FFの新作はこうやって作ると面白くなる12|FFTを非暴力で作ろう⑤

FFの新作はこうやって作ると面白くなる12|FFTを非暴力で作ろう⑤

こんにちは。テレパシー情報屋の加藤です。

今回はFFTの新作を非暴力ゲームで作る想定記事の5回目でございます。すでに5記事なのにまるで終わりそうもありません。ひどく長くなりそうなのでさっさと本題に入りましょう。今回はFFTR(Final Fantasy Tactics Realistics)の内容ではなく、脚本家との契約についてです。

  1. FFの新作はこうやって作ると面白くなる8|FFTを非暴力で作ろう①
  2. FFの新作はこうやって作ると面白くなる9|FFTを非暴力で作ろう②
  3. FFの新作はこうやって作ると面白くなる10|FFTを非暴力で作ろう③
  4. FFの新作はこうやって作ると面白くなる11|FFTを非暴力で作ろう④
テレパシー最新情報

コーエーの戦争ゲーム

コーエーは世界のマニアックな戦争ゲームを気楽に作ると吉かもしれません。

例えば二度のエチオピア戦争を舞台としたゲームとか。

エチオピア、エリトリア、ソマリア、イタリア、フランスなどがごちゃごちゃと戦って、史実に忠実に作るならイタリアが負けるゲームです。

ただしそれを作ると、イタリアのエンドユーザーが「許さない」とテレパシーは言っていました。

なので作り方のコツとしては、無名の一個人の視点を大事にして、群像劇として作ることです。

「エチオピア人やイタリア人にもそれぞれいろいろな人がいて、激動の時代を生きたのだ」みたいな話でしょう。

脚本家の資格とお金以外の価値

ゲーム制作には最終的に国家資格の取得が必要になります。脚本家にももちろんゲームの脚本に限らず資格が必要です。脚本家は常にユーザーを洗脳・マインドコントロール・扇動等できる立場にあります。資格によって縛られて当然でしょう。脚本家を自由にさせるのは戦車を自由に走らせるようなものです。

縛ると言っても国家による検閲とは違います。その逆でむしろ国家や巨大企業からの圧力などには断固戦うことが義務付けられるのです。テレパシーは「脚本権を取得する」という謎の表現を使っていました。ある種の条件を満たしたうえで脚本を書くことを約束できるのならテレパシーレベルで権利が手に入るようです。

具合的なルールは説明されなかったので適当に考えてみようと思います。

基本の9つのルール

  1. ユーザーや業界関係者や無関係な人・動植物・その他のクオリアを違法に利用せず、違法利用脚本家と戦う
  2. ユーザーや業界関係者や無関係な人・動植物・その他の信号刺激や超正常刺激を違法に利用せず、違法利用脚本家と戦う
  3. ユーザーや業界関係者や無関係な人・動植物・その他を洗脳やマインドコントロールせず、洗脳やマインドコントロールする脚本家と戦う
  4. ユーザーの中の社会的弱者や超社会的弱者に対して有害な内容として作らず、有益な内容として作る
  5. 悪魔(やってはいけないことをやり、しかも方法が卑怯な者)をあらゆる面で肯定せず、逆にあらゆる面で否定する
  6. 政府、大企業(ゲーム企業含む)、宗教団体、軍隊などからの圧力に屈せず、屈するくらいなら脚本を書くことをやめる
  7. ゲームの脚本家らしく、テレパシー・サイコキネシスの2つを常に意識する
  8. ゲームの脚本家らしく、ルール・評価基準・結果の3つを常に説明する
  9. ゲームの脚本家らしく、神話・魔術・計略・推理の4つを常に解釈する

とりあえず、最低この9つは必要かもしれません。

脚本家との契約時こんな風にまともな脚本をかけるように規約を作っておきましょう。クオリアの違法使用を禁止しておいて、自分たちでクオリア違法使用すると脚本家に殺される可能性があるので注意してください。クオリア違法使用でユーザーが1000人死ぬのなら、その前にゲームクリエイター1人殺しておかないといけないのです。規約で決めるとかなり忠実に脚本家は実行してくれるでしょう。

