる
  • アニメや漫画やゲームがダメでもフリーゲームなどを使って洗脳を行う。
  • 自分たちのことをまともに批判や非難したので、批判者や非難者の住んでいる町が危険になると信じさせる
  • 「悪魔などを攻撃すると、日本は悪魔だらけなのだし、戦争が起こってしまう。よって悪魔などを攻撃してはいけない」のだと信じさせる
  • 物事を感情や本能で考えず、理性的に思考するものたちに、威力をもって脅迫行為をすることで自己否定的な思考をさせようとする。
  • 悪魔などを攻撃すると世界が滅びると信じさせ、同時に世界が滅びることへの対策難易度が高いと誤解させる
  • 悪魔などと敵対した者はサンタクロースによって裏切られ、他の人たちが脱出しているところを一人だけゾンビたちの中から脱出できない
    • サンタクロースは悪魔の一種のようですね。不法侵入と資本主義への迎合強要プレゼント作戦。

幻想水滸伝と天地創造

幻想水滸伝は主人公が神になる話としてはかなりよくできていると言っていました。神当事者たちからの感想でしょうね。神イコール「本来の食性が失われたことで発生した問題を社会的弱者になるくらい努力して解決してくれる存在」なので、神と言うワードを使わなくても意味さえ表現されているのなら神を表現したことになります。SFCの天地創造も主人公が神になった話です。

天地創造のラストシーンでヒロインのエルのところに誰か訪ねてきます。もしも主人公が訪ねてきたのなら次のようなことになるそうです。

「おんどらぁ! 何言ってるんや! お前が神なわけあるか!」

誰も神となった者の苦労を理解せず、かつその理解しない人たちは神や神と同じ意味の言葉は信仰しているのです。竜の女王ジル(仮称)も故郷の村に戻っても、だれも自分が女王をやっていたことに気が付かないと言われています。

幻想水滸伝は世界の最後に神としての仕事が来るのでしょう。幻想水滸伝3でのルックは苦難の到来を直感し、その前に何もかも破壊しようとしました。

竜の女王を助ける

かなり賢いか、教えてもらえるかしないと竜の女王を助けようとすら思えないようになっているようです。私が竜族の女王を助けようとし始めると「一人だけ〇〇な存在かな」「不正を行わん」などとテレパシーが珍しく褒めてくれました。ほかの国はどこもできておらず、日本(私)だけだと言っていました。

邪竜や悪竜によって誤解させられるからどんどん意味が分からなくされます。まさか毎日太った眼鏡のアニメーターやドラえもんの幻覚を見せてきている奴が邪竜や悪竜だったとは気が付きませんでした。2014年くらいから四六時中見えて、他の幻覚は消せてもこの幻覚だけは消せません。

竜族の女王はおそらく我々が神にしているのでしょう。だとしたら、助けないことは不正だと言えます。これが人類の原罪の一種だと言えるようです。私がどれだけ願っても幻覚が消えなかった原因は、私が見ている幻覚と同じような目に竜族の女王も遭っているためなのでした。竜族の女王についてかなり宣伝して、みんなで解決するか専門家を連れてこないといけないようです。

可能ならゲーム業界でも竜族の女王についてテーマにして、支援を行ってください。おそらく本来の食性があると竜族の女王に対して神になってもらっている代償を払うことができるのでしょう。2025年を過ぎると地球の健康が永続的に失われる理由は我々の神である竜族の女王が死ぬことが原因だと考えられます。

現状私だけしか対処できず2025年まで(残り5秒)なので首の皮一枚と言ったところです。

UO(Ultima Online)を再開してみた

最近20年ぶりくらいにやっていたMMOをやり始めてみました。ASUKAサーバーでLeon Griceなる名前でやっています。見かけたら気安く声をかけてください。昔の5スキルくらいGM(最高値のこと)まで育てたキャラは消してしまったので一からです。監禁されている関係で課金はしません。監禁されているならゲームするなって気もします。でも逆に社会性が低下して危険なようです。

テレパシーはUOについてバイオハザードやジルオールと似たような世界観だと言っています。どれも腐っているそうです。ロードス島戦記みたいな本格ファンタジーもそうなのでしょうね。 UOはグラフィックが同じ世紀末MMOであるラグナロクオンラインと比べても、クオリア消費させる気のない仕様です。 浮いた要素をなくすることで抑圧されている腐った部分が顕在化するのでしょう。

バイオハザードのレオンの名前をテレパシーが頻繁に出してきていたので名前はレオン、苗字はGrarian+riceの複合系にしてみました。

どんなスキル構成にしようかなー。

  • 戦術
  • 解剖学
  • パリィ
  • 武士道
  • 魔法抵抗
  • 魔法

今のところ上の7つにしようかと思っています。それとも噂の白豚にするか、それとも別のものが望ましいでしょうか。いずれにせよ竜族の女王を助けることに役立つプレイの仕方をしないといけません。そうなるとヘリコプターのような移動手段が重要です。ジルは鍵を開けられるので、魔法でカギを開けられるようにすべきかもしれません。

むしろ武器防具の修理をどうするんだろう・・・。別キャラを作って、人がいないところでドロップのち、ログアウトして別キャラにチェンジして拾って修理して(以下略)なんて方法では恰好が付きません。もうそうするかなー。

uo210803-1
uo210803-1

テレパシーにフェルッカ(プレイヤー殺害行為やプレイヤー同士の対戦が可能な世界)に逝けと言われたので、しぶしぶ行くことにします。さようならトランメル。竜族の女王の境遇を理解するには他のプレイヤーから殺される可能性が常にある状況が必要なようです。

  • 服や髪の色を定期的に変える
  • 修理等も含めて無課金ソロプレイ
  • フェルッカで生活し、どこかに定住しない
  • 宿屋や酒場でログイン・ログアウトしない(PKがそこから張っているらしい)

そのうちラグナロクオンラインもやってみようかな。やったことないですし。世紀末っぽいですよね。ラグナロクってタイトルが。

FFと関係なし

今回何一つFFと関係なかったです。FFにもMMOがあることは知っています。ただあれはグラフィックのクオリアや刺激の過剰利用で人が死んでいることが確定的に明らかです。アニメ業界の破局的大爆発の余波で消滅するでしょう。今からUOの2Dクライアントみたいなのに移植することを考慮してはいかがでしょう。FFはもともと信号刺激や超正常刺激を濫用しないタイプのデザインで始まったのですから、ラグナロクオンライン方面に行く必要はないです。FFには古典的な西洋絵画のようなデザインが適していますよ。


アイキャッチ画像はピクサベイジェス・ワンによる画像。

あなたもテレパシーを使っている☆

人間の脳はパソコンよりも高性能なのに、通信機能の一つもないのですか? パソコンでも簡単に通信できるのに・・・。死んだら脳の中のデータはそこで消失されるのでしょうか? パソコンならデータを別のところに移せるのに・・・。脳が通信機能を使えないとしたらひどく不自然なことです。大昔から使っているし、今も使っていると考えるのが自然でしょう。だとしたら使いこなさない手があるでしょうか。このブログではテレパシーを使いこなすための情報、テレパシーの世界での犯罪者への対策、単純にテレパシーから得た情報などを紹介していきます。