そのほかアニメ関係者や悪魔がしてはいけないこと用定型文17 宇宙を食べている者対策 のリンク先のリンク先4 職業人

1.神話や宗教全般4

神話の裏社会と関連のある者アステカ神話ミクト教バルド・ナラカ中国神話学ディユ・ユードゥキリスト教湖 火災アウター暗闇煉獄リンボ・ハーデスヘル古代エジプトの宗教デュアットゲルマン北欧の異教ヘル(ハイムル)ナストレンド・ニフルハイム・ニフルヘルギリシャ語とローマ神話アスフォデル・メドウズ・エリジウムに関するキリスト教的見解エレバス幸運な島ハーデスオルカスタルタラス地獄ヒンズー教ナラカパタライスラムバルザフヤナムシジンジャイナイズナラカユダヤ教アバドンアザゼル・ボソム・オブ・アブラハム・ドゥダエル・ゲヘナ・シェオル・テオム・ツォア・ロタチャットムンデイズムスワールド・オブ・ダークネス・マヤ神話メソポタミア神話イラルラペルシャ神話デュザフスラブ神話ナヴ・新ト読み絵シュメール神話 クルトゥルキッチ・モンゴル・タマグウェールズ神話アヌンゾロアスター教ハミスタガンなどの神話の裏社会と関連のある者》、仏教と関連のある者《基礎 4つの高貴な真実3 つの宝石ブッダダルマサンガノーブル エイトフォールド パスニルヴァーナミドルウェイ仏陀 タタガタ誕生日4つの観光スポットラオスとタイの映画ミラクルズファミリースドホダナ(父)マヤ(母)マハパジャパティの物理的特徴フットプリント遺物図像ゴッタミ(叔母、養母)ヤシノダラ(妻)ラフラ(息子)アーナンダ(いとこ)デヴァダッタ(いとこ)仏陀が世界の宗教で仏陀を滞在した場所菩薩 アヴァロキテシヴァラ・グアニエン・マニュシリ・マハスタマプラ・アカシハー・アカハーガルバ・Kṣitigarbhaサマンタバドラ・Vajrapāṇi・スカンダ・タラ・メテヤ/マイトレヤ弟子 カウンディニャ・アッサジ・サリプタ・マハモガリャナ・アナンダ・マハカサパ・Aṅgulimāla・アヌルダ・マハーカッカナ・ナンダ・スブティ・プンナ・ウパリ・マハパジャパティ・ゴタミケマアップパラヴァンナ・アシータ・チャンナ・ヤサ主要な概念 アビディア(無知)バルド・ボディチッタ仏陀の性質ダンマ理論ダルマ啓蒙5つの障害インドリヤ・カルマ・クレシャスメンタル要因マインドストリームパリニルヴァーナプラティティヤサムッパダ再生Saṃsāra Saṅkhāra スカンダ・シプニャタTaṇhā(渇望)タ・テン・フェッターズアニッカ・ドゥッカ・アナッタの3つの痕跡二つの真理の教義宇宙論 10の精神的な領域6つの領域デヴァレルム人間の領域アスラレルム空腹ゴーストレルム動物の領域奈良カ3つの存在の平面枝 セラヴァダ・ヴァジャヤナ・チベット仏教中国仏教仏教シンゴン・ゾッヘン・マハヤナ禅中国ちゃん日本の禅韓国人ベトナムティエンピュアランド天泰ニチレン・マドヤマカ・ヨガチャラ・ナヴァヤナ初期仏教学校初期仏教学校 は、寺田とマハヤナを統一する宗派前仏教基本点プラクティス バハバナ・ボドヒパクヒヤダム・ブラフマハ・メタ・Karuṇāムディタ・ウペッカ・Buddhābhiṣekaダーナ・デヴォション・デイティ・ヨガ・ディヤナ・フェイス・ファイブ・ストレングスイドヒパダ瞑想マントラスKammaṭṭhāna回想スラマナ・アナパナサティ・サマタ・ヴィパッサナー (ヴィパッサナー運動)シカンタザザゼンコアン・ガナナ・マンダラトングレン・タントラ・テルトン・テルトン・テルタ・メリット・マインドフルネスマインドフル・ヨガ・サティパッタナ・ネッカムマ・パラミタ・パリッタ・プジャ・オファリング虚脱ぎんしょう サティ・サッカ啓蒙主義7つの要因サティ・ダンマ・ヴィサヤ・ピティ・パッサディ・シフィラ・フィスレプト8人の戒律菩薩はPratimokṣa誓う三重訓練シシラ・サマディ・プラジニャ・ヴィリヤ4人の右運動アンベドカルの22の誓い涅槃 菩提菩薩仏プラティエカブッダ悟の4つの段階ソタパンナ・サカダガミ・アナガミ・アラハト修道制度 ビク・ビクニŚrāmaṇera Śrāmaṇerī・アナガリカ・アジャグン・サヤドー ・ゼン・マスター 、ロシ・ラマ・リンポチェ・ゲシェ・トゥルク・カピヤ・ドンチー 世帯主のプパサカとプファシカ・アチャル・シジャーヴァカ 10人の主要弟子少林寺主な数字 ゴータマブッダッダゴサナガセナ・ブッディダルマ・ナガルジュナ・アサンガ・ヴァスバンドゥ・ブッダファリータ・アティシア・パドマサンババAśvaghoṣaクマラジヴァ・ニチレン・B・R・アンベドカルソンツェン・ガンポ・テンペラー・ウェン・オブ・スイ・ダライ・ラマ・パンチェン・ラマ・カルマパ・シャマルパ・ナロパ・スアンザン・ジイテキスト 初期の仏教のテキストTripiṭaka大乗ヤナの経典パリカノン中国仏教カノンチベット仏教カノンダンマパダ経典ヴィナヤMadhyamakālaṃkāraアブハルマディパ国々 アフガニスタンバングラデシュブータンカンボジア中国インドインドネシア日本韓国ラオスマレーシアモルディブモンゴルミャンマー ネパールパキスタンフィリピンロシアカルミキアブリヤーティアシンガポールスリランカ台湾タイチベットベトナム中東イラン西側諸国アルゼンチンオーストラリアブラジルフランスギリシャイギリスアメリカ 合衆国ベネズエラ歴史 タイムラインアショカ仏教協議会インドの仏教の歴史インドの大反仏教迫害グレコ仏教の仏教と西シルクロードの仏教迫害の伝播におけるローマ世界仏教仏教徒ネパール仏教危機シンハラ仏教ナショナリズム仏教民族主義仏教モダニズムヴィパッサナ運動969仏教の女性哲学 アブヒダルマ原子化仏教 仏教創造者仏教と民主主義経済学8つの意識が仏教エスチャト倫理進化ヒューマニズム論理現実世俗的仏教社会主義未回答の質問文化 建築寺院ヴィハーラ・チョーンワット・オルディネーション・ホール・ストゥパ・パゴダ・ビルマの仏塔カンディ・ゾン建築 中国日本仏教建築の仏教建築一覧朝鮮仏教寺院タイの寺院芸術と建築チベット仏教建築アートグレコ仏教菩提木ブダイブッダルパカレンダー料理葬儀休日ヴェサック・ウポサタ・マガ・プジャ・アサルハ・プジャ・ヴァッサ・ジャヤ・スリ・マハ・ボディ・カサヤ・マハボディ寺院マントラ・オム・マニ・パドム・ムドラ音楽巡礼ルンビニマヤ・デヴィ寺院ブッダ・ガヤ・サルナト・クシナガル詩の祈りの祈りビーズハマユミ祈りホイール象徴ダルマチャクラ旗ババカクラスワスタティカ歯の菜食主義のタンカ寺院雑 アビヤ・アミタバ・ブラフマ・ダルマ・トーク・ヒナヤナ・カルパ・コリヤ・リネージ・マラ・Ṛddhi・シディ・シディの神聖な言語Pāḷiサンスクリット語比較 バハイ信仰キリスト教は比較東アジアの宗教に影響を与える分類教ヒンドゥー教ジャイナ教ユダヤ心理学科学テオソフィー暴力西洋哲学リスト 仏教徒のスタス・スートラス寺院祭と名付けられた菩薩仏などの仏教と関連のある者》アフリカの神話の人物一覧《AkanKwaku AnanseAlurJok OduduAshantiAnansiAsase YaKwase BenefoNyameTanoBambaraBembaChiwaraBagandaKatondaGguluKibukaKitakaKiwanukaMukasaMusisiNambiWarumbeWanemaWangaBahumonoOwaziBolokiLibanzaNjambeDahomeyMain article: LoaAgéAyabaDaGbaduGletiGuLisaLokoMawuNana BulukuSalostelesSakpataXeviosoZinsiZinsuDinkaAbukAiwelDengKejokNhialicEfikAbassiAtaiFangMebegeNzameGikuyuNgaiHausaBayajidaGizoIgboMain article: OdinaniAha NjokuAlaAmadiohaAgwuAnyanwuEkwensuIkengaNmuo Mmiri or Nne Mmiri.OgbunabaliIjoOzidiWoyengiKhoikhoiGaunabHeitsi-eibibTsui’goabKongoMain article: Kongo religionBunziChicamassichinuinjiDingangaFunzaFunziKalungaKimbaziKuitikuitiLubangalaLusiemoLusunziMakangaMa KielaMa KielaMamba MuntuMbantilandaMbenzaMbozeMbumbaMoni-MambuMpulu BunziNgondaNtanguNa NgutuGod of river NzadiNzambiciNzambi a MpunguNzaziNzumbiSimbi dia MazaKrachiOwuoWulbariLotukoAjokLugbaraAdroaAdroanziMaasaiNeiterkobNgaiMbunduDaughter of Sun and MoonDaughters of Kalunga-NgombéGoddess of MoonGod of SunKabundunguluKalunga-NgombéKimanauezeKishiMusisiSudika-MbambiNuerKwothNyangaMain article: Mwindo epicKahindoKasiyembeKateeKentseKirukaKitundukutuKubikubiMburaMitandiMpacaMukitiMuisaMusokaMweriMwindoNkubaNtumbaNyamurairiOngoYanaLundaZombiPygmyArebatiKhonvoumSawarJenguSererRoogKooxKopé Tiatie CacKokh KoxTakharShonaMwariNyadengaNyami NyamiSothoDitaolaneModimoTumbukaChiutaYorubaMain article: OrishaAganjuBabalu AyeEshuEleguaNanaObaObatalaOgunOkoOlokunOsanyinOshunOshosiOriOrunmilaOyaShangoYemojaOsunVendaHuveaneTharuXhosaQamataZuluHlakanyanaInkosazanaMbaba Mwana WaresaUnkulunkuluUmvelinqangiUncamaSee alsoAlusiLoaNkisiOrishaWest African MythologyWintiZangbeto》、ネイティブアメリカンの神々《ナキ アゼバン グルスカブ マルスミ パモラ タバルダックブラックフット アピストトヒイ ナピハイダ タクエット ティアホーチャンク レッドホーンホピ 族 アホリ アングスナソムタカ ココペリ コキャンウティ ムインワ タオワインヌ カニピニカシクウ マツィシュカペウイヌイット イガルク ナヌーク ネリヴィク ピンガ セドナ トルンガソークイロコイ アデカガグワー 監獄 ゲンデンウィズ ゴホネ ハグウェダエトガン ハグウェディユ おなななクワキウトル キョウクロワクサラコタ カノープス ハオカ うわー ウィスコンシン エトゥミクマク ニスカムミウォク コヨーテナラガンセット コータントウイットナバホ族 アズゾンヒオンのナドレーエ ビクエHózhǫ́ ハーシュエ・オウトヒ ハーシュエオイ ハシュエオハン ニルチ ト・ネイニリイ ヨホナエイ ユーガイ・アスゾンヨン モーニイ 黒い神 ポーニー パー シャクル ティラワサリッシュ アモトケンセネカ エージェントチ ハゴネス ハウェニヨ カークヴァスノホミッシュ ドクウィブーチサイノ ヤヤ(神) ヤヤエル アタベイ ユカフ グアヴァンチェクス ユラカン グアトーバ コトリスキ バヤマナコ ボイナエル マロウフ マケタオリ グアヤバ オピエル・グアビロンワイアンドット アイレケクイ ヘン イオシェカ 南米の神々部族またはグループ 神または霊インカ アプ アタグーチュ カテキル カビジャス カヴィッジャスの息子 チャスカ/チョルカ・クイルール コニラヤ パチャママ ヴィラコチャ ママ キラ インティ マンコ・カパック ママ オッコロ アヤル・カチ》、ケルトの神々《ゲール語の神々と文字詳細は「トゥアタ・デ・ダナン」を中心に注: 別名は、括弧内に表示されます。男性アバルタ・ドーア・オブ・ドゥアブカンアビアンアエドアエングス(オエングス)アイリルアイレンアメルグリン・グルインゲルアイバロビッチ- セスエアの父ボード・ディアグブレスブライアン、イウチャル、イウチャルバブイルグ- モミ・ビュルグの神[2]セルマイトシアンシチョルコランドコーブクレイドネクロム・クラッハザ・ダグダ(ダイレ) )ダイアン・チェヒトドン[3]エックネエラサゴイブニウラブライドレンリルルシュテイン- 大工の神うーんマック・クイルマック・チェヒトマック・グレインマナナン・マック・リルミアッハミディラーマグ・ルイスネイト、アイルランド戦争の神、ネマンおよび/またはバドブの夫ヌアダ(ネクタン、エルクマール)[4]オグマの言葉と言葉、雄弁と学習の神セナイドテスラトゥイレン(デルバエス) )女性アホール- カイレ・ニア・フェルの娘アヒトランド- 彼女は死すべき男性に満足していなかったので、シデに渡り、トゥアサ・デ・ダナンと結婚するのが不滅になった女王アイベル- ダールgCaisの守護精神エイメンド- オエングス・ボルグの娘アイフェ- アルスターサイクルのキャラクター、コンラの母アイネ- 夏、富と主権の女神エアメド- 癒しとハーブの女神[5]アヌ- 地球と生殖能力の女神[6]バンバ、エリュー &フォドラ- 女神、姉妹、アイルランドの名を冠した家庭的な勝利(主にエリュー)ベック- 魔法の井戸に関連付けられている女神ベビン(ベヘン) – アイルランドとウェールズの神話の両方で誕生や裏社会の女神に関連する女神ベ・チュイユ- 良い魔術師ブラスナット- 初期のアイルランド文学のキャラクター、王の娘、戦士ク・ロイの妻と彼のライバルクーチュラーインの恋人ボドムール- ドイデス、フィオンのマクムハイユの父親の妹、フィオンの子供時代の世話人の一人ボアン- ボイン川の女神ブリジッド(ブリジット) – 詩、癒し、スミスクラフトと春の女神。彼女はまた、女神の三重体を形成し、同じ名前の2人の姉妹を持っています[7]カイレヒ(エイラ、ビローグ) – 神のハグ、創造神、気象神、そしてスコットランドの「冬の女王」としても知られている祖先の神キャノーラ- ハープの神話の発明者、音楽、インスピレーションと夢のアイルランドの女神カーマン- アテネからの戦士と魔術師セスエア- アイルランドの最初の住民のリーダー、レボル・ガバラ・エレンのキャラクターセトレン- 預言者、フォモリアンのバロの妻クリドナ[8] – バンシーズの女王、時には愛と美しさの女神、そしてコーク郡の後援者クロクル- エオチュ・フェイドルチの娘、ルガイドの母と叔母、祖母、祖母、祖母、ルガイドの息子クリムタン・ニア・ニールの母ダランド(ダヌ) – デルバエスの娘、ブライアン、イウチャル、イウチャルの母デヒテレ- コンチョバー・マック・ネッサの妹、クー・チュランの母ディアドレ- アイルランドの伝説の中で最も悲劇的なヒロインとおそらく現代で最も有名な人物エルンマス- アイルランドの母の女神、エリュー、バンバ、フォドラの名を冠した母親、そして戦争の女神バド、マチャ、モリガンなどエテイン- トフマルク・エテインのヒロインエスニウ(エスリュウ) – フォモリアンの指導者バロの娘とLughの母Fand – かつて海鳥の形で現れた別世界の女性、マナナンの妻フィナベア[9] – アイリル王とメドブ女王の娘で、戦いで何百人もの死者を出す並外れた美しさフィングアラ- トゥアサ・デ・ダナンのリルの娘、ライグレンの結婚によって救われるまで900年間白鳥であることを継母に呪われたフリダイス- 牛と生殖能力の女神、ハイキングアダメアの妻フアムナッハ- ミディアルの最初の妻とトゥアタ・デ・ダナンの魔女、魔法使いドルイド・ブレサル・エタラームの里子グラインヌ- コーマック・マック・エアトの娘、フィオン・マック・クムハイルの婚約者、その後フィオンの戦士ディアムイド・ウア・ドゥイブネの婚約者グリアン- 郡リムリックとCnoc Greine(「太陽の丘」)に関連付けられているキリスト教以前の女神は、ノッカニーから7マイルに位置しています。彼女の名前は単に「太陽」を意味するリ・バン- 別世界の女性、Fandの妹、かつては海鳥として登場し、アイド・アブラットの娘マチャ- アルスター州、特にナバンフォートとアーマーのサイト、3人の姉妹の一人「3人のモリーニャ」に関連する主権の女神。彼女は土地、生殖能力、主権、戦争と馬に関連付けされています。Medb(メドブ・レターグ、「メーヴ」) – コナハトの女王、強い意志、野心的、狡猾で無差別な、主権の女神の現れであると信じられている考古学的な戦士の女王メス・ブアッハラ- ハイキング・コネア・モアの母モンゲド- サムハイン、ハイキングエオチャイド・ムグメドンの妻と彼の長男の3人の息子の母親、クリムタンマックフィダイグの妹に崇拝された異教徒アイルランドの女神モリガン、(「偉大な女王」)バドブ(「カラス」)&ネマン(「バトル狂乱」)は、主権と戦争の姉妹の女神でもあります。彼らは戦いで死、運命または勝利を予言し、付与することができます。時にはモリガンは、1つの女神に組み合わされた3つすべての名前です。カラス、3匹のカラス、牛、オオカミやウナギとして現れることができます。ムル・ムマン(ムゲン) – 特にミュンスターの女王であり、王アエド・ベンナンの娘であるエオガナハハタの、州のユーヒー化された母の女神と主権の女神ムイレン・ムンカエム- フィオン・マック・クムハイルの母[10]ナイアム- 300年間若者の国であるティル・ナ・ノグの彼女の領域で彼女と一緒に暮らすためにオイシンを運び去った別世界の女性プロル・ナ・ムバン- オイシンとナイアムの美しい娘サドブ- フィオン・マック・クムハイルによるオイシンの母で、フィオンとの一緒の前後に生き、ドエとして呪われたTailtiu – スペインの王の娘とエオチャイド・マック・アイルクの妻、Lughの養母トラヒトガ- アーチドルイドマグルイスの娘、強力なドルイドウイルネ- ムレンの妹[10]ゴーリッシュとブリトニックの神々ガウリッシュ・ケルト人は、現代のフランス、スイス、ドイツ南部、西部、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、イタリア北部に対応する地域に住んでいました。ブリトニック・ケルト人、または英国人はイギリスの島の大部分に居住し、後にブルターニュに移住しました。男性アバンディヌス- ケンブリッジシャーの地元の神アベリオ- おそらくリンゴの木と接続された神アエレダ- ガリラヤ蛇の神[11]アアウヌス- 癒しと預言の神。アリザノス(アリザウヌス) – 山の神[12]アラス- 農業神[13]アンビサグルス、雷と稲妻の神、祖先神、空神、風の神、雨とあられ[14]アンディス- ピレネー山脈のガリラヤ神[11]アンコウ- 死の神アポロ・クノマグルス- ハンター神[9]アポログランヌス- 癒しの神[9]アリクサス- ピレネー山脈のガリラヤ神[11]アルペニヌス- ピレネー山脈のガリラヤ神[11]アルタヘ(アルテヘ) – クマに関連するガリラヤのプロテクター神アテポマルス- ガリラヤ馬の神ベダイウス- 海の神[15]ベラトゥカドロス- 戦争の神ベレヌス- 癒しの神。ベルギムス- 高地と山の神[16]ボルボ- ミネラルと癒しの神ブラセヌス- トランプリーニのヴィリカスの家に碑文が捧げられています[13]カレトース- 群れの神[17]カトゥーリクス- ヘルヴェティ族の戦争神セルヌノス- 動物と裏社会の神。