脚本家は文学者の一種なのでユーザーへの責任転嫁を禁止すると、芥川龍之介とか三島由紀夫みたいな最後を遂げる可能性すらあります。気を付けましょう。

非暴力ルール

  1. 脚本を貴人殺害心理で汚さず、汚している脚本家と戦う
  2. 脚本を武器、戦争、殺人者、犯罪、暴力、薬物、占術、偶像崇拝、アニメ、漫画等で汚さず、汚している脚本家と戦う
  3. 脚本を「魔法」「奇跡」「神」「仏」「処女」「童貞」「中二病」「オタク」や動詞・形容詞の名詞化などの言葉で汚さず、汚している脚本家と戦う

非暴力ゲームではこういうルールが必要かもしれません。詳細は不明。戦争では貴人殺害して当然でしょうか。よくわかりません。平和を反映してそれらしい脚本をかけとの意味でしょう。

使うとき注意を要するか、使わないようにする言葉

  • 魔法:法律の専門家と接触できない状況で法律を守ることを代償に、テレパシーに任意の超能力の使用権を要求する
  • 奇跡:法律の専門家と接触できない状況で法律を守ることで、テレパシーが慈悲をかけてくれる
  • 神:本来の食性が失われたことで発生した問題を、社会的弱者になるくらい努力して解決してくれる存在のこと
  • 仏:テレパシーの世界の仮想世界に住んでいると思われる人間の中でも特に能力が優れた者のこと
  • 処女:定義すると対象に①子ども、②女、③性行為を認知している、④性行為を自分ではできない、の4つが必ず発生する(子どもであり女である存在に性行為の認知と不実行が発生する)
  • 童貞:定義すると対象に①子ども、②男、③性行為を認知している、④性行為を自分ではできない、の4つが必ず発生する(子どもであり男である存在に性行為の認知と不実行が発生する)
  • 中二病:子どもとしての死亡リスクと、大人としての死亡リスクの両方から逃れた一番安全な時期にいる人が病気になっている
  • オタク:山の手言葉を気持ち悪い人たちに当てはめることで気持ち悪い人たちを気持ち悪くないように見せる非常に悪質な表現
  • そのほか色々

よくある貴人殺害例

占術は危険

占術とは何かを壊して壊して壊しまくることで、壊れる傾向を理解し、ある程度壊れた対象がその後どのように動くのかを経験的に理解することです。よって最強の破壊者が最強の占術士だと言えます。その占術士は童貞や処女の言葉を使う傾向があるとテレパシーが言っていました。占星術の処女宮のこととかかもしれません。

処女、童貞の言葉が使われた場合、それに対しての人の反応は2パターンあります。

  1. 子どもに損害がでないように、自分を犠牲にする
  2. 子どもに損害が出ても気にせず、自分を犠牲になどしない

処女、童貞の言葉を使う人は後者です。彼らは自分が子どもを愛していないことによって本質的に異性からモテないことを気にしています。そこで子どもを愛しており、進んで子どものために犠牲になることができる者のことを処女・童貞などと定義するのです。本来異性にモテる人が犠牲になることで、異性にモテない人たちは消去法的に異性と交際できるようになり子孫を残せます。

違法なことを行った者が子孫を残し、違法なことを行わなかった者が子孫を残せないのです。これによって社会は劣化を始めます。なぜグレタ・トゥンベリはあのように大人たちを糾弾し、大人げない大人たちはグレタを破綻した理屈で攻撃するのでしょう。地球温暖化など簡単に解決できる問題なのに、貴人殺害者たちの活躍によってまるでひどく難しい問題であるかのようです。

占術士はこのように卑怯な方法を使って対象を破壊し、占術の実力を高めます。卑怯な方法を嫌うなら、自分を破壊するしかありません。よって良心的な占術士は醜く傷ついた姿をしているものです。

処女マリアとサンタクロース

キリスト教はまさに絵にかいたような貴人殺害者教団です。ほぼすべてのキリスト教団がカルト(カルト以上以上くらいかも)と言っても問題ありません。

救世主を殺しておいて後から美化し、いつまでの心の中で十字架にかけ続けます。

さらにその母親マリアを理想化し処女だったと決めつけます。

良い女たちがマリアを模倣し始め、子孫を残せなくなります。

逆に悪い女たちは子孫を残すことに成功し、世の中は悪い奴らばかりになります。

彼らにとって12月25日はそんな処女から救世主が生まれた日です(実際は12月25日じゃないらしいですが)。

そこに不法侵入の常習犯で、資本主義のアンバサダーでもあるサンタクロースがやってきます。

西暦2年

西暦2年にテレパシーの住人は、我々が自らの力で輝いたり、自分を変えていくことができないと判断し、見限ることを決めたそうです。つまり西暦1年の出来事であるキリスト誕生を祝うことは、見限られる前に戻る活動であり、非常に重要なイベントであると考えられます。