シッソニウス- 貿易の神[18]火星クナベティウス- 戦争の神[19]コンダティス- 川の合流の神クスラヌス-木星に関連する神[13]デウス・ラティス- 役割が不明なブリトニック神デウス・デュカヴァヴィウス- 川の神[16]デウス・オレバイウス-セメネラムの碑文が捧げられた少し知られた神[16]ドーミナス- 温泉の神[16]インタラバス- トレヴェリの人々の神エルディテ- 唯一の碑文によって知られているマイナーな神[20]エサス(ヘスス)(おそらく)植生の神グラニス- 癒しの春に関連する地元の神ゴバンヌス(ゴバンノス、コバンヌス) – スミス神アロヌス- 牧草地の神イハムナガラ・スクンナガラ- 碑文がガイウス・オクタヴィアン・キャピトンによって捧げられた神[16]木星フェルヴェニス- 空の神[16]レノ- レランの守護神[21]ロイセティオス(ロイセティウス) – 雷の神マポノス(マポヌス) – 若者の神マトゥヌス- クマの神モッカス- イノシシと豚のプロテクターモリタス -ヒーラーの神ムロ- アポロに関連付けられているネマウサス-ニームで崇拝された神ニスクス- 海の神Nodens(ヌード、ノドン) – 癒しの神、海、狩猟や犬オグミオス- 雄弁の神パロンヌス-ブリクシアでの奉納の神が捧げられた[16]ルディオバス(ルドビウス) – 戦争神スメルトリオス(スメルティオス、スメルトリウス) – 戦争の神スセルス(スセロス) – 農業とワインの神タラニス(タラヌス) – 雷の神トゥータティス(カトゥーリクス、チューターテス) – 部族のプロテクターの神トリダモス- 牛のトリクレーションと豊富さウクエティス- 鍛冶屋の神ヴァシオ- おそらくヴァイソン・ラ・ロメインの守護神ヴェラウヌス(ベラウヌス) – おそらく死と暗黒の祖先の神ヴェルノストスノス- ブリトニック神、おそらく戦士や船の神ヴィンドンヌス-ベレヌスのエピソードヴィトヌス- 彼の名前は「ブドウの神」を意味するかもしれませんヴィリディオス(ヴィリディウス) – おそらく植物の神ヴィロティス-アポロのエピソードヴィスシウス- 貿易のガロローマの神ヴィツカドルス- エネルギーで輝く神[17]ヴォージュ山脈の神、ヴォージュ女性アシオンナ- 川の女神[8]アサグソナ- 暗黒世界と魔法の女神[22]アズッラータ- サヴバラダ川の女神アエリキュラ- 母の女神[23]アエロン- 戦争と虐殺の女神、ウェールズの家庭教師の川の精神アランテドバ- 農業の女神[13]アンカムナ- モーゼル川の女神アンカスタ- イッチェン川の女神アンドアルタ- 戦争の女神アンドラステ- 勝利の女神アネア・クリヴァーナ- 霊に関連する保護の女神アルドゥインナ-アルデンヌの森の女神アルネメティア(アルナメンティア) – 水の女神アルティオ- クマの女神アクソンナ- アイズネ川の女神[24]バエセルタ- ピレネー山脈の女神[11]ベリサマ- 湖や川、火、工芸品や光の女神Bergusia – goddess of prosperityBormana – goddess of minerals and spring waterBricta (Brixta) – a Gaulish water goddess, consort of LuxoviusCailleach – the Scottish hag; creator, destroyer, and oldest ancestorCarlin – another name for the Cailleach or hagCarpundia – a river goddess[8]Cathubodua – a goddess of warCaticatona – a water goddess[25]Clota – matron goddess of the River ClydeClutoida – a river goddess[8]Coinchend – a female warrior from the OtherworldCoventina – goddess of wells and springsDamara – a fertility goddessDamona – consort of Apollo Borvo and of Apollo Moritasgus, a goddess of healing, fertility, and incubationDea Latis – a goddess of bogs and pools[21]Dea Matrona – “divine mother goddess” and goddess of the River Marne in GaulDea Sequana – goddess of the River SeineDeae Vediantiae – mother goddesses[26]Dervonnae – mother goddesses[27]Dibǒnā – a fountain goddess[28]Divona (Devona) – a Gallic goddess of a sacred spring used by the city of Burdigala as a water sourceドミネ- 母の女神[16]エポナ- 不妊治療の女神、馬のプロテクターエレクラ(アエラクラ) – 地球の女神[8]フェミナエ- 母の女神[16]ゴブリグ- 井戸と泉の女神[29]ハベトロット- 回転と癒しのブリトニック民俗的な人物、後にユーヒー化ヘンウェン- 種まきの女神エレクラ- 死と生殖能力の女神ヒストリア- 土地のガリラヤの女神[16]イカウヌス(イカウナ) – 川の女神イコビエッラナ- 神聖な春の女神イマナ- よく女神[30]インシオナ- トレベランの人々の女神レリーナ- レランの守護の女神リタビス- 地球の女神マイアバス-マイアと同様の役割を持つガリラヤの女神[31]マトロネー・デルヴォンネ- 母の女神[26]Matronae Vediantiae – mother goddesses[26]Maximia – fountain goddess[32]Melusine – an otherworldly figure associated with mermaid loreNantosuelta – goddess of nature, the earth, fire, and fertility in GaulNatae – goddesses whose roles are unknown[16]Niskai – water sprites[27]Ricagambeda – her name may mean “furrow”Ritona (Pritona) – a goddess of the Treveri peopleRosmerta – goddess of fertility and abundanceSabrina – goddess of the River SevernSeixomniai Leuciticai – a Celtic goddess, equated with Diana[16]Senua (Senuna) – an older Brythonic goddess of sacred springsSequana – goddess of the River SeineSirona – a goddess associated with healing springsSueta – a goddess of hot springs[16]Suleviae – a triune version of SulisSulis – goddess of the healing waters at Bath, EnglandTamesis – goddess of the River ThamesVeica Noriceia – a war goddess[16]Verbeia – goddess of the River WharfeVesunna – a goddess who gave her name to the town Vesona, now in France[8]Vibes – a goddess attested in Noricum[15]ブリトニックな神々と文字ウェールズとコーニッシュは、現代のウェールズとコーンウォールに生息する英国人です (ウェールズ語: Cymru).アングロサクソンがイギリスに侵攻した後、多くのブリトニック地域はアングロサクソンの影響下に入った。しかし、ウェールズでは、ブリトニックケルトの宗教はほとんど保持されていました。多くのウェールズ神話、特にコーニッシュ神話は後にキリスト教化されたので、彼らのキャラクターがもともと神、死者、または歴史上の人物であったかどうかを判断することは時々困難です。男性アファラッハ- ベリ・マウアの子孫とマボン・アプ・モドロンの父アマエトン- 農業の神アラウン(アラウェン) -アンヌンの別世界の領域の王アヴァロックベリ・マウア- 祖先の神ブラドゥッドベンディゲイドフラン(祝福されたブラン) – 英国の巨人と王シリドカルフチディラン・エイル・ドンエフニシエンユーロスウィッドギルフェトウィゴファノン(ゴバノン) – スミス神グヴェルン[9]グウィディオン- ウェールズ神話の魔術師、トリックスター、ヒーローグウィドノ・ガランヒルグウィン・アプ・ナッドハフガンリュッド・ロー・エラントリュルマボン- 文学者マロヴィッチ(マトルウチ))マナウィダンニシエン(日見・日米))プリデリピュイルタリアセンウリエンイスバダデン女性アグロナ- エア川の女神、そして戦争と虐殺の女神アリアントロード- 月と星の女神ブロードゥウェド- 春の女神ブランウェン- 愛と美の女神セリドウェン- 再生と変換の姿シグファ- プリデリの妻クレイディラッド- 花と愛の女神[引用が必要]クレイルウィ- 英国で最も美しい3人のメイドの一人、セリドウェンの娘ドングウェンハイファー – アーサーの姿モドロン、ウェールズ神話の人物、デア・マトロナの派生の可能性ニムエオルウェンライアンノンセルティベリア、ガラエシア、ルシタ語ケルト人は現代のポルトガルとスペインに住んでいた古代の人々でした。ルシタニとヴェトトンは文化的にケルト人だったと信じている人もいます。それにもかかわらず、彼らは少なくともケルトの影響を受けました。男性エルヌス[33]アエルンズ(デオ・アエルノ)[34]アエティオ[34]アラコ[34]アレス・ルシタニバンドゥア[35]ボルマニカス(ボルモ、ボルボ))ブリゴ(ブリゴス))カリオセクスカルネオ[34]セルヌノス- 生殖能力、生命、動物、そして裏社会の神。コヒュー[36]コスス(コスエ、コソ) [37]クルーガ[36]デオ・ドミノ・エンドヴェリコ[34]デオ・ドゥルベティコ[34]デオ・ネメデコ[38]デオ・パラマエコ[38]デオ・トゥリアコ(トゥラエオ)[38]エンドヴェリカス(エンドゥエリカス)[31]エノボリコ(インディビリス))エリアパス[39]イシバエオ[34]クアニキオ(クアンゲイオ、クアンゲイオ)[40]ルジュス[36]メルマアンディセオ[38]ピシオ[38]リュー[41]サラマ[42]セルス[43]タバリアエヌス[44]タブディコ[38]トンゴエナビアガストゥリアカスヴォルテアエセオ[45]ヴィスシアス[46]女性アシディアエ[34]アテギナ(アテチーナ)[33]ベセンクラ(ベセンクレー)- コミュニティとハウスプロテクター[34]ブロークネニアエ[34]コルUAE[34]コスネ[34]クルーエ(コルーギア))ディー・サンクタエ(ブルロブリゲンシ)[34]デイバ[45]エパネ(エポナ 、Iccona))エルビナ- 野生動物、狩猟、国内のセキュリティの女神[33]エルマエ[34]フラウエ・コニブリガ(フラウイエ・コニムブリガエ)[34]イルールベダ[47]ラチパエア(ラチビア、ラチベア)[33]ラネアナ(ラネアニス) – 泉と洪水の女神[33]ロサ[48]ルナ・オーガスタ[49]ミロブレ[38]ムニディス[33]ナビア(ナビア) – 多彩な女神[33]ニンフィス[38]オクリミラエ[38]レヴァ(ルア) – 水流の擬人化[50]トガ[33]トレバルナ[33]トレボパラトゥテラエ[38]ゲルマンとパノニアのケルトの神々ゲルマニアは北中央ヨーロッパをカバーする地理的地域でした。パンノニアは中央ヨーロッパの地域でした。男性アルビオヌスラトビウス[51]セダトゥス- 守護神女性アパデバ- 水の女神[18]シッソニア- 貿易の女神[18]ネハレンニア- 船員の女神ヴェスンナイリリアとモエシアンケルトの神々イリリアはバルカン半島の西部の地域です。男性アンディヌスボリア- 北風の神[16]木星オービアヌス[15]メレソカス[16]女性エイア- 癒しの女神、後にボナ・ディーに同化[16]トリタ- 健康の女神[52]ヴィーナス・アンソティカピクティッシュ・デ・スズピッツはスコットランドに住む古代の人々でした。女性クアシャグ[53]デヴァ[53]デュイブ[53]エイテアグ- スプライト[53]ガムナッハ[53]タヴァ(タサ) – 川の女神[53]ガラテヤの神々ガラテヤ人は、北中央アナトリア(現代のトルコ)に住んでいた古代の人々でした。男性スオリブロゲノス[54]テレスポラスゼウス・タヴィアーノス[55]》、分類別の神々《A0創造主(神ではない)A100— A199一般的に神々A101.最高の神A104.神々の作りA107.闇と光の神々(闇は悪と光を善と考えています)。A109.1.三重神A116.トリプレットの神々A111.1.神々の母A111.2.神々の父A117.5.神格化された死者の霊としての神々A131.動物の特徴を持つ神々A132.3.馬の神/女神A132.5.クマの神/女神A132.9.牛の神/女神A161.2.神々の王A177.1. デュペまたはトリックスターとしての神々A192.神々の死または逸脱A193.神々の復活A200— A299上の世界の神々A210.神々の空A220.太陽の神々A240.月の神々A250.星の神々A260.光の神々A270.夜明けの神々A280.天気の神々A281.嵐の神々A282.風の神々A284.雷の神々A287.雨の神々A300— A399暗黒の神々A310.死の世界の神A311.死者の指揮者A400— A499地球の神々(人間の球体)A400.地球の神々A401.母なる地球A405.自然の神々A410.地元の神々A411.炉と家庭の神々A415.一族または国家の神々A420.水の神々A430.植生の神々A431.肥沃の神々A435.木と森の神々A440.動物の神々A450.貿易と職業の神々A451.職人の神々A452.狩猟の神々A454.癒しの神々A460.抽象の神々 (また、Z110.擬人化された抽象化)A461.知恵の神々A463.運命の神々A463.1.運命,(人の運命を支配する女神)A464.正義の神々A465.神々の芸術A472.眠りの神々A473.富の神々A475.愛と欲望の神々A484.誓いの神々A485.戦争の神々A486.フューリーズ、(復讐の女神)A487.死の神々A490.地球の神々A491.トラベラーズの神A493.火の神々A500— A599デミゴッドと文化の英雄A502.男性の第4レースとして英雄やデミゴッド。A510.文化の英雄(デミゴッド)の起源。A515.1.1.双子の文化の英雄.A521.デュペやトリックスターとして文化の英雄.A531.文化の英雄(デミゴッド)はモンスターを克服します。》、エジプトの神《男性アケル- 地球と地平線の神[3]アムン– 創造神、テベの街の守護神、そして新王国時代のエジプトの優れた神[4]アンフール– 戦争と狩猟の神[5][6][7]アヌビス- 死者の神。死者を暗黒地の裁きの場所に運ぶアテン–アケナテンの治世における単一または一神教のアテニスト信仰システムの焦点となった太陽のディスク神[8]アタム- 創造神と太陽神、エニアドの最初の神[9]ベンヌ– サゴンとして描かれた太陽と創造神[10]ゲブ– 地球の神とエネアドのメンバー[11]幸せ–ナイル川の洪水の擬人化[12]ホルス– 主な神, 通常、ハヤブサとして、または人間の子供として示されています, 空とリンク, 太陽, 王の王座, 保護, そして、癒し.しばしばオシリスとイシスの息子であると言われます。 [13]ケプリ– 太陽の創造主の神, 多くの場合、Raの朝の形として扱われ、スカラベカブトムシによって表される[14]クナム(Khnemu)– ラム神、エレファンティネの守護神、ナイル川の洪水を制御し、神と人間に命を与えるために言われた[15] [16]コンス- 月の神、アムンとムートの息子[17]マーヘス(マヘス、ミホス) – ライオンの神、バステットの息子[18][19][6]モントゥ- 戦争と太陽の神、テベで崇拝[20]ネフェルタム– 時間の初めに太陽の神が昇った蓮の花の神。プタとセクメットの息子。 [21]ネムティ– ファルコン神,ミドルエジプトで崇拝,[22]大きな神々のためのフェリーマンとして神話に登場する[23]ネパー – 穀物の神[24]オシリス– 死と復活の神で、暗黒世界を支配し、植生、太陽の神、そして亡くなった魂を盛り上げます[25]プタ- 職人の神と創造神、メンフィスの守護神[26]Ra – 太陽の神セット- 砂漠と結びつけられた暴力、混沌、強さを特徴とするアンビバレントな神。オシリスの神話上の殺人者とホルスの敵だけでなく、王の支持者。 [27]シュウ– 風や空気の実施形態、エニアドのメンバー[28]ソベック– ワニの神,ファイユムとコム・オンボで崇拝[29]ソプドゥ– 空とエジプト東部の国境地域の神[30]トート- 月の神、書き込みと筆記者の神、そしてエルモポリスの守護神[31]ワジュウェル– ナイルデルタの地中海または湖の擬人化[32]女性アミュネット– アムンの女性のカウンターパートとオグドアドのメンバー[3]アヌケット– エジプト南部の辺境地域、特にナイル川の下の白内障の女神を身に着けている羽毛の頭飾り[33][7]バステ –猫やライオンとして表現される女神,ブバスティスの街のパトロネス, 悪からの保護とリンク[34]バット- エジプトの歴史の初期から牛の女神、最終的にハトホルに吸収[35]ハトホル(エジプト:ヘット・ハート) – 空、太陽、セクシュアリティと母性、音楽とダンス、異国の土地や物資、そして来世と結びついた最も重要な女神の一人。Raの目の多くの形態の一つ. [36]ハトメヒット- 魚の女神ヘケット– 出産で女性を守ると言われたカエルの女神[37]ヘサット– 母性牛の女神[38][39]イメンテ(アメンテ)–イシスとハトホルと密接に結びついた来世の女神[40][19]イシス- オシリスの妻とホルスの母は、船の儀式、母性、保護、魔法と結びついています。彼女はギリシャとローマの宗教の主要な神になりました. [41]マート– 真実、正義、秩序を擬人化した女神[42]メヒット- ライオンの女神[43]ミュート– アムンのコンソート, エーベで崇拝[44]ネイス– クリエイターとハンターの女神, ニーダーエジプトのサイス市の後援者[45]ネクベット(ネケビット) – ハゲタカの女神、アッパーエジプトの家庭的な神[46]ネフティス(エジプト:ネベット=ヘット) – イシスと並んでオシリスを悼んだセットのコンソーシアム、エニードのメンバー[47]ネピット– 穀物の女神, ネパーの女性のカウンターパート[48]ナット- 空の女神、エネアドのメンバー[49]パシェ –ベニ・ハサン周辺で主に崇拝されたライオンの女神[50]ルネヌテ– 農業の女神[51]サテ– エジプト南部の辺境地域の女神[52][6]セクメット- ライオンの女神, 破壊的と暴力的と病気を追い払うことができるの両方, 戦争でそれらを導いたファラオの保護者, PtahのコンソーシアムとRaの目の多くの形態の一つ. [53]テフナット– 水分の女神とエニアドのメンバー[54]ワジェット(ウアチット) – コブラの女神、下エジプトの宮切神[55]ウォスレット(エジプト:ウストレット) – テベの女神[56]男性と女性の両方のフォームアヌビス/アンプット– 死んだ者のエンバーミングとプロテクターの神/女神[57]ヘー – 無限大の擬人化とオグドアドのメンバー[58]ケック– カオスと闇の神だけでなく、原始の闇の概念であること。ケクの女性の形はカウケットとして知られています。Nu (Nun) – 世界が創造で出現した形のない水性障害の擬人化とオグドアドのメンバー[59]Ra (Re) – 創造と来世に関与するエジプトの太陽の神の第一人者。神々の神話の支配者、すべてのエジプト王の父、そしてヘリオポリスの守護神. [60]タテネン-古代エジプトの創造神話のカオスから出現する地球の最初のマウンドの擬人化[61]マイナーな神々男性Aani – プロテクター猿頭神[39]Aati – 死者の魂の42人の裁判官のうちの1人[39]アブアブは、エレファントの街で崇拝された可能性が高い光の初期のエジプトの神でした. [62]アムヘ- 危険な裏社会の神[63]アメンホテプ1世(アメンヘテプ1世) – 第18王朝の第二の王、神格[64]ハプのアメンホテプの息子-アメンホテプ3世の宮廷での筆記者と建築家、後に彼の知恵のために神格[63]アミュ・アア- 夜の2時間目にオシリスに同行する神[39]An-a-f – 死者の魂の42人の裁判官のうちの1人[39]アン・ヘテップf – 死者の魂の42人の裁判官のうちの1人[39]アン・ミュートf[39]アン・チャー・f[39]アンドジェティ(アネジティ、アネズティ) – アッパーエジプトの第9のノームの神[65]アニ- 祭りの神[39]アンチ- アッパーエジプトの鷹の神[16]アペデマク- ロウアーヌビアのいくつかのエジプト建てられた寺院に現れるヌビアの戦争のようなライオンの神[66]アペップ(アプピ) – 悪意のある混乱を擬人化し、毎晩暗黒の世界でRaと戦うために言われた蛇の神[67]アペシュ- カメの神[68]アピス-メンフィスで神として崇拝され、Ptahの現れとして見られる生きた雄牛[69]アレンスナフィス- グレコローマン時代にヌビアの下のエジプトの寺院に現れるヌビアの神[70]アスクレピウス-サッカラでエジプトで崇拝されたギリシャの神アッシュ-リビア砂漠の神とエジプトの西のオース[71]アステンヌ- トートに関連するヒヒの神。Ba – 生殖能力の神[19]バ・ラー[39]バール- 新王国の間にエジプトで崇拝シリアとカナンから空と嵐の神[72]バビ- セクシュアリティと攻撃性を特徴とするヒヒの神[73]バネブジーデット- ラム神、メンデス市の守護者[74]Ba-Pef – あまり知られていない裏社会の神。8時間目のラム頭神[75][76]Bes -背小病の神、小人として表され、出産における子供と女性を保護する上で特に重要[77]Buchis – テベ周辺の地域で崇拝された生きた雄牛の神とモントゥの現れ[78]デドゥン(デドウェン) – ヌビアから来たお香やその他の資源をエジプト人に提供すると言われたヌビアの神[79]デンウェン- 蛇とドラゴンの神[16]ジェブティ- ジェバの家庭教師の神[80]ジェファ- 豊かさの神[81]ディオニソス・オシリス- 生死の神。ドゥア- トイレタリーと衛生の神[19]ファ- 運命の神[39]フェットケット- ラの執事[6]ゲンゲンウェル- 生命力を含む天の卵を守った天体のガチョウ神[16]ハ- リビア砂漠の神とエジプトの西のオース[12]Ḥapy( 幸せ) -ホルスの息子[82]ハピー・ウェット- 天国のナイル川の神[39]ハーデデフ(ジェデフホル) – 神の業と考えられる本を書いたために死後に神格化されたクフ王の息子[16]ハルマチス(ホルエム・アケット) – スフィンクス神[39]ハルソムトゥス-エドフの子供の神[83]ハウルン- プロテクターと癒しの神、もともとカナン人の神[16]ヘカ(ハイキング) -魔法の擬人化[84]ヘネブ- 穀物の神[39]ヘンキセスイ-東風の神[39]ヘル・ク – トゥアットの第5師団の神[39]ヘリー・シャ・デュアット-トゥアットの畑を担当する裏社会の神[39]Heryshaf – Ram god worshipped at Herakleopolis Magna[85]Hu – Personification of the authority of the spoken word[86]Iah (Aah, Yah) – A moon god[87][19][6]イヒ(イフー) – ホルスとハトホルに生まれた子供の神、シストラムが生み出した音楽と喜びを表す[88] [19]イホテプ- 建築家とヴィジエからDjoserに、最終的にヒーラー神として神格化[89]ジュピター・アムン- エジプトのシワ・オアシスで崇拝されたローマ人の影響を受けた神[16]カゲムニ- 後に神格化されたカゲムニの指示を書いたスネフェルへのヴィジエ[16]ケエンティ・アメンティ(u)- ネクロポリス神[90][39]ケティ・ケラー[39]ケスフ-トゥアットの第10師団に槍を運ぶ神[39]カンテクタイ(カンテ・クタイ) -アトリビスで崇拝されたワニの神[16]Kherty – ネザーワールドの神、通常はラムとして描かれている[91]クネフ- ラムの創造神[19]マドゥリス- エジプトの寺院に現れた下ヌビアの太陽神[92]ミーエン- 裏社会を進むラのバーベキューを守る蛇の神[93]メシュトゥス(インセット) -ホルスの息子[82]ミン- 男らしさの神だけでなく、アフメドとキフトの都市と彼らの向こうの東砂漠[94]ムネヴィス- Raの現れとしてヘリオポリスで崇拝された生きた雄牛の神[95]ネファー・ホー – トートの息子[39]ネフェルホーテプ- ハトホルの息子[83]ネフェルタム(ネフェルテム) – アタムの一面であった香水の神が、後に別の神となった[16]ネヘブカウ- 保護蛇神[96]修道女- 原入水の神[97]パネブタウィ- 子供の神、ホルス長老の息子[6]ペトベ- 復讐の神[19]ピーテーゼ- ナイル川で溺れたピホールの兄弟、後に神格化[16]ピホル- ナイル川で溺れたピーテーゼの兄弟、後に神格化[16]プタホテプ- 知恵テキストの作家、後に神格化[16]Qebeḥsenuf (ケベセヌエフ) – ホルスの息子[82]ケブイ-北風の神[39]ラ・アテニ[39]ラḤerakhty – 彼はホルスと一緒に参加しているRaの形。Reshep – 新王国でエジプトの宗教に採用されたシリアの戦争神、ひげとアッパーエジプトの王冠で描かれた[98][99]サ- オリオン座の擬人化[16]セベグ- 惑星水星の擬人化[100]セビエーカー – 生殖と生殖能力のガーディアン神、彼はメロエ、クシュの主要な神だった[16]Sed – 王を守ったジャッカル神[16]シーカー -メンフィス・ネクロポリスの神と来世の一般的な[101]セケムス-トゥアット4時間の神[39]セパ- ヘビの咬傷から人々を守ったムカデの神[16]セペス- 木に住んでいた神[39]Sepṭu – 神を身に着けているひげを生やしたプルーム[99]セラピス- オシリスとアピスの特徴とギリシャの神々の特徴を融合させたプトレマイオス時代のグレコ・エジプトの神。彼女と同じように、エジプト国外のギリシャとローマの宗教に養子縁組されたイシスの夫。 [102]世田Ta -トゥアットの第4師団のミイラ化神[39]セチェ- 蛇の悪魔[39]セテム- 癒しの神[39]小屋- 危険と不幸から人々を救うために信じられている神[103]シェブイ- 南風の神シェズム- また、非難された魂を虐殺ワインと油プレスの神[104]Sia – 知覚の擬人化[105]Sopd – 東デルタの神[100]ソプデット(ソシス) – 星シリウスの擬人化、ソプドゥの母[16]Ṭuamutef(ドゥアムテフ) – ホルスの息子[82]トゥトゥ- グレコローマン時代の黙示録的な神[106]ウネグ/ウェネグ- 植物の神と宇宙秩序を維持するRaの息子[32][19]ウェネヌ- プロテクター神[16]ウェプパウェット- ジャッカル神、アズウトの守護神、戦争と来世に接続[107]ヤム- いくつかのエジプトのテキストに表示される海のシリアの神[108]女性アフティ- 悪意のあるカバの女神[109]アマツンタ- 海の女神[19]Ammit – 非難された魂を食い尽くした女神[110]アムン- 暗黒世界で死者の魂を歓迎した女神[19]アナト(アンタ) – 戦争と不妊治療の女神, もともとシリアから ,中王国でエジプトの宗教に入りました.したがって、エジプトでは、アスターテの姉妹であるReの娘。 [111][7][112]アンヘフタ-トゥアットの第9師団の一方の端を守る保護精神[39]アニト- アンドジェティの妻[19]アヌケ- 戦争の女神[16]Ảpet – A solar disc wearing goddess worshipped at Thebes[7]Astarte – A warrior goddess from Syria and Canaan who entered Egyptian religion in the New Kingdom[113]Ba’alat Gebal – A Canaanite goddess, patroness of the city of Byblos, adopted into Egyptian religion[114]Besna – Goddess of home security[19]Esna – A divine perch[16]Hatmehit – Fish goddess worshipped at Mendes[58]Hedetet – A minor scorpion goddess[115]Heptet – A knife holding goddess of death[39]Heret-Kau – A protector goddess who protected the souls of the dead in the afterlife[16]Hert-ketit-s – A lioness headed goddess in the eleventh division of Tuat[39]Hert-Nemmat-Set – A goddess in the eleventh division of Tuat who punishes the damned[39]Hert-sefu-s – A goddess in the eleventh division of Tuat[39]Heru-pa-kaut – A mother goddess with a fish on her head[39]Heset – Goddess of food and drink[16]Hetepes-Sekhus – A personification of the eye of Ra, also a cobra goddess[16]Iat – A goddess of milk and nursing[116]Iabet – Goddess of fertility and rebirth[16]Ipy – A mother goddess depicted as a hippopotamus[16]Ishtar – The East Semitic version of Astarte, occasionally mentioned in Egyptian texts[117]Iusaaset (Ausaas) – A female counterpart to Atum; a solar disc wearing goddess worshipped at Heliopolis[118][119]Iw – A creation goddess[16]Kebehut – Daughter of Anubis, goddess of freshness, she helps him in mummifying dead bodies[6][39][16]Ken – Goddess of love[19]Khefthernebes – A funerary deity[120]Mafdet – A predatory goddess said to destroy dangerous creatures[121]Mehit – A warrior lioness goddess originally from Nubia worshipped at Abydos, consort of Anhur[43][16]Matit – A funerary cat goddess who had a cult center at Thinis[122]Mehet-Weret – A celestial cow goddess[93][123]Menhit (Menhyt) – A solar lioness goddess who personified the brow of Ra[16]Meretseger – A cobra goddess who oversaw the Theban Necropolis[124]Meret – The goddess of music who established cosmic order[16]Meskhenet (Mesenet) – A goddess who presided over childbirth[18]Nakith – A goddess of the underworld[125]Naunet – female counterpart to NunNebethetepet – A female counterpart to Atum[21]Nebt-Ankhiu – A goddess of the underworld[126]Nebt-Khu – A goddess of the underworld[126]Nebt-Mat – A goddess of the underworld[126]Nebt-Setau – A goddess of the underworld[126]Nebt-Shat – A goddess of the underworld[126]Nebt-Shefshefet – A goddess of the underworld[126]Nefertari – The mother of Amenhotep I, deified[64]Nehmetawy – A minor goddess, the consort of Nehebu-Kau or Thoth[127]ペリカン- 死者の女神[100]ペリット- 暗黒の女神[128]ペシ- 暗黒の女神[128]ケレルティ[39]ケルヘット- 下エジプトの8つのノームの女神[39]ケテシュ(クシュ)- 新王国でエジプトの宗教に採用されたシリアとカナンからのセクシュアリティと神聖なエクスタシーの女神[129]ラエット・タウィ- Raに対する女性のカウンターパート[130]レヒット- 暗黒の女神[131]ルネネ- 幸運の女神[19]レンペット- 年を擬人化した女神[130]サト- 暗黒の女神[132]セフケート=アブウィ- 書き物と寺院図書館の女神[6]セヒス- 暗黒の女神[133]セカト・ホー – 牛の女神[100]セケト・メトゥ- 暗黒の女神[133]セレ- おそらくリビア出身のライオンの女神[16]セルケット- 癒しと保護のために呼び出されたサソリの女神[134]セセネット・クー – 暗黒世界の女神[135]セシャット- 筆記と記録の女神、筆記者として描かれている[136]シェマット・クー – 暗黒の女神[137]シェンタイェト- 未亡人の保護女神[16]シェンティ- 牛の女神[138]シェスメテ- ライオンの女神[103]ソプデット- 星シリウスの解述[139]スウェネット-アスワンに関連する女神[140]タビットジェット- マイナーサソリの女神[61]タ・センド=ネファート- ホルス長老の妻[39]タフナー – 女神を身に着けているハゲタカの頭飾り[141]タワレット(トーリス) – カバの女神、出産における女性の保護者[142][19]●テイト(テイエット) – 織りの女神[143][144]テメット- アタムに対する女性のカウンターパート[145]テムティース- 暗黒の女神[146]テネネット- 醸造の女神[16]ザマス- 裏社会の女神[146]サームティス- 運命、豊穣、収穫の女神[147]トメイ- 真実の女神[148]ジェネイェ -プロテクターの女神[16]ジェンマイト- ビールの女神[100]Unut – ヘビやハマとして表現された女神、エルモポリスの地域で崇拝[149]ウシット- 裏社会の女神[150]ウェセット- プロテクター蛇の女神[16]●和虫- 王を守った女神[151][152]男性または女性ヘジョテプ- 布と衣類の神[143]シャイ- 運命の擬人化[153]オブジェクトセミ- Tuatの第10分割で見つかった神化されたオブジェクト[39]あまり知られていない神々男性珠湖- 第五族の神[154]アビアクフ- ラムは神を向いた[154]アビ・アクḥetch-t – 死者の神[155]アビアクハ・ラー – 夜明けの歌の神[155]アビアクフ・サタ-f – 戦士の神[155]アビ・アフイ- 2つの蓮のセプターを持つ神[154]クワズミ・ベク- 死者の神[156]アビミハフ- ハープーンを持つ神[157]アミ・Ḥe-t-セルケット-カヘテップ-t – 神[157]アビミカル- 歌う猿の神[158]アビミkeḥau – 神[158]アビミ・ノートf – 蛇の神[156]アビミ・ネハツィフ- 神[157]アビミネター – 歌う神[157]Ảmi-Nu – A sky god[157]Ȧmi-Pe – A lion god[156]Ảmi-reţ – A god[157]Ảmi-seḥseḩ – A god[158]Ảmi-sekhet-f – A god of his domain[158]Ảmi-sepa-f – A god[158]Ảmi-suḥt-f – A god of the ninth Ảat[158]Ảmi-ta – A serpent god[158]Ảmi-ut – God of the ninth day of the month[156]Ảnmut-făbesh – A star god[159]Antywy – A god of the tenth nome of Upper Egypt[160] God of the sixth hour of night.[161]Ảri – The creative god[162]Ảri-em-ăua – God of the sixth hour of night[162]Ảri-en-ȧb-f – A blue eyed god[162]Ảri-ḥetch-f – A light god[162]Ảri-ren-f-tehesef – God of the tenth day of the month[162]Ảri-tchet-f – A god of the ninth day of the month[162]Ảrit-Ảmen – A god[162]Athpi – A god of dawn[163]Ati – A god[163]Ba – A ram god associated with virility[75]Ba-ảakhu-hā-f – A ram headed god[75]Ba-em-uār-ur – A god[75]Ba-ta – An ape god[75]Ba-tau – A god worshipped at Cynopolis[75]Ba-utcha-hāu-f – A ram-headed god[75]Ḥeb – A god[164]Ḥun-sāḥu – A god[165]Ḥutchai – The god of the west wind[164]Khenti-en-Sa-t – A star god[166]Khenti-heh-f – A knife-eyed god who guarded the tomb of Osiris[166]Khenti-ḥenthau – A god[166]Khenti-Ḥet Ȧnes – A god[166]Khenti-kha-t-ảnes – A knife-eyed god who guarded Osiris[166]Khenti-Khas – A god who protected noses of the dead[166]Maa-ảb-khenti-ảḥ-t-f – A god[167]Maa-ảtht-f – A god of the fourteenth Ảat[167]Maa-en-Rā – An ape doorkeeper god[167]Maa-f-ur – A god[167]Maa-ḥa-f – A ferry god[167]Maa-mer-f – God of the twenty-sixth day of the month[167]Men-t – A god[168]Meni – A god[168]Menu – A god of the fifth month[168]Menu-nesu-Ḩeru – A warrior bull god[168]Menu-qeṭ – God of the first Ảat[168]Meţ-en-Ảsảr – A serpent god[169]Meţ-ḥer – A god of the dead[169]Meṭes – 神[169]メツィエス- ドアキーパーの神[169]メツィエス・アン・シブ- トキの頭の神[169]Meṭesネシェン- 神[169]メツィ- タカ頭神[169]メツィーニ- 悪のカバの神[169]メツィウ・タ・フ- 神[169]ネブ- ガチョウの神[170]ネブ・シア- 夜明けの歌う神[170]ネブ・アンマフ- アン・アン・ザ・ボートを引き揚げた神[170]ネブ・アンク- 夜明けの歌う神[171]ネブ・アク・ト- ジャッカル・ゴッド[172]ネブ・ケペ=ケンティ=Ṭuat – マート神[173]ネブ・ヘルトタ- 星の神[173]ネブ・パト- 神[172]ネブ・セブ-t – 神[173]ネブ・ウアスト- パキットの船の神[172]ネブウン- 神[172]ネブユーザー – ラムヘッド神[172]ネブ・ウットチャット・ティ- 人間の足を持つ蛇の神[172]ネブティ- 神[170]ネケンハー – 恐ろしい神[145]ネーター – 