そんな重要なイベントを処女定義や不法侵入常習犯の資本主義アンバサダーによって汚すのです。ほかにも七面鳥を焼いて食べることも最低な行いと言えます。神は「 本来の食性が失われたことで発生した問題を、社会的弱者になるくらい努力して解決してくれる存在」のことなのですから、そこは肉食を控え、断食をするかフルーツを食べるかしてもらわないと話にもならないのです。

1000円のフルーツにはテレパシーの世界の基準では1万円から100万円程度の価値があると考えられます。逆に人類はあまりフルーツを食べなくなることで毎日それだけ損を重ねているという意味です。

キリスト教徒はこうやって祝ったポーズだけ取って、実際は逆のことをやる達人です。そしてたいていの現代人は無条件にキリスト教に強制加入させられています。偶像崇拝をしている仏教徒などもキリスト教徒です。キリスト教の良いところは悔いて改めるチャンスがあるところでしょう。敬虔そうなキリスト教徒すら祈る量が足りないと言われています。

どこにでもいる貴人殺害者

スクエニには昔からかなり質の悪い人物がいるらしく、ガンガンかGファンタジーか何かの原作漫画のアニメを通じて私たちに暗示をかけたそうです。その暗示がそのままかかると、私は実質炎上状態になります。芸能人のある種の人たちは常に炎上状態であり、男性アイドルは「バーニングボーイ」と言う異名すらつけられているくらいです。私もそのバーニングボーイと同じ状態にされます。

スクエニのその人は自分の能力が低いことを分かっており、かつ地位や名声は欲しいので能力の高い誰かを炎上させるなどの方法で十字架にかけ、その金魚の糞になることを目指しているそうです。また私のことをメタルスライムのような物として捉えており、私が実質倒されることでゲームクリエイターとしての経験値が手に入ることを期待していると聞きました。

私はアニメを通じてゲーム業界から暗示をかけられ、こうしてゲーム業界に情報を出しているようです。ノーガード戦法をするあたり、テレパシーもなかなかいい性格をしています。私は当初気が進まなかったのにこうして、長々と文章を書かされているのです。

テレパシーレベルでの脚本権を手に入れるつもりがあるのなら、貴人殺害者と敵対しなければいけません。脚本家も貴人殺害者から狙われるようになるでしょう。それは貴人になったとの意味でもあります。