蛇の神[168]ネセルティ- Ṭuatの神[168]ネターバー – 神[168]ネター・ネフェル- 神[174]ネター・ハー -ナイル神[174]ネター・カ=ケトケト- オシリスを守った神[174]ネターカー – 1000年の神[174]ネトリット・タメ- 斧の神[174]ネトリット-その後- 斧の神[174]セルク- 蛇の神[175]ウンンティ-存在の神[176]ウンタ -光神[176]アップ- 猿の神[177]アップハイ- 死者の神[177]アップシャトタウイ- 神[177]アップウアツ- 歌う神[177]ウピ・セケムティ- ジャッカルヘッド歌う神[177]アップトヘカ- エンチャント神[177]アップズスト- 光神[177]ウプ- 蛇シェムティの神[177]あなたの- 神[178]あなたのぞっとする(ウルルセット) – ボートの神[152]あなたのアット- ケルĀḥaの神[178]ユアヘカ-デンデラの神[152]あなたのヘンヘヌ- 水の神[152]ユアヘヌ- 水の神[152]あなたのkhert – 第二の騎乗のジャッカル神[152]あなたのマアティf – 神[152]あなたのメトゥḩer-ズインラットf – 神[152]あなたのpeḥti – ドアキーパーの神[152]あなたのpeḩui f – 神[152]ウルトゥュルス- 神[178]女性アビミ・ヘント・アート-エドフウの女神[157]エスミ・ペット・セシェム・ネテリット- 12人のトゥエリスの女神の一人[156]アビミ・ウルト- 牛の女神[156]ハイミ・ウッチャット・サクフ=アフテム- 12人のトゥエリスの女神の一人[156]カリミト=ケツィム- オシリスの復活を支援した女神[158]アビリット・シー・ウルト- 女神[158]アペルトラ- 歌う女神[68]アビリット・リャクフ- 星の女神[162]アビリティ- 女神[162]バ・ハティ- 女神[75]バイット・s-アバミウ・ヘ- 女神[75]Ḥebit – An air goddess[164]Hetemit – Goddess of destructionḤunit – Goddess of the twenty first day of the month[165]Ḥunit Pe – A tutelary goddess of Buto[165]Ḥunit urit – A tutelary goddess of Heliopolis[165]Ḥuntheth – A lioness goddess[165]Ḥurit urit – A goddess[165]Maa-ā – A singing god[167]Maa-neter-s – A singing goddess[167]Neb Ȧa-t (Nebt Ȧa-t) – A goddess[170]Neb Ȧa-t-Then (Nebt Ȧa-t-Then) – A goddess[170]Neb āāu (Nebt āāu) – A goddessNeb-ābui (Nebt-ābui) – A goddessNeb ȧkeb (Nebt ȧkeb) – A goddess[171]Neb Ȧnit (Nebt Ȧnit) – A goddess[171]Neb ảri-t-qerr-t (Nebt ȧri-t-qerr-t) – A goddess[171]Neb ảrit-tcheṭflu – Goddess who created reptiles[171]Neb ảs-ḥatt – A goddess[171]Neb ȧs-ur (Nebt ȧs-ur) – A goddess[171]Neb Ȧter (Nebt Ȧter-Meḥ) – A goddess[171]Neb ȧter-Shemā (Nebt ȧter-Shemā) – A goddess[171]Neb ảur (Nebt ảur) – A goddess of the river[170]Neb Aut (Neb-t Aut) – A goddess[170]Neb Bȧa-t (Nebt Bȧa-t) – A goddess[172]Neb ḥekau (Nebt ḥekau) – The goddess of spells[173]Neb ḥetep (Nebt ḥetep) – A crocodile goddess[173]Neb Khasa (Nebt Khasa) – A goddess[173]Neb Khebit (Nebt Khebit) – The goddess of Chemmis[173]Neb peḥti (Nebt peḥti) – A goddess[172]Neb Per-res (Nebt Per-res) – A goddess[172]Neb petti (Nebt petti) – A goddess[172]Neb Sa (Nebt Sa) – A goddess[173]Neb Sam (Nebt Sam) – A goddess[173]Neb sau-ta (Nebt sau-ta) – A goddess[173]Neb sebu (Nebt sebu) – A goddess[173]Neb Septi (Nebt Septi) – A goddess[173]Neb-t ȧakhu – A serpent goddess of dawn[170]Neb-t ȧnemit – A goddess of offerings[170]Neb-t ānkh – One of twelve goddesses who opened the gates of Ṭuat to Ảf[171]Neb-t ānkhiu – A goddess with two serpents[171]Neb-t Ảţu – A goddess[171]Neb-t au-t-ȧb – A cow goddess[170]Neb-t Kheper – A serpent goddess[173]Neb-t usha – Goddess of the eighth division of the Ṭuat[172]Neb Un (Nebt Un) – A goddess[172]Nebt Ānnu – A goddess[171]Neterit-nekhenit-Rā – A singing goddess in Ṭuat[174]Un-baiusit (Unt-baiusit) – A goddess[176]Unnit – A goddess[176]Unnuit – A goddess[176]Upit – A serpent goddess[177]Ur-ā – A goddess[152]Urit – A goddess[178]Urit-ȧmi-t-Ṭuat – A goddess of escorting Ra[178]Urit-em-sekhemu-s – Goddess of the fourth hour[152]Urit-en-kru – A lioness headed hippopatomus goddess[152]Urit-ḥekau – Goddess of Upper Egypt[178]Urti-ḥethati – Goddess of Ánu[152]Male or femaleMedjed – A minor god from the Book of the Dead. “[179]Neb au-t-ȧb – A god or goddess in the Ṭuat[170] (needs additional citation for verification)Netrit fent – An axe god or goddess[168] (needs additional citation for verification)Groups of deitiesThe Aai – 3 guardian deities in the ninth division of Tuat; they are Ab-ta, Anhefta, and Ermen-ta[39]The Cavern deities – Many underworld deities charged with punishing the damned souls by beheading and devouring them.[180]The Ennead – An extended family of nine deities produced by Atum during the creation of the world. The Ennead usually consisted of Atum, his children Shu and Tefnut, their children Geb and Nut, and their children Osiris, Isis, Set, and Nephthys.[181]The Theban Triad consisted of Amun, his consort Mut and their son Khonsu.The four sons of Horus – Four gods who protected the mummified body, particularly the internal organs in canopic jars.[182]The Gate deities – Many dangerous guardian deities at the gates of the underworld (flanked by divine Doorkeepers and Heralds), to be ingratiated by spells and knowing their names.[183]The Hemsut (or Hemuset) – Protective goddesses of Fate, destiny, and of the creation sprung from the primordial abyss; daughters of Ptah, linked to the concept of ka[184][185]The Her-Hequi – 4 deities in the fifth division of Tuat[39]日の神の時間 – 一日の各時間の12神の実施形態:部分的に主要な神々(第1:マートとネニト、 2位:胡とラ・エムヌ、第4回:エシュピ・カ、第5回:ネスビットとアグリット、6位:アハイト、7位:ホルスとネカイトまたはネカイト、8位:クンセンスとケプリト、9位:ネテン・ハー・ネッチ・ハーとアスト・エム・ネプト・アンク 11日:アマン、そして部分的にあまり知られていないもの(12日:「黄昏の中で保護を与える者」)。 [186]夜の神々の時間 – 彼らの頭の上に5つの尖った星を身に着けて、夜の各時間の12の女神。ネブ・テヘンとネブ・トゥ・ヘル、夜の1時間目の神と女神、アピスまたはヘップ(参考)とサリット・ネブ・ス、 夜の2時間目の神と女神、M’k-neb-set、夜の3時間目の女神、Aa-t-shefitまたはウリット・シェフィット、夜の4時間目の女神、ヘルヘリ・ウアッチャフとネブ[t]アンク、神と女神 アリ・エム・アウア(神)またはウバ・エム・トゥ・フとメスペリット、ネブ・ト・シェクタまたはネブ・ト・チェザー、神と夜の6時間目の女神、 ヘル・エム・サウ・アブとヘリット・トゥ・チャチャア、夜の7時間目の神と女神、バ・ペフィとアンク・エム・ネザー・トゥまたはメリット・ネザー・トゥ、夜の8時間目の神と女神、アン・ミュート・フとネブ・トは送られた9時間の女神、9時間の神と女神 アセットまたはネブネネルとM’k-neb-set、夜の10時間目の神と女神、ウバエムトゥフとケセフケミットまたはM’kheskmit、11時間目の神と女神、ケペラとマーネフェルト・ラー、12時間の神と神。 [186]マートの42人の裁判官– 来世で死者の魂を裁いたオシリスを含む42の神々クネミウ – 4 つの神々は、トゥアットの第 11 部門で赤い冠を身に着けている[39]オグドアド– 創造前に存在していた混乱を擬人化した8つの神々のセット。オグドアドは、一般的にアムン-アムネット、 Nu – ナウネット、 ヘ –ハウヘット、ケク – カウケットから成り立った。 [187]レンニウ – 4 チュージの神々 テュアットの第 11 部門[39]テュート11区で白い王冠を身に着けているセテニウ・テップ4人の神々[39]ペとネケンの魂- 上下エジプトの先王朝の支配者を擬人化する神々のセット。 [188]12トエリスの女神[156]》、神々と見なされた人《ファラオ天皇中国皇帝ローマ皇帝ナチェスの支配者ザ サイレンドラマジャパヒット王ダライ・ラマスインカ皇帝ネパール王死後の解毒[編集]第2回:アポテオシス誰がギルガ メッシュイホテプディド・カルタゴホーマーロムルスとレムス仏陀ピタゴラス・サモスヘファイションアレキサンダー大王アンティヌスマリア、イエスの母グアン・ユーアリタンゴアンコン菅原道真アル=ハキム・ビアムル・アッラー徳川家康胡天宝ゴーチト・ギルジョージ・ワシントン大塚寛一マリア・フランチェスカ・コズウォフスカL.L.ザメンホフホセ・リサールウォレス・ファード・ムハンマドマザーテレサジョン・コルトレーン不本意な委任[編集]誰がウゼールアンティオコス2世使徒パウロとバルナバマスター清水鄭ヘクマリジョン・ニコルソンジドゥ クリシュナムルティハイレ・セラシエ1メアリー・ベイカー・エディフィリップ・ド・エディンバラチャールズ(プリンス・オブ・ウェールズ)ラビ・メナケム・メンデル・シュニールソンラージ・パテル自己のデフィケーション[編集]メイン記事:自己の統一詳細については、マイトレヤ請求者、仏陀の請求者、メシアの請求者誰がナラム・シンシュルギアマル・シンシュシンエンペドクレスファルナヴァズ1アンティオコス4世エピファネスアンティオコス1ナザレのイエスサイモン・マグスヴェレダイスマイルIダニラ・フィリポヴィッチコンドラティ・セリヴァノフガンシャム・パンディーホン・シウクアンディオス・ブハウィ神父ターヘル・アイフディンルー・ド・パリングボアエホバ・ワンヨンイサティヤ サイ ババヤーウェ・ベン・ヤフウェ又吉光夫メハー ババ三田ジム・ジョーンズヴィッサリオンフランソワ・デュヴァリエニルマラ スリヴァスタヴァフランシスコ・マシアス・ヌグマアポロ・キボロイジョセフ・コニー大川龍穂》、エトルリア神話《AchlaeAchvizr, Achuvesr, Achuvizr, AchviztrAita, EitaAlpanu, Alpan, AlpnuAminthAniApulu, ApluApruArilAritimi, ArtumesAthrpaCaluCatha, Cavtha, CathCelCrapstiCulsansEnieErisErusEsplaceEthausva, EthEuturpa, EuterpeFeroniaFuflunsHortaIlithiiaLaranLasaLasa VecuviaLeinthLetham, Lethns, Letha, Lethms, LetaLetunMalavischManiaMantusMariśMean, MeanpeMenerva, MenrvaMunthukhNethunsNortiaOrcusPachaPemphetruPhersipnai, Phersipnei, Persipnei, ProserpnaiPhersuPrumatheRathSatreSelvansSethlansSummanusSvutafTecumThalna, Thalana, TalnaThanrThesanThetlvmthThuflthaTinia, Tina, TinTiur, Tivr, TivTlusc, Tluscv, Mar TluscTuranTurms, TurmśTurnuTV[?]thUniUsilVeaVeltha, Velthume, Vethune, VeltuneVeiove, Veive, VetisVesunaZereneDeified mortals[edit]NameCalaniceCasturCatmiteHercle, Hercele, Herecele, Herkle, HrclePultuce, Pulutuce, Pulutuke, PultukeRathmtrTinas cliniarSpirits, demons, and other creatures[edit]NameAuluntheBegoë, VegoiaCalainaCelsclanChaluchasuCharun, CharuChelphunCulsuEvanHathnaIynxMan, ManiMetusPecse, PakstePuaneaSimeThevruminesTuchulchaTusnaVanthVecu, Vecui, Vecuvia, VegoiaPlaces[edit]NameAchrum, AcharumHipeceTruia, TruialsMortals[edit]NameAchle, AchileAchmemrunAivas Tlamunus, Aivas VilatesAlchumenaAlcstei, AlcstiAlichsantre, Alechsantre, Alcsentre, Elchsntre, Elachśantre, Elachśntre, ElcsteAlthaiaAmuce, Amuche, AmukeAreathaAtaiunAtlenta, AtlntaAtmiteAtunisAturmicaCapne, KapneCaśntraCercaCilensCluthumustha, ClutmstaCrisithaEasun, Heasun, HeiasunEcapaEcturElinei, Elinai, ElinaEpiur, EpeurErmaniaEtuleEvtucle, [Ev]thucleHamphiare, AmphareLatvaLunc, LncheMeleacrMemnum, MemrumMenleMetaia, Metua, MetviaMlacuchNesturPalmithe, TalmithePantasila, PentasilaPatruclePava TarchiesPelePerse, PhersePhaun, Faun, PhamuPhuinisPhulsphnaPrisisPriumneSemlaSispe, SispheTagesTaitleTarchiesTarchonTechrsTelmun, Tlamun, Talmun, TlamuTeriasals, TeriasaTheseThethisTuntleTuteTyrrhenusUrpheUrustheUthsteVelparunVikareVile, Vilae》、地球の神々《アフリカ神話ボノ神話アサセ・ヤ、地球の女神、農場、そして生殖能力エジプト神話ゲブ、地球の神、植生、地震、ヘビイボ神話アラ、地球のアルシ、道徳、生殖能力、創造性ヨルバ神話ババル=アエ、地球のオリシャ、癒し、天然痘、高齢者への敬意ヨーロッパ神話バルト神話ジェミナ、地球の女神ケルト神話ドナウ、地球の古代の女神エトルリア神話セル、地球の女神フィンランド神話アッカ、地球の女神グルジア神話ミンドール=バトーニ、山の神ゲルマン神話ネルサス、地球の女神ギリシャ神話デメーター、収穫の女神、神聖な法則、そして地球ガイア、地球のタイタンの女神北欧神話ヨルズ、地球の女神スカジ、山と冬の女神地球の女神、シフローマ神話セレス、収穫、母性、そして地球の女神テラ、地球の女神スラブ神話マット・ゼムリャ、古代の地球の女神モコシュ、生殖能力、水分、女性、地球、そして死の女神小地、裏社会、水、地球、富、牛の角の神アジア神話アイヌ神話シカプカムイ、フクロウと地球の神アナトリア神話サイベレ、地球の母の女神中国神話地球の女神、フートゥトゥディゴン、地球の地元の神ゴンディ神話ビヴセンまたはビマル、地球の神プム、地球の女神と人類の母ヒッタイト神話サルマ、山の神ウベルリス、彼の肩に世界を負担する山の神ヒンドゥー神話プミ、地球の女神プリトヴィ、地球の女神明大神話レイマレル・シダビ、地球の女神、創造、自然、そして家庭シュメール神話キ、地球の女神ニンフルサグ、地球の母の女神、豊穣、山、支配者タイ神話プラ・メー・ソラニ、悪魔が仏を攻撃するのを止めた地球の女神トルコ神話エトゥーゲン・エケ、地球の女神アメリカ神話アステカ神話体が世界を創り出した地球神、トラルテクトリハウデノサウニー神話世界を担うカメ、ハ・ヌノ。ラコタ神話真真空、地球の女神インカ神話アプ、山の神ママ・パチャ、地球の女神オセアニア神話ハワイ神話パパハーナウモク、地球の女神マオリ神話パパ、地球の女神》、ゲルマンの神々《Alcis (Latinized Germanic)Baldr (Old Norse), Bældæg (Old English)Bragi (Old Norse)Dellingr (Old Norse)Forseti (Old Norse)Freyr (Old Norse), Frea (Old English), Yngvi (Old Norse), Ing (Old English)Heimdallr (Old Norse)Hermóðr (Old Norse), Heremod (Old English)Höðr (Old Norse)Hœnir (Old Norse)Lóðurr (Old Norse)Loki (Old Norse)Móði and Magni (Old Norse)Máni (Old Norse)Mímir (Old Norse)Meili (Old Norse)Njörðr (Old Norse)Odin: Óðinn (North Germanic), Wōden (West Germanic), Wōðanaz (Proto-Germanic) (see List of names of Odin for more)Óðr (Old Norse)Saxnōt (Old Saxon), Seaxnet, Seaxnēat, Saxnat (Old English)Thor: Þórr (North Germanic), Þunor (Old English), Thunaer (Old Saxon), Donar (Southern Germanic areas)Tuisto (Latinized Germanic)Týr (Old Norse), Tīw, Tīg (both Old English), Ziu (Old High German)Ullr (Old Norse)Váli (Old Norse)Viðarr (Old Norse)Vé (Old Norse)Vili (Old Norse)Goddesses[edit]NameBaduhenna (Latinized Germanic)Bil (Old Norse)Beyla (Old Norse)Eir (Old Norse)Ēostre (Old English)Freyja (Old Norse) (See List of names of Freyja for more)Frigg (Old Norse)Fulla (Old Norse)Gefjun (Old Norse)Gersemi (Old Norse)Gerðr (Old Norse)Gná (Old Norse)Gullveig (Old Norse)Haeva (Latinized Germanic)HariasaHlín (Old Norse)Hludana (Latinized Germanic)Hnoss (Old Norse)Hretha (Old English)Ilmr (Old Norse)Iðunn (Old Norse)Irpa (Old Norse)Lofn (Old Norse)Nanna (Old Norse)Nehalennia (Latinized Germanic)Nerthus (Latinized Germanic, from Proto-Germanic Nerthuz)Njörun (Old Norse)Rán (Old Norse)Rindr (Old Norse)Sága (Old Norse)Sandraudiga (Latinized Germanic)Sif (Old Norse)Sigyn (Old Norse)Sinthgunt (Old High German)Sjöfn (Old Norse)Skaði (Old Norse)Snotra (Old Norse)Sól (Old Norse), Sunna (Old High German)Syn (Old Norse)Tamfana (Latinized Germanic)Þrúðr (Old Norse)Þorgerðr Hölgabrúðr (Old Norse)Vár (Old Norse)Vör (Old Norse)Zisa》、ギリシャ神話の神々《アテーナーアプロディーテーアポローンアルテミスアレースゼウスデーメーテールヘスティアーヘーパイストスヘーラーヘルメースポセイドーンディオニューソスハーデースペルセポネーその他の神々[編集]名前アイオーンアイテールアシアーアスクレーピオスアステリアーアストライアーアストライオスアーテーアトラースアネモイアパイアーアパテーアムピトリーテーアリスタイオスアンテロースイーアペトスイーノーイーリスウーラノスウーレアーエイデュイアエイレイテュイアエウリュノメーエウリュビアーエーオースエニューオーエピメーテウスエルピスエリスエリーニュスエレボスエロースオイジュスオーケアノスオネイロスオピーオーンガイアカイロスカオスカベイロスカリスカリュプソーカローンキュクロープスキルケーグライアイグラウコスクラトスクレイオスクロノスクロノスケートーゲーラスケールコイオスザグレウスステュクスセレーネーゼーロスタウマースタナトスダプネーダミアータラッサタルタロステイアーディオーネーデイモステーテューステティステミステューポーンテュケーデュスノミアートリーアイトリートーンニーケーニュクスネメシスネーレウスパナケイアハルポクラテースハルモニアーパーンパンタソスパンディーアビアーピーエリスヒュギエイアヒュプノスヒュペリーオーンヒュメナイオスピリュラーピロテースプシューケープリアーポスブリトマルティスプルートスプレーイオネープローテウスプロメーテウスヘカテーヘスペリスヘスペロスヘーベーペーメーヘーメラーヘーリオスヘルマプロディートスポイベーポースポロスポタモイポボスホーラポルキュースマイアムネーモシュネーメーティスモイラモーモスモルペウスモロスレアーレートーニュンペー・その他の種族[編集]ニュンペー[編集]名前アルセイスオーケアニスオレイアスドリュアスナーイアスネーレーイスランパス》、ギリシャ神話の登場人物《あアルゴスのアーピスアーピス (ギリシア神話)アイアコス小アイアース大アイアースアイエーテースアイオリアーアイオロスアイギアレイアアイギアレウスアイギーナアイギストスアイギュプトス (ギリシア神話)アイグレーアイゲウスアイサコスアイシュムノスアイセーポスアイソーンアイタリデースアイテュラアイトラーアイトーロスアイネイアースアウゲイアースアウゲーアウテシオーンアウトノエーアウトメドゥーサアウトメドーンアウトリュコスアエトリオスアエードーンアーエロペーアカイメニデースアガウエーアガステネースアカストスアカーテースアガトーン (ギリシア神話)アガペーノールアカマースアガメムノーンアーキスアギス1世アキレウスアクシュロスアクタイオスアクタイオーンアグラウロスアグリオスアクリシオスアゲーノールアゲラーオスアザーン (ギリシア神話)アシオス (ギリシア神話)アスカニオスアスカラポスアステュアナクスアステュオケーアステュダメイアアーソーポスアタマースアダマースアタランテーアッサラコスアテュムニオスアドーニスアドメートスアドメーテーアドラーストスアトレウスアナクサゴラースアナクソーアニオスアパレウスアピサーオーンアプシュルトスアペイダースアペーモシュネーアミソーダロスアミュクラースアミュコスアミュターオーンアミューモーネーアミュントールアムピアラーオスアムピーオーンアムピクテュオーンアムピトリュオーンアムピノモスアムピメドーンアムピロコスアラクネーアリアドネーアリストデーモスアリストマコスアリスベーアルカイオス (ギリシア神話)アルカスアルカトオスアルキノオスアルキメデーアルキメドーンアルキモス (ギリシア神話)アルキュオネーアルクマイオーンアルクメーネーアルゲイアーアルゲイオスアルケシラーオスアルケースティスアルケプトレモス (ギリシア神話)アルケロコスアルタイアーアルタイメネースアレオスアレターオーンアローアダイアローエウスアロペーアンカイオスアンキアロスアンキーセースアンキノエーアンタイオスアンティオペーアンティクレイアアンティクロスアンティゴネーアンティノオスアンティパテースアンティポスアンティマコス (ギリシア神話)アンティロコスアンテーノールアンドライモーンアンドレウスアンドロゲオースアンドロマケーアンドロメダーアムピオスいイアーソーンイアムベーイアルメノスイーアシオーンイーオーイーカロスイードメネウスイーピノオスイオーンイオカステーイオバテースイオラーオスイオレーイーカリオスイクシーオーンイスキュスイーダイアーイーダイオスイーダースイタロスイドモーンイーノーイーピアナッサイーピクレースイーピクロスイーピゲネイアイーピスイーピダマースイーピノエーイプティーメーイムブリオスイユンクスイーリオネーイーリオネウスイリュリオスイーロスうウーカレゴーンえエーイオネウスエイデュイアエウリュダマースエウアイモーンエウアドネーエウアンドロスエウエーノスエウケーノールエウドーロスエウネーオスエウペーモスエウポリオーンエウポルボスエウメーロスエウリュアレーエウリュアロスエウリュキュダーエウリュクレイアエウリュサケースエウリュステウスエウリュステネス えエウリュテーエウリュディケー (アルゴス)エウリュトスエウリュノメーエウリュバテースエウリュビアーエウリュピュロスエウリュマコスエウリュメドーンエウローペーエウロータスエーレクトラーエキーオーンエケポーロスエケムモーンエケモスエテオクレースエテオクロスエテオーネウスエナレテーエパポスエピストロポスエペイオスエペイゲウスエーマティオーンエラトーエラトスエラレーエリクトニオスエリピューレーエリュクスエリュシクトーンエルギーノスエルペーノールエレクテウスエーレクトリュオーンエレペーノールエンデーイスエンデュミオーンエンノモスおオイアクスオイオーノスオイクレースオイディプースオイネウスオイノトロポイオイノピオーンオイノマオスオイバロスオイレウスオクシュロスオデュッセウスオトリュオネウスオトレーレーオネートールオペレステースオムパレーオーリーオーンオルコメノス (ギリシア神話)オルシロコスオルティロコスオルペウスオーレイテュイアオレステースかカイネウスカウノスカストールカッサンドラーカッシオペイアカドモスカトレウスカナケーガニュメーデースカパネウスカピュスカライスとゼーテースガラテイアカラノス (マケドニア王)ガランティスカリクローカリストーカリディケーカリュケーカリュドーン (ギリシア神話)カリュベーカリロエーカルカースカルキオペーカレシオスカレートールカロプスきキオネーキニュラースキュアニッポスキュクノスキュクレウスキュティッソーロスキューディッペーキュノルタスキュパリッソスキュララベースキュレーネーキューレーネーキラ (ギリシア神話)キリクスくクサントス (ギリシア神話)クスートスクティメネークトニオスグーネウスグラウコスクラナオスクリーソスクリューシッポス (ギリシア神話)クリューセーイスクリューセースクリューソテミスクリュタイムネーストラークリュティオスクリュメネークレイトス (ギリシア神話)クレウーサクレーテー (ギリシア神話)クレオーンクレオダイオスクレオパトラークレオビスとビトーンクレーテウスクレートーンクロアントスクローリスクロトーポスクロニオスけケーペウスケクロプスケストリーノスケーダリオーンケパロスケブリオネースケーユクスゲラーナゲラーノールゲーリュオーンケルキュオーンこコオーンコマイトーコメーテースゴルギュティオーンコルキューラゴルゲーゴルゴポネーゴルディアースコローニスさサラミースサルペードーンサルモーネウスしシーデーシーシュポスシニスシノーペーシノーンシモエイシオスすスカマンドリオススキュラスケイローンスケディオススティキオススティルベーステネボイアステネラースステネロスステュムパーロスステロペーステントールストラトニーケーストリューモースパルタ (ギリシア神話)せゼウクシッペーゼートスセメレーセルゲストゥスそソオスソーコスたダイダリオーンダイダロスタソスダナイデスダナエーダナオスダマシクトーンタミュリスタラオスダルダノスタルテュビオスタルピオスタロース (ギリシア神話)タンタロスてテアーノーデーイアネイラディーオス てディオスクーロイディオメーデーディオメーデースデーイオーンディクテュスデーイコオーンティーサメノスデーイダメイアティテュオスディードーティートーノスティーピュスデーイピュレーデーイピュロスデーイポボスデーイポンテースディルケーテイレシアースデウカリオーンテウクロステーセウステオクリュメノステオパネーテクメーッサテゲアーテーステスティオステストールテスピオステネーステミステーテミストーテーメノスデーモドコスデーモニーケーデーモポーンデーモレオーンテュエステーステューデウスデュマーステューモイテーステューローテュンダレオーステラモーンテルクシノエーテルサンドロステルシーテーステーレウステーレゴノステーレパッサテーレポステーレマコステーローとトアーストオーントオーテースドーロストクセウストモーロスドラキオストラシュメーデースドリオストリーテイアトリプトレモスドリュアーストレーポレモストローイロストロースドロプスドローン (ギリシア神話)なナウシカアーナウシトオスナウシノオスナウプリオスナルキッソスにニオベーニーキッペーニノスニュクティーモスニュクテウスニーレウスねネーレウス (ギリシア神話の英雄)ネオプトレモスネストールはパイアパイオーンパイドラーハイモーンハイモスバウキスとピレーモーンパエトーンパオーンパーシパエーバテイアパトロクロスパノペウスハライソスパラメーデースパリスハリテルセースパルテノパイオスハルパリオーンハルピンナハルモスパンダレオースパンダロスパンディーオーンパントオスパンドーラーひビアースピーエリスピーエロスヒエラーヒエロムネーメーヒケターオーンビサルテースピッテウスヒッペーヒッポコオーンヒッポダメイアヒッポティオーンヒッポテースヒッポトエーヒッポトオーンヒッポメネースヒッポリュテーヒッポリュトス (神話)ヒッポロコス (ギリシア神話)ピーネウスヒュアースヒュアキントスピュグマリオーンヒュプシピュレーヒュプセウスビュブリスヒュペレーノールヒュペルムネーストラーピュラーヒュラースピューライクメースピュライメネースピュラコスピューラモスとティスベーヒュリエウスピュリスヒュルネートーピューレウスヒュロスヒュロノメーピライオスピラムモーンピロイティオスピロクテーテースピロメーラーふブーコリオーンプサマテープシューケーブーシーリスブーテースプテレラーオスプトレマイオス (ギリシア神話)プラークシテアープリクソスブリーセーイスプリュリスプレウローン (ギリシア神話)プレギュアースプレスボーンプロイトスプロクネープロクリスプロクルーステースプロクレイアプロクレースプローテシラーオスプロトエーノールプロトオスプロートゲネイアプローナクスプロノエープロマコスへペイサンドロス (ギリシア神話)ペイシストラトス (ギリシア神話)ペイシディケーペイダスペイディッポスペイリトオスペイレーネーペイロオスヘカベーヘカメーデーヘクトールヘーシオネーペーダイオスペーダソスペーネレオースペーネロペーペーミオスペリアースペリエーレースヘリカーオーン へペリクリュメノスヘリケー (ギリシア神話)ペリパースペリペーテースペリボイアペリメーデーペリメーレーヘルセーペルセウスペルセースヘルミオネーヘレーヘレイオスペーレウスペレクロスペレースヘレネーヘレノスベレロポーンヘレーンペーローヘーローとレアンドロスベーロスペロプスペンテウスペンテシレイアほポイアースポイニクスポイベーポイマンドロス (ギリシア神話)ポーコスポダルケースポダレイリオスポリーテースポリュイードスポリュクセネーポリュクソーポリュデウケースポリュデクテースポリュドーラーポリュドーロスポリュネイケースポリュペイデースポリュペーモスポリュポイテースポリュボスポリュポンテースポリュメーデーポルキュースポルターオーンポルピュリオーンポローネウスまマイナロス (ギリシア神話)マイラ (ギリシア神話)マカーオーンマカリアーマカレウス (アイオロスの息子)マグネースマクリスマルペーッサマローン (ギリシア神話)マンティオスマントーみミーセーノスミダースミデア (ギリシア神話)ミニュアースミニュアデスミーノースミマースミュドーンミュラー (ギリシア神話の人物)むムネーステウスめメーデイアメーリオネースメガペンテースメガラーメーキステウスメゲースメーストールメーデシカステーメードスメトーペーメドーンメネスティオスメネステウスメネラーオスメノイケウスメノイティオスメムノーンメラースメラスメラニッペーメラニッポスメラムプースメランティオスメリケルテースメルメロスメレアグリデスメレアグロスメロペーメンテースメントール (ギリシア神話)もモプソスモリオネモロッソスらラーイオスラーエルテースラーオコオーンラーオダマースラーオダメイアラーオディケーラーオトエーラーオドコスラーオメドーンラケダイモーン (ギリシア神話)ラダマンテュスラティーヌスラピテースラブダコスラミアーラムポスりリカースリキュムニオスリビュエーリュカーオーンアルカディアのリュクールゴストラーキアのリュクールゴスリュコスリュコメーデースリューシアナッサリューシッペーリューシディケーリューシマケーリュンケウスリュンコスれレアルコスレーイトスレイペピレーレウキッポス (ギリシア神話)レウコーンレーオーデースレオンテウスレークセーノールレーソスレーダー (ギリシア神話)ろロイオーロドペー (ギリシア神話)》、ヒンドゥー教の神々《अअंशअग्निअच्युतअदितिअनलअनिलअनुमतिअनुराधाअपम नपतअम्मावरुअय्य वैकुंदरअय्यनारअय्यप्पअरण्यानिअरुंधतिअरुणअर्जुनअर्धनारीअर्यमनअश्लेषअश्विनीअसुरअस्तमतरअस्वायुजौआकाशआदिमूर्तिआपःआदित्यआदिशक्तिआर्द्रा (देवी)इइन्द्रइंद्राणीईशानईश्वरउउमाउषाकवर्गकण्किकमलात्मिकाकलाकश्यपकात्यायनीकामदेवकामाक्षीकार्तिकेयकालीकुबेरकृष्णखोडियार माताखंडोबागणेशगरुड़गायत्रीघनश्यामचवर्गचंद्रचामुंडाचित्रगुप्तछिन्नमस्ताजगद्धात्रिजगन्नाथज्योतिबानागार्जुनतारादेवीतिरुपति बालाजीथिमप्पातेजाजीत्रिपुरा शक्तित्रिपुरा सुंदरीदक्षदक्षायनिदत्तात्रेयदनुदशा मातादिक्पालदितिदुर्गादेवदेवीद्रौपदीधन्वंतरीधराधात्रिधूमावतीनंदिनीनंदीनटराजनयना देवीनागदेवतानागराजनारदनिर्रतनिर्रिथनूकंबिकानृसिंहपवर्गपरशुरामपरांजयपराशिवपशुपतिपार्वतीपुरुषपूषापृथ्वीप्रजापतिबगलाबगलामुखीबड़ी माताबलरामबुटभवानी माताबलाड माताबहुचरा माताबालवी माताबांका मुंडीबालाजीबीरलिंगेश्वरबुद्धबुद्धिबुधि पलिएनबृहस्पतिब्रह्माब्राह्मणीभगभद्राभरणीभवानीभारतीभीकिभुवनेश्वरीभूतमाताभूमिदेवीभूमियाभैरवभैरवीमणिकांतमदुरई वीरनमरिअम्मनअम्मामरुद्गणमहालसमहाविद्यामहाविष्णुमातंगीमातृकाएंमानसमित्र (देव)मीनाक्षीमीनुशमुतथप्पनमुत्यलाममुनिआंदिमुरुगनमूकंबिकामूक्यप्राणमोहिनीम्हासोबायवर्गयमराजयमीयुधिष्ठिरयेल्लम्मारंगनाथरतिरविरात्रिराधारामरामनाथरुद्ररेणुकारेवंतरोहिणीलक्ष्मणलक्ष्मीललितावरुणवसुवामनवायुवाराहविजय दुर्गाविठोबाविवस्वानविश्वकर्माविष्णुवीर म्हस्कोबावीर म्हस्कोबावीरभद्रवेंकटेश्वरवैष्णो देवीशवर्गशक्तिशाकम्भरीशक्तिपीठशांतदुर्गाशिवशीला देवीशेषश्रवणकुमारसतीसरण्युसरस्वतीसावित्रसावित्रीसीतासुब्रह्मण्यमसूर्यसोमस्कंदस्वामिनारायणस्वाहाहनुमानहरिब्रह्मा के स्वरूपप्रजापतिमण्डन मिश्रब्रह्मा के “मानसपुत्र “ब्रह्मा जी के १७ मानस पुत्र कहे जाते है:-मन से मारिचिनेत्र से अत्रिमुख से अंगिरसकान से पुलस्त्यनाभि से पुलहहाथ से कृतुत्वचा से भृगुप्राण से वशिषठअंगुषठ से दक्षछाया से कंदर्भगोद से नारदइच्छा से * सनक * सनन्दन * सनातन * सनतकुमारशरीर से मनुध्यान से चित्रगुप्तवायु के अवतारहनुमान – वायु पुत्रभीम – वायु पुत्रमाधवाचार्यवरुण के अवतारझुलेलाल – सिंधियों के भगवानशिव के स्वरूपमहादेवरुद्रावतारप्रजापतिखाँडोबाज्योतिबाभैरवहनुमाननटराजअर्धनारीहर्यर्धमूर्तिदक्षिणमूर्तिपशुपतिलिंगोद्भवमूर्तिभिक्षातनमूर्तिपस्तशिवपशुपतिआदि शंकराचार्यदेवी के रूपभवानीदुर्गानवदुर्गाशैलपुत्रीब्रह्मचारिणीकूष्मांडास्कंदमाताकात्यायनीमहागौरीकालरात्रिचंद्रघंटासिद्धिदात्रिनंदनीमता।