貴人殺害者のバリエーション

FFTRみたいなゲームの脚本を書くなら、色々な貴人殺害者を登場させましょう。

  • 責任を分散させる
  • 因果関係を分かりづらくする
  • 相関関係を見いだせないようにする
  • 法律の穴や、ぎりぎり違法にならないライン際を狙う
  • 加害された被害者が権利を行使できぬように説得・誘導・指導・教育・懇願・買収・接触・面会・伝達・会食・処罰・謝罪・感謝・挨拶・懇談・懇親等する
  • 捜査する権限がある者の権限を行使できないように説得・誘導・指導・教育・懇願・買収・接触・面会・伝達・会食・処罰・謝罪・感謝・挨拶・懇談・懇親等する
  • 犯罪として認知されなくなるまで待つ
  • 犯したことが忘れられることを期待し、逃げたり隠れたりする
  • 実行した者が悪い者だと知っていて少しでも支援した過去があるのに、それは偶然だったことにする
  • 被害者に対して必要な社会サービスを、被害者に非があると述べて拒否する
  • 行った悪行への苦情や非難や糾弾や弾劾や論戦や批判や追及や質問を上手くかわし、気をそらす
  • 被害を受けて社会的弱者やウルトラ社会的弱者となった者たちに特別な権利や超法規を認めない
  • 過去の善行や悪行に基づいて判断する必要のあるタイミングで過去の善行や悪行に基づいて判断しない
  • 過去の善行や悪行に基づいて判断する必要のないタイミングで過去の善行や悪行に基づいて判断する
  • 責任転嫁によって他者にやらせたにもかかわらず、やらせた他者の自己責任にする
  • 責任転嫁によってやらされた者が、責任転嫁されたことを明るみにすることを阻止する
  • 意図的に法的な責任を問われない安全な場所・立場・地位・タイミング・状態・状況・年齢・方法・動機・シチュエーション・威力・範囲・速度・質量・程度・エネルギー・認知・技術で行う
  • 治外法権を意図的に利用する
  • いまだ科学的根拠が証明されていない技術を利用する
  • 子どもやプロなどの直感等に優れた者の直感等を狂わせる
  • 子どもやプロなどの直感等に優れた者を黙らせる
  • 加害者に対して忖度・迎合・配慮・擁護・庇護などをする
  • 加害者のために礼儀・作法・慈悲・接待・技芸などを尽くす
  • 仕事で成果を出していることを理由に責任の免除を求める
  • 自分たちがいなくなると仕事が停滞するか、停止することを理由に責任の免除を求める
  • ある違法なことをみんなに広める
  • みんな違法なことをしているのだから責任を問うと、社会が動かなくなることを理由に責任の免除を求める
  • 自分がいなくなると重度の傷病者が死に至ることを理由に責任の免除を求める
  • 自分がいなくなると幼く揺らぎやすく、感情が締まらない者たちに精神的なけじめや教訓や拘束を与えることができないことを理由に責任の免除を求める
  • 裁かれ、罰をうけるとき、本当は存在しない物事を存在するかのように見せることで責任の免除を求める
  • 裁かれ、罰をうけるとき、生贄を使い、スケープゴートにする
  • 地獄等に連行される際高貴な存在の体の一部を持って行く
  • 年長者の男性やそれと同等の社会的に高い立場にある者が、若い女性やそれと同等の社会的地位が低い者に命令して自分が受けるはずの罰を代わりに受けさせる
  • ちょっとだけ行っている常習的な悪いこと(俗に言う「ちょい悪」)を許しておく
  • 悪いことをほとんど行わない者のほんの少しのミスを許さない
  • たまたま会った社会的地位が低そうな他者に、別れるタイミングを狙って悪態をつくなどする
  • 悪いことをやっていない者たちの心や体や記憶や意識や感覚を乱し、穢し、荒らし、壊し、ずらす
  • 他者のクオリアや本能行動を起こす刺激や肖像を利用する
  • 虫の習性を模倣する
  • 魚の習性を模倣する
  • 肉食動物の習性を模倣する
  • 鳥の習性を模倣する
  • 豚の習性を模倣する

ちなみに女性アイドルのテレパシーでの異名は「死体」です。アイドルグループは人数が多ければ多いほど何も考えなくなり、何も言えなくなります。AKBとか坂道シリーズはテレパシーでは来世の灼熱地獄前提だと言われているくらいです。その「死体」に対していろいろ汚いことをできる阿斗(劉禅)のような支配者が名前を付けるとテレパシーは言っていました。

あの秋元康と言う人物が女性アイドルの言論を支配して、それによって若い人たちの言論をも支配しています。また秋元康は政治とも結びついていると、テレパシーから少しだけ聞いたことがあるので非常に危険です。来世深い地獄前提なのはアイドルと言うより背後でアイドルを操っている人たちのことだと思われます。

テレビの視聴率が年々下がっているのは芸能人やテレビマンの傲慢や油断が原因です。それについてもFFTRではネタにすべきでしょう。また、ゲーム業界の人たちも同じようなことがことをできるので、警鐘を鳴らすことも重要です。

テレパシーの訓練

脚本家はテレパシーの訓練をしておきましょう。以下の宣言が基本。

  • 「キリストを十字架にかける」
  • 「先祖を墓場から呼び、脳内に住んでもらう」
  • 「人間未満の意見を聞かない」
  • 「ひどい目には一切遭わず、怖い目にだけ遭う」

さらに追加の宣言をしましょう。

  • 選択肢A「我に艱難辛苦を与えた給え」
  • 選択肢B「私たちを試みに会わせないで、悪よりお救いください」

それぞれの表現はともかく、選択肢Aを選択するとテレパシーの住人があなたの頭の中にやってきて、無理難題をひたすら出題してくれる状態になり、選択肢Bを選択するとテレパシーに害を与えないために平易で制約の多い生活をすることになります。