नंदनीजगद्धात्रीपार्वतीशाकम्भरीशताक्षी देवीसतीशक्तिमातृकाएंमहाविद्या। दश महाविद्याकालीतारात्रिपुर सुंदरीभुवनेश्वरीभैरवीछिन्नमस्ताधूमावतीबगलामुखीमातंगीकमलालक्ष्मीअष्ट लक्ष्मीआदि-लक्ष्मीधन-लक्ष्मीधान्य-लक्ष्मीसंतान-लक्ष्मीविजय-लक्ष्मीविद्या-लक्ष्मीधैय-लक्ष्मीगज-लक्ष्मीश्रीभूदेवीअलक्ष्मीसरस्वतीगायत्रीसावित्रीशतरूपावाक्Patatoeशारदालक्ष्मी के “अवतार”सीतारुक्मिणीदुर्गाचंडनायिकाविष्णु के रूपवेंकटेश्वरतिरुपति बालाजीविट्ठल (पांडुरंग)रामकृष्णापरशुरामअवतारदशावतारमत्स्यकूर्मवाराहनृसिंहवामनपरशुरामरामकृष्णबुद्धकल्कि, जो कलि युग के अंत में अवतार लेंगे |चौबीस अवतारपुराणानुसार चौबीस अवतार कहे जाते हैं। इनका विवरण श्रीमद भगवद गीता में भि मिलता है।सनकादि ऋषि: (ब्रह्मा के चार पुत्र)नारदवाराहमत्स्ययज्ञ (श्री विष्णु कुछ काल के लिये इंद्र रूप में)नर-नारायणकपिलदत्तात्रेयहयग्रीवहंस पुराण। हंसपृष्णिगर्भऋषभदेवपृथुनृसिंहकूर्मधनवंतरीमोहिनीवामनपरशुरामरामव्यासकृष्णबुद्धकल्किइन्हें भी देखेंहिन्दू धर्म संबंधित लेखों की सूची》、インドネシアの神々《バリの主要記事:バリ神話とバリのヒンドゥー教アシンチャ- 最高の神バタラ・カラ- 裏社会の神デウィ・ドナウ- 湖の女神デウィ・ラティ- 月の女神デウィ・スリ- 米と繁栄の女神ローカル中国語チェン・フー・ジェン・レンは、東ジャワとバリで中国、ジャワ語、バリ語で崇拝されています。ゼハイジェンレンは、テガルの中国人、中央ジャワによって崇拝されています。ジャワ語バタラ・グル- ヒンズー教の神シヴァのアバターとカヒャンガンの支配者、啓示の神バタラ・サンブ- 教師の神バタラ・カラ- 裏社会の神デウィ・ランジャル- 北海を支配する女神デウィ・ラティ- 月の女神デウィ・スリ- 米と繁栄の女神ナイロキドゥル- 南海を支配する女神(インド洋))バタラ・バユ – 風の神コンバイリフハフ- 熱帯雨林の神モルカンハイヌウェレ- 野菜作物に起源を与える女神スンダ語ニャイ・ポハチ・サンヒャン・アスリ- 米と繁栄の女神スナン・アンブ- 母なる女神トラジャプアンマトゥア – 創造神ポン・バンガイ・ディ・ランテ – 地球の神インド・オンゴン-オンゴン – 地震の女神ポン・ラロンドング – 死の神インド・ベロ・トゥンバン – 医学の女神「も参照ヒャン、様々な神々と霊インドネシアのヒンズー教スンダ・ウィウィタンケジャワン》、日本の神話の神々《日本神話由来の神あ行あ青沼馬沼押比売神(あおぬまぬおしひめ)阿加流比売神(あかるひめ)飽咋之宇斯能神(あきぐいのうし) – 伊弉諾尊の冠から神になる秋比売神(あきびめ)秋山之下氷壮夫(あきやまのしたびおとこ)阿久斗比売(あくとびめ)悪樓(あくる)浅間大神(あさま):⇒木花之佐久夜毘売足柄之坂本神(あしがらのさかもと):坂の神 阿遅鉏高日子根神(あじすきたかひこね)- 農業、雷、不動産業の神葦那陀迦神(あしなだか) :「古事記」にみえる女神。足名稚命、脚摩乳命(あしなづち):⇒脚摩乳・手摩乳葦原色許男神(あしはらのしこお):⇒大国主阿須波神(あすは)阿曇大浜(あずみのおおはま):阿曇(あずみ)氏の祖吾田媛(あたひめ):⇒木花之佐久夜毘売熱田大神(あつた):⇒天叢雲剣(草薙剣)・三種の神器阿曇磯良(安曇磯良)(あづみのいそら)- 海の神姉倉比売神(あねくらひめ)穴戸神(あなと)沫那藝神(あはなぎ):⇒速秋津日子神参照沫那美神(あはなぎ):⇒速秋津日子神参照淡島神(あわしまのかみ)あま・あめ天知迦流美豆比売神(あましるかみづひめ)天津国玉神(あまつくにたま)天久米命(あまつくめ)天津彦根命、天津日子根命(あまつひこね)- 日の神、海の神、風の神天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(あまつひこひこなぎさたけうがやふきあえず):⇒鵜葺草葺不合天津日高日子番能迩迩芸命(あまつひこひこほのににぎ):⇒瓊瓊杵天津日高日子穂穂手見命(あまつひこひこほほでみ):⇒火遠理天津日高彦瓊瓊杵尊(あまつひたかひこににぎ):⇒瓊瓊杵天津日高彦火火出見尊(あまつひたかひこほほでみ):⇒火遠理天津麻羅(あまつまら)- 鍛冶の神天津甕星(あまつみかぼし)- 星の神天御虚空豊秋津根別(あまつみそらとよあきづねわけ):⇒国産み参照天照御魂神(あまてるみたま) :⇒天火明、天照大神、饒速日など諸説ある。天照大神(あまてらすおおみかみ)- 三貴子、太陽神天照大御神(あまてらすおおみかみ):⇒天照大神天照国照彦天火明櫛玉饒速日命 (あまてる くにてる ひこ あめのほあかり くしたま にぎはやひ):⇒饒速日天石門別神、天石戸別神(あまのいわとわけ)天活玉命(あめのいくたま)天宇受売命(あめのうずめ)- 芸能の女神天之忍男(あめのおしお):⇒知訶島天之忍許呂別(あめのおしころわけ):⇒国産み参照天忍日命(あめのおしひ)天之忍穂耳命(あめのおしほみみ)- 稲穂の神、農業神天之尾羽張神(あめのおはばり)天鏡尊(あめのかがみ)天迦久神(あめのかく):⇒天之尾羽張参照天香山命(あめのかぐやま)天香語山命(あめのかごやま):⇒天香山命天神玉命(あめのかむたま)天神櫛玉命(あめのかむくしたま)⇒天神玉命天之久比奢母智神(あめのくひざもち):⇒速秋津日子神参照天之闇戸神(あめのくらど):⇒大山津見神参照天児屋命(あめのこやね)- 託宣の神天之狭霧神(あめのさぎり):⇒大山津見神参照天探女(あめのさぐめ)天之狭土神(あめのさづち):⇒大山津見神参照天之狭手依比売(あめのさでよりひめ):⇒国産み参照所造天下大神(あめのしたつくらしし):⇒大国主天手力男神(あめのたぢからお)- 腕力・筋力を象徴する神天棚機姫神(あまのたなばたひめ)- 織機の神天之都度閇知泥神(あめのつどへちぬ)天之常立神(あめのとこたち)- 始源神、天空神天豊足柄姫命(あめのとよたらしからひめのみこと)天鳥船神(あめのとりふね):⇒鳥之石楠船神天苗加命(あめのなえますのみこと)天羽槌雄神(あめのはづちのお)天波与命(あめのはよ)天日照命(あめのひでり):⇒建比良鳥命天一根(あめのひとつね):⇒姫島 (大分県)天比登都柱(あめひとつはしら):⇒国産み参照天夷鳥命(あめのひなどり):⇒建比良鳥命天日腹大科度美神(あめのひばらおおしなどみ)天日鷲神(あめのひわし)- 豊漁、商工業繁栄、開運、開拓、殖産の守護神天之吹男神(あめのふきお):⇒家宅六神天両屋(あめふたや):⇒両児島天太玉命(あめのふとだま):⇒布刀玉命天之冬衣神(あめのふゆきぬ)天火明命(あめのほあかり)天之菩卑能命、天穂日神(あめのほひ)- 出雲国造の祖天目一箇神(あめのまひとつ)- 鍛冶の神天之御影神(あめのみかげ):⇒天目一箇神天之甕主神(あめのみかぬし)天之水分神(あめのみくまり):⇒水分神天御虚空豊秋津根別(あめのみそらとよあきつねわけ)天美津玉照比売命(あめのみつたまてるひめ)天之御中主神(あめのみなかぬし)- 宇宙の根源神天御柱命(あめのみはしら):⇒級長津彦命天三降命(あめのみふり)天八現津彦命(あめのやあきつひこ)天八意思兼(あめのやごころおもいかね):⇒思兼神(おもいかね)天八十萬魂尊(あめのやそよろず)天湯河板挙(あめのゆかわたな)天若日子、天稚彦(あめのわかひこ、あめわかひこ)荒熊大神(あらくまおおかみ)淡道之穂之狭別島(あわじのほのさわけしま)沫那芸神(あわなぎ)⇒速秋津日子神参照沫那美神(あわなみ)⇒速秋津日子神参照い・う・え・お五百箇磐石尊(いおついわむら)座摩神(いかすりのかみ)活玉前玉比売神(いくたまさきたまひめ)活津日子命(いくつひこね)伊古奈比咩(いこなひめ):伊古奈比咩命神社伊古麻都比古神(いこまつひこ):往馬坐伊古麻都比古神社伊古麻都比賣神(いこまつひめ):往馬坐伊古麻都比古神社伊佐我命(いさが):⇒櫛八玉神伊弉諾尊、伊耶那岐命(いざなぎ)- 創造神、国生みの神伊弉冉尊、伊耶那美命(いざなみ)- 創造神、国生みの神石凝姥命(いしこりどめ)- 金属加工の神、鏡の神伊豆山神(いずさんじん):⇒火牟須比(ほのむすひ)、伊弉諾尊(いざなぎ)、伊弉冉尊(いざなみ))伊須流伎比古(いするぎひこ)伊勢津彦(いせつひこ):『伊勢国風土記』逸文に見える神五十猛神 (いたける、いそたける)- 林業、造船、航海安全、大漁の神市杵嶋姫神(いちきしまひめ):⇒宗像三神一目連神(いちもくれん):⇒天目一箇神伊豆那姫命(いづなひめ)伊豆能売(いづのめ)- 厄払いの神稲背脛命(いなせはぎ):天穂日神の子井氷鹿(いひか)石押分之子(いわおしわくのこ)磐裂神・根裂神(いわさく・ねさく)- 武神石巣比売神(いわすびめ):⇒家宅六神石土毘古神(いわつちびこ):⇒家宅六神磐筒男神(いわつつのを)- 武神磐筒女神(いわつつのめ):⇒磐筒男神葦夜神(いや)磐長媛命(いわながひめ)- 不老長生の神宇迦之御魂神(うかのみたま)- 穀物の神鵜葺屋葺不合命(うがやふきあえず)- 農業の神保食神(うけもち)- 食物神宇比邇神・須比智邇神(うひぢに・すひぢに)- 大地の様子を表す神宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢ)- 活力を司る神蛤貝比売、宇武賀比売命(うむぎひめ、うむかひめ):⇒蛤貝比売・蚶貝比売表筒男命(うわつつのお):⇒住吉三神天表春命(うわはる)- 開拓、学問、技芸、裁縫、安産、婦女子の守護神。榎本神(えのもと):榎本神社大麻比古命(おおあさひこ)大雷(おおいかづち、おほいかつち):⇒火雷大神意富加牟豆美命(おおかむづみ)大口真神(おおぐちまがみ)- 日本狼の神格化大国主神(おおくにぬし)大気都比売神(おおげつひめ)- 食物神大事忍男神(おおごとおしお)大年神(おおとし):⇒年神意富斗能地神・大斗乃弁神(おおとのぢ・おおとのべ)- 大地の様子を表す神大戸日別神(おおとひわけ):⇒家宅六神大直毘神(おおなおび):⇒直毘神大己貴神(おおなむち):⇒大国主大野手比売(おおぬでひめ)大日孁貴神(おおひるめのむち):⇒天照大御神大禍津日神(おおまがつひ):⇒禍津日神大宮能売神(おおみやのめ):⇒八神殿大物忌神(おおものいみ)大物主神(おおものぬし)- 水神、雷神大屋都比賣神(おおやつひめ):⇒大屋都姫・都麻津姫大屋毘古神(おおやびこ):⇒家宅六神・五十猛神大山咋神(おおやまくい)- 山の地主神、農耕の神大山津見神(おおやまつみ)- 山の神、海神大綿津見神(おおわたつみ):⇒綿津見神淤加美神(おかみ)- 水神奥疎神(おきさかる) – 伊弉諾尊の左手の腕輪から神に成る興玉神(おきたまのかみ)奥津甲斐弁羅神(おきつかいべら) – 伊弉諾尊の左手の腕輪から神に成る奥津那藝佐毘古神(おきつなぎさひこ) – 伊弉諾尊の左手の腕輪から神に成る奥山津見神(おくやまつみ):⇒迦具土神参照乙子狭姫(おとごさひめ)大戸惑子神 (おほとまとひこのかみ):⇒大山津見神参照大戸惑女神 (おほとまとひめのかみ):⇒大山津見神参照淤加美神(おかみ)淤美豆奴神(おみずぬ)思金神(おもいかね)- 知恵の神淤母陀琉神・阿夜訶志古泥神(おもだる・あやかしこね)- 大地の様子を表す神か行迦具土神(かぐつち)- 火の神風木津別之忍男神(かざけつわけのおしお):⇒家宅六神春日神(かすが)家宅六神(かたくろくしん)- 石の神、門の神、屋根の神、風神金屋子神(かなやこ)- 鍛冶職人に信仰される神金山彦神(かなやまひこ)- 鉱山の神、鉱業・鍛冶の守護神金山姫神(かなやまひめ)- 鉱山の神、鉱業・鍛冶の守護神神直毘神(かみなおびかみ) – 直毘神の一柱神皇産霊神(かみむすび)- 創造神神大市姫神(かむおおいちひめ)- 農耕神、食料神神屋楯比売(かむやたてひめ)迦毛大御神(かも):⇒阿遅鉏高日子根神賀茂建角身命(かもたけつぬみ)賀茂玉依姫(かもたまよりひめ):⇒玉櫛媛賀茂別雷神(かもわけいかづち)加夜奈留美命、賀夜奈流美(かやなるみ)鹿屋野比売神(萱野姫神)(かやのひめ)- 草の神韓神(から)蚶貝比売、枳佐加比売命(きさがいひめ、きさかひめ):⇒蛤貝比売・蚶貝比売 - 赤貝の神格化木祖神(きのおや):⇒杉原大神木俣神(きのまた)- 木の神、水神、安産の神金鵄(きんとび、きんし)久延毘古(くえびこ)- 田・農業の神、土地の神、学業・知恵の神久久能智神(くくのち)- 木の神菊理媛神(くくりひめ)- 縁結びの神櫛磐間戸神(くしいわまど)櫛玉命(くしたまのみこと):⇒饒速日命櫛名田姫神(くしなだひめ)- 稲田の女神櫛真智命(くしまち)櫛八玉神(くしやたま)九頭龍大神(くずりゅう)国忍富神(くにおしとみ)国魂 (くにたま)国狭槌尊 (くにさつち)- 大地の様子を表す神国之久比奢母智神(くにのくひざもち):⇒速秋津日子神参照国之闇戸神 (くにのくらど):⇒大山津見神参照国之狭霧神 (くにのさぎり):⇒大山津見神参照国之狭土神(くにのさづち):⇒大山津見神参照国之常立神(くにのとこたち)- 始源神、大地神国之水分神 (くにのみくまり):⇒水分神 – 水の神国御柱命(くにのみはしら):⇒級長戸辺命熊野速玉男神(くまのはやたまのお):熊野速玉大社熊野久須毘命(くまのくすび)熊野牟須美神(くまのふすみ):熊野那智大社闇淤加美神、闇龗神(くらおかみ):⇒淤加美神闇御津羽神(くらみつは)- 水神闇山津見神(くらやまつみ):⇒迦具土神参照黒雷(くろいかづち、くろいかつち):⇒火雷大神家都御子神(けつみこ):熊野本宮大社苔牟須売神(こけむすめ)事解之男神(ことさかのお)事代主神(ことしろぬし)- 託宣神、海神、五穀豊穣商売繁盛の神木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)- 火の神、水神、妻の守護神、安産の神、子育ての神、酒造の神木花知流比売(このはなちるひめ)さ行賢彦名神(さかしなひこな)前玉比売(さきたまひめ)折雷(さくいかづち、さくいかつち):⇒火雷大神福井神(さくいのかみ)辟田彦、杉原彦(さくたひこ、すぎはらひこ):⇒杉原大神辟田姫(さくたひめ):⇒杉原大神刺国大神(さしくにおおかみ)刺国若比売(さしくにわかひめ)佐保姫(さほひめ)- 春の女神寒川比古命(さむかわひこ)寒川比女命(さむかわひめ)猿田彦(さるたひこ)- 道の神、旅人の神塩土老翁(しおつちのおじ)- 航海の神、潮流を司る神、製塩の神磯城津彦命(しきつひこ)敷山主神(しきやまぬし)思子淵神(しこぶち):⇒七シコブチ下照姫神(したてるひめ)天下春命(したはる)- 開墾の神志那都比古神(しなつひこ)- 風神級長戸辺命(しなとべ):⇒志那都比古神白山比咩神(しらやまひめ):⇒菊理媛神杉原大神(すぎはら)少彦名神(すくなひこな)- 国造りの協力神、常世の神、医薬の神、温泉の神、呪術の神、穀物神、知識の神、酒造の神、石の神須佐之男命、素盞嗚尊(すさのを)- 三貴子、海神、嵐の神須勢理毘売命(すせりびめ)住吉三神(すみよし)- 水神瀬織津姫命(せおりつひめ)底筒男命(そこつつのお):⇒住吉三神ソソウ神:⇒諏訪大神た行高淤加美神、高龗神(たかおかみ):⇒淤加美神高御産巣日神(たかみむすひ)- 創造神高照光姫大神命(たかてるひめ)多岐都比売命(たぎつひめ)多紀理毘売命(たきりびめ)栲幡千千姫命(たくはたちぢひめ)- 織物の神建葉槌命(たけはづち):⇒天羽槌雄神 – 織物の神、機械の神建比良鳥命(たけひらとり)建御雷神 (たけみかづち)- 雷、剣の神建御名方神 (たけみなかた):⇒諏訪(須波)大神建御名方富命彦別神 (たけみなかたとみのみことひこがみわけ)田心姫神(たごりひめ):⇒多紀理毘売命手力男命 (たぢからお):⇒天手力男命立速男命(たちはやお):⇒天児屋命竜田姫 (たつたひめ)- 秋の女神多邇具久(たにぐく)多比理岐志麻流美神(たひりきしまるみ)玉祖命(たまのおや)- 勾玉の神玉依毘売(たまよりびめ):鸕鶿草葺不合尊の妻玉依姫(たまよりびめ):媛蹈鞴五十鈴媛命や賀茂別雷命などの母玉依毘売命(たまよりびめ):邇芸速日命の母道俣神(ちまたのかみ) – 伊弉諾尊の袴から神に成る撞榊厳魂天疎向津姫命(つきさかきいつみたまあまさかるむかつひめ):⇒瀬織津姫月読命(月読尊、月弓尊、月夜見尊)(つくよみ、つくゆみ、つきよみ)- 三貴子、月神土雷(つちいかづち、つちいかつち):⇒火雷大神(ほのいかづち)角杙神・活杙神(つぬぐい・いくぐい)- 大地の様子を表す神都麻津比賣神(つまつひめ):⇒大屋都姫・都麻津姫頬那藝神(つらなぎ):⇒速秋津日子神参照頬那美神(つらなみ):⇒速秋津日子神参照手名稚命、手摩乳命(てなづち):⇒脚摩乳・手摩乳遠津待根神(とおつまちね)遠津山岬多良斯神(とおつやまさきたらし)時量師神(ときはかし) – 伊弉諾尊の袋から神に成る年神、歳神、大年神、御年神、若年神、大歳神、正月様、恵方様、歳徳神(とし)鳥取神(ととり)鳥鳴海神(とりなるみ)豊宇気毘売神(とようけびめ)豊雲野神(とよくもの)- 大地の様子を表す神豊玉毘売(とよたまびめ)- 海神、龍神豊日別大神(とよひわけ)鳥之石楠船神(とりのいわくすふね)- 船の神、運輸・交通の神な行ないの神(地震の神)直毘神(なおび)- 厄払いの神長白羽神(ながしらはのかみ)中筒男命(なかつつのお):⇒住吉三神泣沢女神(なきさわめ)- 水神、井戸の神鳴雷(なるいかづち、なるいかつち):⇒火雷大神丹生都姫(にうつひめ):丹生都比売神社饒速日命(にぎはやひ)邇邇芸命(ににぎ)- 稲穂の神、農業神沼河比売(ぬなかわひめ)布忍富鳥鳴海神(ぬのおしとみとりなるみ)は行波自加弥神(はじかみ):㯮椒神社八幡神(はちまん、やはた)埴安神(はにやす)、埴安彦神(はにやすひこ)、埴山姫神(はにやまひめ)- 土の神速秋津比古神・速秋津比売神(はやあきつひこ・はやあきつひめ)- 川の神、港の神早池峰大神(はやちね)速甕之多気佐波夜遅奴美神(はやみかのたけさはやじぬみ)祓戸大神(はらえど)日河比売(ひかわひめ)比佐津媛(ひさつひめ)一言主神(ひとことぬし)日名照額田毘道男伊許知邇神(ひなてるぬかたびちおいこちに)火之迦具土神(ひのかぐつち):⇒迦具土神樋速日神(ひはやひ)- 火の神比々羅木之其花麻豆美神(ひひらぎそのはなまづみ)比売大神(姫大神)(ひめ)蛭子神(ひるこ)深淵之水夜礼花神(ふかぶちのみずやれはな)伏雷(ふすいかづち、ふすいかつち):⇒火雷大神経津主神、布都努志命(ふつぬし)布帝耳神(ふてみみ)布刀玉命、太玉命(ふとだま)- 託宣の神布怒豆怒神(ふぬずぬ)布波能母遅久奴須奴神(ふわのもぢくぬすぬ)辺疎神(へさかる) – 伊弉諾尊の右手の腕輪から神に成る辺津甲斐弁羅神(へつかいべら) – 伊弉諾尊の右手の腕輪から神に成る辺津那芸佐毘古神(へつなぎさびこ) – 伊弉諾尊の右手の腕輪から神に成る火遠理命(ほおり)- 山幸彦、稲穂の神火須勢理命(ほすせり)- 稲穂の神火照命(ほでり)- 海幸彦、稲穂の神火雷大神(ほのいかづち)火牟須比・火産霊(ほむすび):⇒軻遇突智ま行禍津日神(まがつひ)- 災厄の神登美夜毘売(みかしきやひめ)甕主日子神(みかぬしひこ)甕速日神(みかはやひ)- 火の神水分神(みくまり)御食津神(みけつ):八神殿三島神(みしま):三嶋大社溝咋姫神(みぞくいひめ):⇒玉櫛媛道乃長乳歯神(みちのながちは) – 伊弉諾尊の帯から神に成る罔象女神(みつはのめ)、弥都波能売神(みづはのめ)- 水神御年神(みとし):⇒年神水内神(みのち):持統天皇が天候回復を祈願⇒建御名方彦神別命水光姫(みひかりひめ)- 水神、井戸の神三穂津姫(みほつひめ)観松彦色止命(みまつひこいろと):⇒天八現津彦命美呂浪神(みろなみ)武塔神(むとう)胸鉏比売(むなすきひめ)や行八現津彦命(やあきつひこ):⇒天八現津彦命八重事代主神(やえことしろぬし):⇒事代主八河江比売神(やがわえひめ):矢川神社 – 諸芸上達・諸願成就の神八雷神(やくさのいかつち):⇒火雷大神八坂刀売神(やさかとめ)八島士奴美神(やしまじぬみ)八島牟遅能神(やしまむじ)八十禍津日神(やそまがつひ):⇒禍津日神八咫烏(やたがらす)八束水臣津野命(やつかみずおみつぬ):⇒国引き神話、淤美豆奴神倭大国魂神(やまとおおくにたま)山彦、山幸彦(やまひこ、やまさちひこ):⇒火遠理命八意思兼神(やごころおもいかね):⇒思兼神由良比女命(ゆらひめ):⇒由良比女神社ら行・わ行若雷(わかいかづち、わかいかつち):⇒火雷大神若宇加能売神(わかうかのめ)若尽女神(わかつくしひめ)稚日女尊(わかひるめ)和加布都努志能命(わかふつぬし)稚産霊(わくむすび)- 穀物の生育を司る神別雷大神(わけいかづち、わけいかつち):⇒賀茂別雷命和豆良比能宇斯能神(わずらいのうし) – 伊弉諾尊の衣から神に成る綿津見(わたつみ)- 海神陰陽道(道教)の神黄幡神(黄番神、おうばんしん):⇒八将神河伯(かはく)関聖帝君(かんせいていくん):⇒関帝玄武(げんぶ):⇒四神、十二天将騰蛇(とうだ):⇒十二天将六合(りくごう):⇒十二天将天空(てんくう):⇒十二天将天后(てんこう):⇒十二天将大裳(たいも、たいじょう):⇒十二天将勾陣(こうじん):⇒十二天将金神(こんじん)歳刑神(さいぎょうしん、さいけいしん):⇒八将神歳殺神(さいせつしん):⇒八将神歳破神(さいはしん):⇒八将神十二天将(じゅうにてんしょう)寿老人(じゅろうじん)⇒七福神神農(しんのう)朱雀(すざく)⇒四神、十二天将青竜(せいりゅう)⇒四神、五竜、十二天将鍾馗(しょうき)青面金剛(しょうめんこんごう)太陰神(たいおん):⇒八将神、十二天将大金神(だいこんじん)太歳神(たいさい):⇒八将神大将軍(だいしょうぐん):⇒八将神天一神(てんいち、てんいつ):⇒十二天将、中神、方位神歳徳神(としとく)白竜(はくりゅう)⇒五竜赤竜(せきりゅう)⇒五竜黒竜(こくりゅう)⇒五竜黄竜(こうりゅう)⇒五竜八将神(はっしょうじん)姫金神(ひめこんじん)白虎(びゃっこ)⇒四神、十二天将豹尾神(ひょうび):⇒八将神風神(ふうじん)福禄寿(ふくろくじゅ)⇒七福神方位神(ほうい):⇒方角神巡金神(めぐりこんじん):⇒金神雷神(らいじん)民俗・民間信仰の神赤城神(あかぎ)足手荒神(あしてこうじん)天八現津彦命(あめのやあきつひこ)アラハバキ神(荒脛神)池生神(いけのう)池若御子神(いけわかみこ)石神(いし):⇒磐座・神体、(しゃくじん・しゃくじ):⇒道祖神伊豆速布留神(いずはやぶる)現在は猿田彦と同一視出早雄命(いづはやお)出早比売命(いづはやひめ)犬神(いぬがみ)茨田神宇恵春神宇賀神(うがじん)内県神(うちあがた)姥神(うばがみ)廐神(うまや)宇良古比売(うらこ)浦島太郎(水江浦島子)うわばみ愛遲子神(えちご)胞衣神(えながみ):後産の神恵奈武耳命(えなたけみみ)えびす(戎、夷、胡、恵比寿、恵比須、蛭子)大県神(おおあがた)大橡神(おおくぬぎ)大嶋辺神(おおしまべ)大元神 (おおもと)意岐萩命(おぎはぎ)奥津石建神(おきついわたて)鬼(おに)竟富角神(おほつの)おしら様蚕神案山子神(かかしがみ)鹿島様風の三郎様片倉辺命(かたくらべ)河童(かっぱ)神坂雄神(かむさかお)倉稲主神(うかぬし)草奈井比売命(くさないひめ)久留須神(くるす)黒姫命(くろひめ)高志奈男神(こしなお)児玉彦命(こだまひこ)駒弓神(こまゆみ)金精神(こんせいしん)前玉彦神(さきたまひこ)笹山彦命(ささやまひこ)座敷小僧(ざしきこぞう)座敷童子(ざしきわらし)佐那都良比売神(さなつらひめ)シーサー志多羅神(しだらがみ)七福神(しちふくじん)柴神(しばがみ)菅根神(すがね)須波若彦命(すわわかひこ)ソソウ神底多久神(そこたく)高石比売神(たかいしひめ)高杜命(たかもり)武居夷神(たけいえみし)武居大伴主神(たけいおおともぬし)武彦根神(たけひこね)建御名方彦神別命(たけみなかたひこかみわけ)辰子姫(たつこひめ)多津若比売神(たつわかひめ)蓼科神(たてしな)多満留姫(たまる)垂比売神(たるひめ)千鹿頭神(ちかと)智奴神(ちぬ) 岐の神(ちまた)付喪神(つくもがみ)妻岐萩命(つまきはぎ)妻科比売命(つましなひめ)都麻耶美豆比売神(つまやみずひめ)天狗(てんぐ)天道(てんとう)天女(てんにょ)天白神(てんぱく)道祖神(どうそじん)常世神(とこよがみ)外県神(とのあがた)庭津女神(にわつめ)比良父神(ひらふ)ビリケン貧乏神(びんぼうがみ)船霊(ふなだま)箒神(ほうきがみ)疱瘡神(ほうそう)麻背神(ませのかみ)ミシャグジ(みしゃぐじ様)※別称、別表記は数百種あるため割愛美射津彦神(みしゃつひこ)美津多麻比売命(みつたまひめ)むかで神洩矢神(もりや、もれや)守達神(もりた)守宅神(もりた、もりや)守田之神(もりたのかみ)八杵命(やきね)屋敷神(やしきがみ)八須良雄神(やすらお)八立神八櫛神(やくし)疫病神(やくびょうがみ)矢塚男命(やづかお)夜刀神(やとの)矢奈比売命(やなひめ)屋根神(やね)ヤマドッサン若木比売神(わかぎひめ)主な人神、現人神日本人青木昆陽秋元喬知明智光秀蘆髪蒲見別王(あしかがみわけのみこ)安倍貞任、安倍宗任安倍晴明(晴明大神、晴明霊神、晴明霊社)阿倍仲麻呂-高屋大明神とも天押帯日子命(あめのおしたらしひこ):⇒天足彦国押人命天日槍命、天之日矛(あめのひぼこ)在原業平安徳天皇:⇒水天宮安閑天皇伊豆伎比古命(いずきひこ)五十鈴姫神(いすずひめ)印岐美命(いにきみ)磐鹿六雁命(いわかむつかり)上杉謙信上山英一郎宇摩志麻遅命老松大明神(島田忠臣)応神天皇:⇒八幡神大入杵命大石良雄ほか赤穂浪士:⇒大石神社大江元就(毛利元就)太安万侶:多坐弥志理都比古神社大俣王岡村十兵衛おきた姫袁邪本王織田信長(建勲大明神)弟橘媛(乙橘媛、おとたちばなひめ)小野道風小野篁小俣王お松大権現臣狭山命間宮林蔵、最上徳内、松浦武四郎ら開拓神社の諸祭神柿本人麻呂荷田宿禰羽倉大人命加藤嘉明-藤栄神社迦邇米雷王神八井耳命亀麿(伝万里小路藤房長男)桓武天皇菊池武時菊池武重北政所吉祥女(島田宣来子)北畠親房北畠顕家吉備真備-吉備大臣、八所御霊の一柱とされる。真備の祖母も「光助霊神」として祀られる。楠木正成(大楠公)楠木正行(小楠公)久努国造栗林忠道ほか硫黄島守備隊黒住宗忠⇒宗忠大明神黒住忠春⇒黒住宗忠の親族、黒住教発展に尽くす黒田官兵衛-福岡・光雲神社、姫路・広峯神社内に官兵衛神社黒田長政-光雲神社継体天皇児島高徳後醍醐天皇児玉源太郎小林三武郎坂上苅田麻呂(苅田比古)坂上苅田麻呂の后(苅田比売)坂上田村麻呂高望王(平高望)西郷隆盛西郷従道佐伯鞍職坂本龍馬佐久間象山佐久間勉以下14名の乗艇員佐倉惣五郎桜葉大明神(伊予親王)三条實美相馬師常早良親王(崇道天皇)佐波遅比売王狭穂彦王渋川春海(土守霊社)志夫美宿禰王塩田利兵衛 義民四条山蔭中納言藤原政朝(藤原山蔭)聖徳太子:聖徳太子神社昭和天皇:⇒人間宣言神功皇后:⇒住吉神、八幡神神武天皇(神倭伊波礼琵古命・神日本磐余彦尊・かむやまといわれひこ)菅原満佐崇徳天皇諏訪氏 代々生き神とされた仙台四郎大正天皇平将門高丘親王高津姫高杉晋作武五百建命建稲種命健磐龍命健隈照命武美名別命武垣直温武田信玄田道間守(たぢのもり)橘周太梅岳霊神(立花道雪)松陰霊神(立花宗茂)瑞玉霊神(立花誾千代)辰子(辰子姫)武振彦命(伊達政宗)丹波道主命知知夫彦命栂野彦八土御門泰福天満大自在天神(菅原道真):⇒天満宮、眷属諸神東郷平八郎東照大権現(徳川家康):⇒東照宮高譲味道根之命(徳川光圀)豊国大明神(豊臣秀吉)内藤信成:⇒藤基神社中山忠光永谷宗円 ⇒茶宗大明神鍋島直正名和長年 ※建武中興二十五社新田義貞二宮尊徳乃木希典林浄因 饅頭の祖、菓祖神社彦坐王人康親王:⇒雨夜尊(あめや)稗田阿礼(ひえだのあれ):賣太神社・稗田神社平田篤胤平林新七 義民平山角左衛門 天領・備後尾道の港奉行。尾道発展の基礎を築く。尾道住吉神社。広瀬武夫藤原鎌足(談山大明神)藤原大夫人(藤原吉子)藤原秀郷藤原時平藤原師賢藤原山蔭 庖丁道の祖、庖丁神社紅姫天王徳祟大権現(北条高時)保科正之(埴津霊社)堀内勇吉 義民堀秀政前田利家増田与兵衛 義民又坂与次右衛門 義民松岡萬松平慶永朝廷別王御子柴艶三郎満徳法主天(宇多天皇)聡敏大明神(水野勝成)源満仲源義家源頼光源頼朝美夜受比売宗良親王室毘古王明治天皇昭憲皇太后毛利敬親物部守屋守屋辰次郎(足神霊神・諏訪神家守屋一族)和気清麿和気広蟲山崎闇斎(垂加霊社)山内豊信日本武尊倭姫命(やまとひめ)結城宗広尹良親王吉田松陰:⇒松陰神社吉田兼倶 ⇒神龍大明神。吉田神道(唯一宗源神道)の提唱者。卜部兼倶。靖国神社に祀られる軍人・軍属を主とする246万6532柱(2004年10月17日現在)の英霊軍神六芸神(ろくげい)山本由伸外国人カメハメハ1世(ハワイ大神宮)高麗若光鄭成功蔣介石(愛知県幸田町中正神社)林浄因愛新覚羅溥傑(山口県下関市中山神社 (下関市)#愛新覚羅社)ジョージ・ワシントン(ハワイ大神宮)ジョン・キャンベル(靖国神社):⇒常陸丸事件ロベルト・コッホ(北里神社)琉球の神阿摩美久(英語版)(あまみく)、あまみきよ、しねりきよ、あーまんちゅあーまんキンマモン竜宮神メンソーレアイヌのカムイカムイは、アイヌ語で神格を有する高位の霊的存在である。コタンカラカムイ(英語版)トカプチュプカムイ(太陽神)チカプカムイ(フクロウ)フリ(巨鳥)ラートシカムイ(巨大な蛸)パヨカカムイ(疫病神)アペフチカムイ(火の神)キムンカムイ(山の神様;一般的にヒグマを指す。キンカムイとも。)ウェンカムイ(悪の神様;一般的に人間を襲うヒグマを指す。キムンカムイが変化したもの。)レプンカムイ(英語版)(沖の神様;一般的にシャチを指す。)アイヌラックル新宗教/その他の神新宗教教派神道系天地金乃神(てんちかねのかみ)- 金光教艮の金神(うしとらのこんじん)- 大本教守護霊守護神教 – 白光真宏会(五井昌久氏の神)諸派系天理王命(てんりおう)=親神(おやがみ)- 天理教大光明主神(みろくおおみかみ)- 世界救世教系諸教団の多く御親元主真光大御神(みおやもとすまひかりおおみかみ)- 真光系諸教団の大部分伊都能売大国魂大国主之大神(いずのめおおくにたまおおくにぬしのおおかみ)- 上記神と表裏一体の神エル・カンターレ(える・かんたーれ)- 幸福の科学の根本仏・地球神その他米国国魂神ハワイ産土神朝鮮国魂神大元尊神虚無大元尊神虚無太元尊神天神地祇八百萬神日本の神に付随する用語集荒神(あらかみ、あらがみ、こうじん)市神(いち):⇒神大市姫神・大宮能売神・市杵嶋姫神など井戸神(いどがみ):⇒木俣神・水神稲荷神(いなり)氏神(うじがみ)厩神(うまやがみ)海神:⇒海神(わたつみ、かいじん)陰陽道(おんみょうどう)竃神(かまどがみ)御霊信仰(ごりょうしんこう)古神道(こしんとう):ここでは外来宗教が入る前の原始神道を差す。別天津神(ことあまつがみ)金精神(こんせいしん)地主神(ぢぬしがみ)神世七代(かみよななよ)水神(すいじん)造化三神(ぞうかさんしん)⇒別天津神祖神:⇒氏神(そしん)祖霊信仰(それいしんこう)祟り神(たたり)田の神(た)岐の神 (ちまた)鎮守神 (ちんじゅがみ)天神(てんじん)道教(どうきょう) 和魂・荒魂(にぎみたま・あらみたま)独神(ひとりがみ)人神(ひとがみ)仏神(ぶっしん):⇒仏の一覧御子神(みこ)ミサキ神:⇒八咫烏三種の神器(みくさのかむだから、さんしゅのじんぎ)御酒殿神(みさかどののかみ)三貴子(みはしらのうずのみこと、さんきし)四至神(みやのめぐり)民間信仰(みんかんしんこう)宗像三神(むなかたさんしん)厄病神(やくびょうがみ)屋敷神(やしきがみ)屋根神(やねがみ)山神(やまがみ)ヤマタノオロチ(八岐大蛇、八俣遠呂智、八俣遠呂知)龍神(りゅうじん):⇒竜》、アステカ神々《アトラコヤのホテルチンテオトルシトララトナックシトリキュエチプクトナルのホテルシワテテオシワコアトルチャルチウトトリンチャルチウトリキューチママのホテルチコメトルコートリキューコヨルクシャフキエヘカトルフイツィロポッチュリウエウエコヨトルホイクストシワトルイッツパパロトルトテックイッツパパブロチルシウアトルイクストリルトンのホテルマリナルキトルマヤフエルメッツリのホテルミクトランテクトリミクテカシアワトルミックスコートオポクトリオメテオトルのホテルオメテクトリオメシワトルオキソモのホテルピルツィテクトリパテカトルペインラルのホテルケツァルコアトルテマズカルテシテペヨロロテルテズカトロポカテズカツィンカトル天小日トラゾルテオトルトラルテクトリトラルシワトルトラフイズカルパンテクトリトラロックトナティウトナカテクトリトナカシワトルツィツィマイムザンティコシペ・トテックシウテクトリソスキピリソチクツァルソロテルヤカテクトリザカツァントリ》、美の女神《アフリカエジプトハトホルネフェルテムアスタートヨルバオシュンアメリカアステカテズカトロポカソチケツァルボドゥエルズリーアジア中国語関連項目: 4 人の美女ヤン・アシャヒンドゥーデウィ・ラティインドラーニカルティケヤラクシュミパルヴァティサラスワティオイドリラ日本語キッホーテンメソポタミアイナナ(イシュタルとも呼ばれる))アスタートヨーロッパアルバニアプレンデギリシャトロイとキオーネのヘレン(大田リオンの娘)も参照アドニス(注:時には神として描かれる死すべき人)アグラエアアフロディテアポロハーリスチャリティケールアイルランドクリオドナ北欧フレイヤローマアポロ金星スラブラダオセネアタヒチアンタネ》、ハワイの神々《オーマクア- 先祖や家族の神の精神’エレパイオ-君主フライキャッチャーカネキリ- 雷の神ハウメア- 生誕の女神ヒヤカ- ペレの妹、ハウメア&カネの娘ヒナ-月の女神カハイ- 雷と稲妻のデミゴッドカホアリイ-裏社会の神カラマイヌウ- トカゲの女神カマプア- イノシシの戦争のような神、ペレの夫カモホアリ- サメの神カナロアカイン-カポカプ- 法律や規制の古代の行動規範カプアカウル- ハウメアの殺人者キハワヒネ- トカゲの女性キニラウ九 -戦争の神クムリポ- 古代の創造の聖歌クウラ – 漁師の神ラカロヒアウ- カウアイのチーフロノ- 農業の神、平和ロナ- 月の女神マナ- 非人格的な力マウイメネフネナマカ- 海の女神とペレの妹ヌアケア-牛乳の女神ナイトマーチャーヌウ- ハワイアンノアパパ- 自然の女神パアオパカ パリウリパパハナウモクペレ- 火と火山の女神ポリアフ島 – 雪の女神ウクマニポ- 別のサメの神ワヒエロアワカ- トカゲの女神ワケア-スカイファーザー》、リトアニア神話の神々《アシュヴィエイニ、太陽の戦車を引っ張った神の双子(ヴェーダ・アシュウィンズ)。アウシュリネ、モーニングスター、女神、神の娘(「ディエヴァイテ」)。アウシュタラス(アウシュトラ)は、楽園の門に立ち、楽園に行く人々のための道を照らす北東の風の神です。このビーコンを照らす彼の機能は、アウシュリネに似ています。彼を彼女のいとこだと考える人もいる。海と嵐の神であるバンプティスは、ローマの神ヤヌスのように二面している。ダリア、運命と織りの女神。デイベス・ヴァルディトホス(リトアニア:統治女神)ディエバス、(「神」)、最高の神ディエバス・セネリス(「神の老人」)、ガビヤ、聖なる火の里親、女神、ディエバスの娘(「ディエヴァイテ」)。ライマ、運命と妊婦の女神。メヌオ、月、ディエバス(「ディエヴァイティス」)の息子。ペルクーナス、サンダー、主神。(「ダイエバレーティス」)(パルジャニヤ/ヴェーダ宗教のインドラ)。プラムジウス、プラムジス、プラムシャン、プラムジマス、プラムジマス、ディエバス(主神)サウレ、太陽の女神(ヴェーダ宗教のスーリヤ)バカリネ、イブニングスターの女神。ヴェヨパティス、風の神とドーソスのマスター(楽園)ジェミナ、女神、神格化された土壌(トラキアゼメレ;ペルシャ語のザミンと「土地」のためのヒンディー語)。ジュヴァイクデケス(特異形:ジュヴァイグシュデレ)、英雄とヒロインパジャウタ、ケルナヴレの伝説の王女ジュラテとカスティティスはリトアニアの伝説の英雄地元と自然の霊エジェリニス、湖の精神ジャビネ、納屋で穀物を保護する家庭の女神。穀物を保護する家庭精神であるジエバラスクポレ、春の植生と花の精神Laukųドビシオ(畑の霊)川の精神である「アピニス」様々な下の存在カウカス、レプラコーンに似た霊.ラウレ、妖精のような女性の生き物(ピクシー)ナイクシュトゥカス、ノーム.死んだ人間の霊、ヴェレケス。「悪魔」の存在アイトバラス、良い運と不運の両方をもたらす家庭の精神バウバスギルティネ– 死の女神、また死神森に住む魔女ラガナ。スログティスは痛み、悲惨さ、悪夢を意味します。また、恐怖や悪い感情を意味することができます。ピンチウカス、悪魔、キリスト教の純粋な悪の存在ではなく、トリックスター。以前 – 住人、あるいは沼地や沼地の神。ジブリニスは、蓄光骨格として現れる恐ろしい森の精神です。聖なる場所と物事ダオソスやダンガス、良い魂の家書き込みソースによる名前最も早いルシの年代記ギンタラス・ベレネヴィチウスジュヴォルナ(ズヴォルナ)メデイナ(メデイネ)テリアベリス(テレベリス)アンダジュス(アンダハス、アンドハスなど)ノナディヴィス(ヌナディヴィス、ヌマディヴィスとして一部の学者によって推定)ペルクーナスは雷の神であり、最も強力な神の一つでした。ペルクーナは20世紀まで一般的な信念と民話で生き残った。ディビリクはペルクーナの「神の指導者」を意味するペルクーナスの表現の一つであると考えられています。マルティーナス・マジュヴィダスマルティナス・マジュヴィダスペルクーナス(ペルクーノ) – 雷の神ラウコサルガス(ラウコサーガス)-穀物や他の農業植物の神ジェメパティス(セメパテス) – 牛や他の家畜の神アイトバラスとカウカス(アイトワロスとコーコス) – 悪霊マチェイ・ストリーコフスキマチェイ・ストリーコフスキ(1547-1593)プラコリマス(プロコリモス)は最高の神リュグティス(ルグチス) – 発酵食品と発酵食品の神ジェミニンカス(ジーメンニク)-土地と農業の神。ジャルティスのカルト(草ヘビ)はジェミニンカのカルトに関連付けられます。クルミネ(クルミニー・プラジウ・ワルプ) –耳の神, 作物の提供者リトゥヴォニス(リトゥワニス) – 雨の神カウリラリス(チャウラリ) サトバラス(ソトワロス) – すべての牛の神セイモス・ディエバス(セイミ・デボス) – 家族の神ウピニス・ディエバス(ウピニス・デボス) – 川の神ブビラス- 蜂蜜とミツバチの神ディディス・ラド(ジジス・ラド) – 偉大な神。5月25日から6月25日まで、彼の名誉のお祭り、歌、ダンスが続きました。これが実際の神を表しているかどうか疑問があります。 [7]ガルビス(グルビ・ジェボス) – すべての人間の良い精神、守護天使ガニクリス(ゴニグリス・ジェウォス) – 群れと羊飼いの神シュヴェントパウクシュティニス(スヴィエツプンシニス)-すべての家畜と野鳥の神。彼は自由な精神だったので、人々は彼に犠牲をささげませんでした。Keliųディエバス(キール・ジエウォス) – 道路、貿易、旅行の神プシュカイティス(プシュカイティス)–土地の神、長老の茂みに住み、chthonic矮星(バルストゥカス)を指揮)ヤン・ワシツキヤン・ワシッキ(ラシシウス)オーシュテハス(オクテヤス・ヴィサギスティス)は、最高の神のためのエウフェミズム。リトアニア語のオウクシュタス(高)に由来します。ジェメーパティス(ゼモパチオス)ペルクーナス(ペルクノス) – 雷の神オードロス- 嵐の神アルギスアウシュラ(アウスカ) – 朝の星 (金星).彼女の他の名前はアウシュリネでした.ベズレヤ(ベズレア)ブレクシュタ(ブレクスタ) – 夕暮れの女神。