選択肢Aを選ぶとどうなるでしょう。例えば監禁されている状態でゲームクリエイターに「これからアニメ業界が大爆発するからグラフィック偏重をやめろ」とアドバイス記事を書かされるのです。マジで監禁されている自分の権利のことは置いといて、権利が保障されまくっている奴らがまともな方向に行くために働かされたりします。今の私がそれです。

選択肢Bの場合はまず動物性食品を食べることをやめる必要があります。詳しくは以下の記事を見てください。

👉「動物性食品を食べなくなると地球に巨大隕石が落ちてこなくなるよ!」と言えば全人類に動物性食品を食べないことが広まると説明しているだけの記事です。

参考記事:ヴィーガンはこのように説明すれば一瞬で全人類に広まる|①

テレパシーを使えるようになった場合、しばらくすると悪魔の存在がはっきりわかるようになり、戦うことになるでしょう。性質の悪い者がこの宣言を行うと、悪魔に乗っ取られてモンスターと化すだけです。日ごろの行いを正してから挑戦しましょう。テレパシーから認められたのなら、FFTRで想定される主人公と似たような能力が身につくかもしれません。

まとめ・・・と見せかけたマリカー

  • 脚本家と契約するときクオリアの違法使用禁止等の9つの規約を作る
  • 平和を反映する意味で非暴力ゲームでは利用しない要素についての規約も作る
  • 表面からではわからない深い意味があり、使うとたいてい有害な効果がある言葉を非暴力ゲームでは控える
  • ゲームの脚本家は貴人殺害者の心理(にわかキリスト教徒の心理)について専門的な知識が必要
  • ゲームの脚本家はテレパシーにも挑戦すべき

私はテレパシーに言われてこの記事シリーズを書いているだけの人なので、早く終了させて本来解決すべき問題を解決しようと思います。ゲーム業界でも一時期引きこもりネタがはやりました。真実は以下の記事に書いてあるようなことなので、適当にネタにしてみてください。

名作マリオカート

どうもマリカーさえも回収・リコール・交換しないといけない対象なようです。マリオシリーズはスーパーマリオブラザーズ2までは本物の配管工のクオリア(対象を認識した時の体験の質)や本能行動を起こす刺激を利用していたように思えます。神話解釈を基準に考えるなら2までが本格的配管工アクションゲームだと言えるようです。スーパーマリオブラザーズ3からは配管工ではなくて配管工役をできるひょうきんな芸能人のクオリアを使っているように見えます。

どんどんドクターとか、レーサーとかテニス選手とか体操選手とか、正義の味方とかの関係ないクオリアをマリオに使うようになり、神話を解釈する気が起きないほどぐちゃぐちゃです。初代スーパーマリオブラザーズは美しすぎる神話でした。マリオ64あたりからもはや私には神話がなにも見えません。

テレパシーからのアドバイスとしてはキャラゲーをやめて、ピーチ姫を一回だけ出てきたキャラクターにすることです。スーパーマリオブラザーズの神話は便秘に苦しんでいる城の住人と、幽閉されたことで若い時期や青春を失ってしまったお姫様の話に見えます。ほかの配管工(ノコノコ)はのろのろしており、配管工の親方(クッパ)は毒舌をはいて人を炎上させようとするが実は自分自身に人望がなくて溶岩の上に立って生活しているようなもの。

マリオの配管工としての腕は火が出るくらい素晴らしく、ハンマーのような道具に頼り切る必要もありません。また、ユーザーの本当の幸福を願っているので、城の住人の便秘を解消するために食物繊維が豊富な食品(きのこ・栗)などをどこかから取ってきて与えるのです。

桃に乙女と同じ香気成分があることを知ったマリオは年老いたお姫様に桃をプレゼントします。そんな映画のラストシーンが自然と思い浮かぶのです。

容姿が優れているとはいいがたい寡黙な職人だが、優しく、勤勉で、視野が広く、足腰が強い人物として描かれるのでしょう。配管工としての腕が優れているためいろいろなお城に呼ばれます。神話の解釈では城壁の上をマリオが走り回るのではないでしょう。ロコモティブシンドローム・フレイル・サルコペニアに苦しむお姫様のために、段差トレーニング・障害物トレーニング・跳躍トレーニングなどでリハビリに付き合っているようにも見えます。

この非常に美しい神話の別の話を作っていけばそれだけでよさそうです。

幻想水滸伝のオレンジネタもやめよう

幻想水滸伝シリーズのオレンジネタもやめろと言っています。果物は腐るものなので、シリーズを重ねるごとに腐っていっているのかもしれません。色のつもりで使ったはずが、テレパシーでは果物として判定されている可能性があるようです。1ではオレンジ、2ではマスカット、3ではストロベリー、4ではドリアン、5ではマンゴーのように、毎回変えないと鮮度を保てないのでしょう。

マリオや幻水のようなフルーツを印象的に使う神話では、結構女性から高評価を受けやすいかもしれません。実際幻水5あたりから急に女性ファンの不満が噴出して、それによって実は女性から評価されていたことが明らかになりました。

この手のゲームは鮮度・みずみずしさ・柔軟性(もしくは弾力性?)、甘美な味が重要ではないでしょうか。

🍓囲碁記事でフルーツの一手について書いたので、こんな考え方でやってみましょう。囲碁分からなくても理解できる記事の内容です。

神の一手を超える一手でAIに勝利!フルーツの一手1 |フルーツで脳内改革せよ!〇●

BOF3

BOF3のレイはもともとはドラゴンフォースのウェインみたいなやつだったらしいです。3回ほどウェインの弱気な意見に同意すると、城から出て行ってレイのようになると言っていました。

クオリア節約ゲームのメリット

  • グラフィックや音楽をフリーゲームのCresteaju(クレスティーユ)原作レベルに落とす
  • 世界観やシナリオをコーエーのジルオールのような硬派な内容にする

以上2つの条件を満たしたゲームだと、クオリアなどが節約されて作られているため、普段はロムっているユーザーが実況プレイ動画などをアップしてくれるようになるそうです。クオリアを節約すると普段は観察不可能な物事が観察可能になるのでしょう。

コーエーのジルオール

最近ジルオール(無印)のプレイ動画を見ています。テレパシーによると主人公がネメアの覇道を止めるタイミングが遅いとのことです。どうもテレパシーはネメアが破壊神の器になることと覇道を進むこととは関係がないと見ている可能性があります。大陸に戦乱を起こすことと、破壊神の器にならないでいることの間にどんな影響関係があるのかがいまいちわかりませんでした。テレパシーの言っているように、ネメアの覇道は特に意味がなかったのでしょうか。

また、主人公の器量から言ってもっと早くにネメアを止めて、無益な血が流れないようにしないとおかしいとも思っているのかもしれません。よくできたゲームだけにテレパシー軍師やテレパシー歴史家などが厳しいことを言っているようです。

個人的にはチュートリアルが他のRPGと同じで非常に手ぬるいのが気になります。実況主の人が属性の相克を確認するためにいちいち、魔法学校まで行くんです。仲間が記憶しておいてくれて、水属性の敵と戦うタイミングで「ほら魔法学校の人が言っていたでしょ! 水には火が効くって!」みたいに言ってくれたら楽なのに。ボタンで送る必要がない表示されては消えるタイプのセリフが定期的に来るようにするのが最適でしょう。

移動時とかにも仲間がしゃべったり、主人公が思い出したりして、情報量を多くしていくんです。RPGの主人公たちは超強力すぎる死活問題に直面しています。余った時間はどのように生存するのかについて議論し続けていないとリアリティを感じません。その程度の努力もせずに生存できるとユーザーを誤解させないようにしましょう。

情報を多くすることでゲームの難易度を飛躍的に高めてもプレイヤーが付いてこられるようにしてほしいです。


アイキャッチ画像はピクサベイ出身のモハメド・ハッサンによる画像を改変した物

あなたもテレパシーを使っている☆

人間の脳はパソコンよりも高性能なのに、通信機能の一つもないのですか? パソコンでも簡単に通信できるのに・・・。死んだら脳の中のデータはそこで消失されるのでしょうか? パソコンならデータを別のところに移せるのに・・・。脳が通信機能を使えないとしたらひどく不自然なことです。大昔から使っているし、今も使っていると考えるのが自然でしょう。だとしたら使いこなさない手があるでしょうか。このブログではテレパシーを使いこなすための情報、テレパシーの世界での犯罪者への対策、単純にテレパシーから得た情報などを紹介していきます。