また、バカレのためのエフェミズムである可能性があります.リギチウス(リギツ)データヌスカーニス(キルヌス) – サクランボの地元の神クレマタ- 豚の神[9]ピジオス(ピツィオ) – 配偶者の神メデイナ(モデイナとラジェーガ) – 森と狩猟の女神ケルピチウスとシリニティス(キェピツとシリニクス)-森、苔、地衣類の神々タバラス(タヴバルス) オルサスエジェリニス(エゼルニム)–湖の精神や神。エジェラス(湖)に由来。シジウス、シモネティス、ヴェンティス・レキチオニス(シモナアイテム、シジウム、ヴェンティス・レキチズーム)–カルヴァイティス・エライティニス(クルヴヴァイチン・ライチン) – 子牛と子羊の神[9]ガルドゥニティス(ガルドニティス) – 新生の子羊のプロテクター[10]プリギルスティティス(プリギルスティティス)- ささやきを聞くことができますデミンジャス(ダーフィント)ベンティスラウクパティス(ラヴクパティモ)プリパルシス(プリパルシス)ラタイチチャ(ラタイニツァ) – 馬の神[6]ヴァルギナ(ワルギナ) – 牛の神[9]クリクシュタス(クリクストス) – 墓石のプロテクター[9]アピデメエ(アピドーム) – 変更された住居の神。名前は、1573年の説教の手書きのコレクションからも知られています。 [11]クリキス(クルキス) – 豚の神ラズドナ(ラズナ) -ヘーゼルナッツの女神ブビラス(バビロス) -ミツバチの家庭の神 、オーステヤの夫ジェミナ(ゼミナ) – 土地と農業の女神オーステヤ(オーステヤ) – しばしばブビラスの妻として提示されるミツバチの家庭の女神デュオイティスベトゥスティスグボイとトヴェルティコスヴェリオーナ(ヴィエローナ) – 死の女神ワルピュリスサラウス– ワシツキによって記録された機能はありません。シュロトラジス(Szlotrazis) ベルジュリス(ビルジュリス) シャリチウス(シリツ) ドヴァルガンティス(Dvvargonth) – ワシツキによって記録された機能はありません。クラマルス– ワシツキによって記録された機能はありません。アトライバ (アトライボス) – ワシツキによって記録された機能はありません.ヌネイアスウブラニチャ(ヴブラニツァ) – 乞食の守護者[13]ドゥナイ– 小麦粉の精神ペッセイアストロティトハスkibirkščių(トラティタス・キルビクストゥ) – 火花、火の神アラバシスポレンガビアウシュペレネ(アスペレニー)ブディンジャス(ブディンタイア)マテルガビアエラウゴ・ジェメパティス(ラウゼマパティ) – サワードウ、レブン、発酵の神ルイベゲルダスジーメンニクヴァイツガンタス(ヴァイツガントス) – 亜麻の神ガビヤ(ガビー) – 家庭の火災の女神スミック・スミック・パー・ヴェレロン(スミック・スミック・ペルロイエヌ) – 存在ではなくフレーズエジャガリス(エザグリス) – 死の神アイトバラス(アitvvaros)カウカス(カウキー)ギバテ(ジュオイトス) – 黒ヘビ (ジャルティーも参照してください。)スチュティスとミエチューテレ- 塗料と色の神々[12]マトホウス・プレトリウスマトホウス・プレトリウス(1635-1704)の神々は次の通りである[12]ジャリウス(ザロス) – 意見の相違の神ジェリウス(ゼロス) – 草の神シュリニス(スズリニス) – 井戸の神バンプティス、ヴェヨパティス、ビチビルビス、ギルティネ、ゴタ、Jaučiųバウビス、カルヴァイティス、エライティス、スカルサ、ビルジュリス/ベルジュリス、プリギルスティティス/ギリティス、リギチス/リゲジュス、ケリオ・ディエバス/ケリスドレブクリスとマギラ – プロイセンリトアニア語ガジャジャ(ガブバルタス)[14]テオドール・ナルバット[ 編集 ]ポーランド・リトアニアの歴史家テオドール・ナルバット男性の神々プラムジウス(プラムジマス) – 最高の神は、人々、世界、および他の神々の運命を決定しますウカイルマス(オッカピルマス) – 前の時間、彼のごちそうは12月25日に祝われますヴィルシアイティス(ウィルザイトス)ペルクーナス(ペルクナス) – 雷神コヴァス(カワス) – 戦争の神ラウーティス- ビール、ウォッカ、ミードの神サントバラスまたはソトヴァラス(ソトワロス) – 昼光の神, 詩人, 医師アトリパス(アトリムポス) – 海と水の神ガルダイティス(ガルデオルディス) – 風、嵐、船のプロテクターの神ポクリウス(ポクルス) – 死と裏社会の神クリキス(クルーギス) – スミスの神ジエミニンカス(ジーミエニカス) – 地球、収穫、闇の神膝蓋骨(膝蓋骨) – 天使に似た空の神シュナイブラタス(シュネイブラト) – 鳥や狩猟の神キビライ(カビリ) – 三位一体女性の神々ワルシャワ国立博物館カジミエシュ・アルチモヴィッチ(1910)の女神ミルダプリュメ(プラウリメ) – 神聖な火の女神、彼女はヴァイディルテによって提供されましたラダ(ラド) – 偉大な女神、ラソス祭りは彼女に捧げられていますブテ(ブッテ) – 知恵の女神ライマ(ライマ) – 運命の女神Pelenųガビヤ(ポレンガビア) – 暖炉の女神Moterųガビヤ(マテルガビア) – パンとパンの女神ペルクナイテレ(ペルクナテレ)-ペルクーナスの妻ピルヴィテ(ピルウィーテ) – お金、富、幸運の女神リエトゥヴァ(リエトゥア) – 自由の女神、喜び、喜びヴェリュオーナ(ウェリョナ) – 永遠の女神、来世ペルグルセ(ペルグルビー) – 春、花、庭園の女神ミルダ– 愛の女神, 求愛クルミネ(クルミネ) – 穀物の女神, 農業ニジョレ(ニジョラ) – 裏社会の愛人、 ポクリウスの妻アラバティス– 亜麻の女神アウシュラ(アウスラ) – 朝の女神ベゼレア- 夜の女神ブレクシュタ(ブレクシュタ) – 闇と夢の女神クルオニス(クロニス) – 時間の女神ウジュスパリネ(ウスパリニア) – 国境の女神ヴェルペヤ(ヴェルペヤ) – 人生の糸の織り手ゴンドゥ– 結婚式の女神ア・プニネ(アップネ) – 川の女神、泉ラタイニチア(ラタジニツ) – 馬を守る女神ヴァルジネ(ワルギナ) – 家畜を守る女神ルオボ・ゲルダ(Lajbegelda) – 知識と噂の女神Mėšlųボバ(マシュル・ババ) – ゴミの女神ブドインジャ- 眠っている人々を目覚めさせる精神オーステヤ(オーステヤ) – ミツバチの女神ラグティエン・パティ(ラグテナパティ) – ラグティスの妻ジェメセス・モティナ(ゼメシュ・マフティ) – 地下の女神、失われたアイテムを担当ガイラ(ガジュラ) – 人や動物を拷問する精神ネリス– ネリス川のニンフドゥグネ(ドゥニャ) – 川のニンフラガナ– 木の女神ラズドナ- ヘーゼルナッツの女神メジオナ– 森の女神パジャウタ– 崇拝された女性, デューク・ケルニウスの娘,ジヴィンブダスの妻ビリュテ(ビルータ) – 崇拝された女性,ケンストゥティスの妻ディムスティパティス(ヨクバス・ラビンスキスによって言及されている)ディルヴォリカ、ノゾラス(イエズス会は1605年から報告)[15]パギルニス(イエズス会は1605年から報告)[3]バウクリス(クラジウ・コレギホス)[16]ヴェリーナス(コンスタンティナス・シルヴィダス述べ)[2]ジャヴィネ(ジャウィン・バイ・ジェイコブ・ブロドフスキ)[15]ライマ(1666年ダニエル・クライン)[17]その他の名前ブリズグリス、雪の神。彼の名前は「輝く者」という意味です。ジュンダ、戦争の女神ボービス、肉と牛の家庭の神。ディヴィティス、漁師伝説の神のような英雄。海の漁師たちはディビティスについての歌を歌った。ガルダイティス、船や船員の神(精神?)ジャガウビス、火と炉の家庭用精神。ラサ、クポレのとカウポリスの娘。彼女は夏の緑と花の女神です。モカス、人々を教える能力を持つ石、時には彼らは家族で見つけられる – 妻モキエネと子供モキウカスと》、神社一覧《敢國神社(三重県伊賀市)(あえくに) <赤城神社> 元宮:赤城神社 (前橋市富士見町赤城山)(群馬県前橋市) 里宮:二宮赤城神社(群馬県前橋市) 論社:赤城神社 (前橋市三夜沢町)(群馬県前橋市) 赤城神社 (新宿区)(東京都新宿区) 元赤城神社 (新宿区)(東京都新宿区) 赤城神社 (足立区)(東京都足立区) 赤間神宮(山口県下関市) 秋田諏訪宮(秋田県美郷町) <秋葉神社> 本社:秋葉山本宮秋葉神社(静岡県浜松市) 開口神社(大阪府堺市堺区)(あぐち) 旦椋神社(京都府) 安積国造神社(福島県郡山市) 浅草神社(東京都台東区) 安里八幡宮(沖縄県那覇市安里) <浅間神社>(あさまじんじゃ) 本社:浅間大社(静岡県富士宮市):⇒富士山本宮浅間大社(せんげん) 浅間神社(山梨県南都留郡富士河口湖町):⇒河口浅間神社(あさま) 浅間神社(山梨県笛吹市) (あさま) 阿志都弥神社・行過天満宮(滋賀県高島市) 蘆別神社(北海道) 飛鳥坐神社(奈良県明日香村) 飛鳥戸神社(大阪府羽曳野市) 足助八幡宮(愛知県豊田市) 阿蘇神社(熊本県阿蘇市) <愛宕神社> 本社:愛宕神社(京都市右京区) 安達太良神社(福島県本宮市) 熱田神宮(名古屋市熱田区) 穴師神社(大阪府泉大津市) 穴師坐兵主神社(奈良県桜井市) 安仁神社(岡山県) 油日神社(滋賀県甲賀市) 阿部野神社(大阪市阿倍野区) 天手長男神社(長崎県壱岐市)(壱岐一宮) 天石立神社(奈良県奈良市) 有鹿神社(神奈川県海老名市) 天久宮(沖縄県那覇市) 天穂日命神社(鳥取県鳥取市) 荒島神社(和歌山県田辺市龍神村) 有明山神社(長野県安曇野市) 阿禮神社(長野県塩尻市) 安房神社(千葉県館山市) 安閑神社(滋賀県高島市) 淡海國玉神社(磐田市馬場町) い 飯生神社(北海道長万部町) 井伊谷宮(静岡県浜松市北区) 粒坐天照神社(兵庫県たつの市) 伊香具神社(滋賀県長浜市) 坐摩神社(大阪市中央区) 一休神社 (京都府福知山市) 生国魂神社(大阪市天王寺区) 生島足島神社(長野県上田市) 生田神社(神戸市中央区) 往馬坐伊古麻都比古神社(奈良県生駒市) 率川神社(奈良県奈良市)(大神神社摂社) 伊佐須美神社(福島県会津美里町) 伊弉諾神宮(兵庫県淡路市) 石切剣箭神社(大阪府東大阪市) 石津神社(堺市堺区) 石作神社・玉作神社(滋賀県長浜市) 石鎚神社(愛媛県西条市) 出石神社(兵庫県豊岡市) 泉穴師神社(大阪府泉大津市) 泉井上神社(大阪府和泉市) 出雲大社(島根県出雲市) 出雲大社東京分祠(東京都港区) 出雲大社大阪分祠(堺市東区) 出雲大社松山分祠(愛媛県松山市) 出雲大神宮(京都府亀岡市) 伊豆山神社(静岡県熱海市) <伊勢信仰> 正宮:伊勢神宮(三重県伊勢市) 内宮別宮:荒祭宮(内宮域内)・月讀宮(三重県伊勢市)・月讀荒御魂宮(月讀宮域内)・伊佐奈岐宮(月讀宮域内)・伊佐奈弥宮(月讀宮域内)・瀧原宮(三重県大紀町)・瀧原竝宮(瀧原宮域内)・伊雑宮(三重県志摩市)・風日祈宮(内宮域内)・倭姫宮(三重県伊勢市) 外宮別宮:多賀宮(外宮域内)・土宮(外宮域内)・月夜見宮(三重県伊勢市)・風宮(外宮域内) 石上神宮(奈良県天理市) 伊曽乃神社(愛媛県西条市) 糸碕神社(広島県三原市) 伊太祁󠄀曽神社(和歌山県和歌山市) 射楯兵主神社(兵庫県姫路市)(播磨国総社) 一宮浅間神社(いちのみやせんげん 山梨県市川三郷町) 一之宮貫前神社(群馬県富岡市) 厳島神社(広島県廿日市市宮島町) 釧路厳島神社(北海道釧路市) 猪名野神社(兵庫県伊丹市) 伊奈波神社(岐阜県岐阜市) 稲八金天神社:明治末年の神社合祀政策によって誕生した神社。 <稲荷神信仰・稲荷神社> 本社:伏見稲荷大社(京都市伏見区) 笠間稲荷神社(茨城県笠間市) 祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市) 竹駒神社 (宮城県岩沼市) 太皷谷稲成神社 (島根県津和野町) 瓢箪山稲荷神社(大阪府東大阪市) 寺院:豊川稲荷(豊川閣妙厳寺)(愛知県豊川市) 寺院:最上稲荷(稲荷山妙教寺)(岡山県) 今戸神社(東京都台東区今戸) 今宮戎神社(大阪府大阪市浪速区) 忌宮神社(いみのみやじんじゃ・山口県下関市) 射水神社(富山県高岡市) 芋川神社(長野県飯綱町) 岩木山神社(青森県弘前市百沢) 石津太神社(いわつたじんじゃ)(堺市西区) 石清水八幡宮(京都府八幡市) 伊和神社(兵庫県宍粟市) 石床神社(奈良県) 忌部神社(徳島県徳島市二軒屋町) 伊和都比売神社(兵庫県赤穂市) 岩山神社(岡山県新見市) 印鑰神社(熊本県八代市) う 上杉神社(山形県) 宇佐神宮(大分県宇佐市) 鵜坂神社(富山県) 牛窓神社(岡山県) 魚吹八幡神社(津の宮)(兵庫県姫路市) 宇都宮二荒山神社(栃木県宇都宮市) 鵜戸神宮(宮崎県) 畝尾都多本神社(奈良県橿原市) 畝尾坐健土安神社(奈良県橿原市) 采女神社(奈良市)(うねめ) 宇倍神社(鳥取市) 馬路石邊神社(滋賀県守山市) 馬見岡綿向神社(滋賀県蒲生郡日野町) 梅宮大社(京都市) え 永尾神社(熊本県宇城市)(えいのお) 衣羽神社(広島市中区);(えば) 埃宮神社(広島県安芸高田市) 鉛練比古神社(滋賀県長浜市) お 意富比神社(千葉県船橋市) 小国神社(静岡県周智郡森町) 老尾神社(千葉県匝瑳市);(おいお) 王子稲荷神社(東京都北区) 生石神社(石の宝殿、兵庫県高砂市);(おうしこ) 樗谿神社(鳥取市) 大石神社(兵庫県赤穂市、京都市) 大津神社(大阪府泉大津市) 小槻大社(滋賀県栗東市) 近江神宮(滋賀県大津市) 大縣神社(愛知県) 大麻比古神社(徳島県) 大荒比古神社(滋賀県高島市) 大洗磯前神社(茨城県) 大神山神社(鳥取県) 大皇器地祖神社(滋賀県東近江市) 大國魂神社(福島県いわき市) 大國魂神社(東京都府中市) 大國主神社(滋賀県高島市) 大阪天満宮(大阪市) 大崎八幡宮(宮城県仙台市) 大笹原神社(滋賀県野洲市) 大避神社(兵庫県赤穂市) <大杉神社> 総本社 : 大杉神社(茨城県稲敷市) 大杉神社 (ふじみ野市)(埼玉県ふじみ野市) 大鳥大社(堺市西区) 大原野神社(京都府) 大神神社(奈良県桜井市) 大館八幡神社(秋田県大館市) 大物忌神社(山形県):⇒鳥海山大物忌神社 大地主神社(石川県七尾市):(おおとこぬし) 大山祇神社(愛媛県) 大和神社(奈良県):(おおやまと・大倭とも) 隠津島神社 (郡山市湖南町福良) 隠津島神社 (二本松市) 沖宮(沖縄県) <雄琴神社> 雄琴神社(滋賀県大津市) 雄琴神社(栃木県壬生町) 帯廣神社(北海道) 雄山神社(富山県立山町) 尾山神社(石川県) 尾張大国霊神社(愛知県) 扇森稲荷神社(大分県竹田市) 尾崎神社(埼玉県川越市) 大前神社(栃木県真岡市) 大嵐天神社(山梨県富士河口湖町) か 海神神社(長崎県) 開成山大神宮(福島県郡山市) 鏡作神社(奈良県) 柿本神社(島根県益田市) 鹿児島神宮(鹿児島県) 笠間稲荷神社(茨城県) 風間神社(長野県長野市) 香椎宮(福岡県) 橿原神宮(奈良県橿原市) 鹿島神宮(茨城県鹿嶋市) 鹿島神社 (横須賀市)(神奈川県横須賀市) <春日神社> 本源 元春日・枚岡神社(大阪府) 鹿島神宮(茨城県) 香取神宮(千葉県) 本社:春日大社(奈良市) 大原野神社(京都府) 吉田神社(京都府) 春日神社(大阪府豊中市) 春日神社(三重県桑名市) 春日神社(福岡県春日市) 方違神社(かたたがえじんじゃ・ほうちがいじんじゃ)(大阪府堺市) 月山神社(山形県):⇒出羽三山 勝手神社(奈良県吉野町) 葛城神社妙見宮(福岡県築上郡) 加藤神社(熊本県熊本市) 香取神宮(千葉県香取市) 金鑚神社(埼玉県神川町) 金崎宮(福井県敦賀市) 金澤八幡宮(秋田県横手市) 金子神社(埼玉県入間市) 釜加神社(北海道千歳市) 鎌倉宮(神奈川県鎌倉市) 竈門神社(福岡県太宰府市) 竈山神社(和歌山県和歌山市) 上賀茂神社:⇒賀茂別雷神社 上川神社(北海道) 上許曾神社(滋賀県長浜市) <賀茂神社>(京都府京都市) 本社:賀茂別雷神社 本社:賀茂御祖神社 加茂神社(富山県射水市) 神魂神社(島根県松江市) 金持神社(鳥取県日野町);(かもち) 辛国神社(大阪府藤井寺市) 唐崎神社(滋賀県大津市) 唐沢山神社(栃木県) 香良洲神社(三重県津市) 漢国神社(奈良市) 樺太神社(樺太豊原市) 川勾神社(神奈川県中郡二宮町) 神田神社(東京都) 菅大臣神社(京都府京都市) 神谷神社(かんだにじんじゃ)(香川県坂出市) き 祇園社(京都府):⇒八坂神社 菊池神社(熊本県菊池市) 岸城神社(大阪府岸和田市)(きしきじんじゃ) 北野天満宮(京都市) 北畠神社(三重県津市) 吉備津神社(岡山市) 吉備津神社(広島県福山市) 吉備津彦神社(岡山市) <貴船神社> 本社:貴船神社(京都市) 貴船神社 (曖昧さ回避) 宮中三殿(賢所、皇霊殿、神殿)(東京都千代田区皇居内) 京都霊山護国神社(京都市) 霧島神宮(鹿児島県霧島市) 桐生天満宮(群馬県桐生市) 桐生西宮神社(群馬県桐生市) 金峯神社(奈良県吉野町) 金武宮(沖縄県金武町) く 草戸稲荷神社(福山市) 菌神社(栗東市) 日部神社(堺市西区) 櫛田神社(福岡市博多区) 百済王神社(大阪府枚方市) 國懸神宮(和歌山県) 久能山東照宮(静岡市駿河区) <熊野神社> 主系統本社:熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)(和歌山県) 遠州の熊野三山 (三熊野神社、小笠神社、高松神社)(静岡県) 波上宮(沖縄県) 沖宮(沖縄県) 普天間宮(沖縄県) 末吉宮(沖縄県) 天久宮(沖縄県) 金武宮(沖縄県) 別系統:熊野大社(島根県) 杭全神社(大阪市平野区) 久留米水天宮(福岡県) 呉服神社(大阪府池田市);(くれは) け 気多大社(石川県羽咋市) 気多神社(富山県高岡市) 気多若宮神社(岐阜県飛騨市) 氣比神宮(福井県敦賀市) 源九郎稲荷神社(奈良県) 健軍神社(熊本県熊本市) こ 興神社(長崎県壱岐市) 河内神社(広島県広島市佐伯区) 高徳神社(埼玉県鶴ヶ島市) 高良大社(福岡県) 護王神社(京都府) 御香宮神社(京都市伏見区) 護国神社(日本全国各地) <御霊神社> 上御霊神社(京都府京都市上京区) 下御霊神社(京都府京都市中京区) 御霊神社(大阪府大阪市中央区) 御霊神社(京都府福知山市) 黄金山神社(宮城県石巻市) 黄金山神社(宮城県遠田郡涌谷町) 心清水八幡神社(福島県河沼郡会津坂下町) 子鍬倉神社(いわき市) 古四王神社(秋田県) 児玉神社 (周南市)(山口県周南市) 児玉神社 (藤沢市)(神奈川県藤沢市) 琴弾八幡宮(香川県観音寺市) <金比羅神社> 本社:金刀比羅宮(香川県琴平町) 金刀比羅神社(北海道根室市) 籠神社(京都府) 小平潟天満宮(福島県) 高麗神社(埼玉県) 駒形神社(岩手県奥州市) 小御門神社(千葉県) 薦神社(大分県中津市) 五所神社(山形県長井市) 甲佐神社(熊本県甲佐町) 郡浦神社(熊本県宇城市) 小松神社(大阪府交野市) さ 狭井神社(奈良県)(大神神社摂社) 佐嘉神社(佐賀県佐賀市) 坂田神明宮(滋賀県米原市) 酒列磯前神社(茨城県ひたちなか市) 佐川龍馬神社(高知県佐川町) 前鳥神社(神奈川県平塚市) 佐久奈度神社(滋賀県大津市) 沙沙貴神社(滋賀県近江八幡市安土町常楽寺) 西寒田神社(大分県):(ささむた) 細石神社(福岡県糸島市) 佐太神社(島根県松江市) 寒川神社(神奈川県寒川町) 猿賀神社(青森県平川市) <猿田彦神社> 本社:猿田彦大本宮 (椿大神社 三重県鈴鹿市) 猿田彦神社(三重県伊勢市) 澤田八幡神社(大阪府藤井寺市) <山王神社> 山王神社(長崎県長崎市) 狭野神社 (能美市)(石川県能美市) 狭山神社(大阪府大阪狭山市) し <塩竈神社> 本社:鹽竈神社(宮城県塩竈市) 御釜神社(宮城県塩竈市) 鹽竈神社(宮城県仙台市宮城野区) 塩釜神社(長野県松本市) 塩竈神社(名古屋市天白区) 塩竈神社(和歌山県和歌山市) 鹽津神社(滋賀県長浜市) 塩屋八幡宮(熊本県八代市) 志賀海神社(福岡県) 思子淵神社(滋賀県高島市安曇川町中野) 思子淵神社(滋賀県高島市朽木小川) 思子淵神社(滋賀県高島市朽木平良) 地御前神社(広島県廿日市市):(厳島神社外宮) 識名宮(沖縄県) 四條畷神社(大阪府四條畷市) 静岡浅間神社(静岡市葵区):(せんげん) <倭文神社> 本源 : 葛木倭文座天羽雷命神社(奈良県葛城市) 倭文神社(鳥取県湯梨浜町):(しずり) 静神社(茨城県那珂市) 信太森葛葉稲荷神社(大阪府和泉市) 志磨神社(和歌山県和歌山市) 清水神社(兵庫県明石市) 下鴨神社:⇒賀茂御祖神社 社宮神社(静岡県浜松市) <神明神社> 神明神社 愛知県知多郡南知多町 神明神社 (福井市) 松陰神社(東京都世田谷区、山口県萩市) 城南宮(京都市) 聖母宮(長崎県壱岐市) 白峰神宮(京都府) 白鳥神社(富山県富山市) 白髭神社 白羽神社(香川県高松市) 志和稲荷神社 (岩手県紫波町) 新宮熊野神社(福島県喜多方市) 新開大神宮(熊本県熊本市) す <水天宮> 本社:久留米水天宮(福岡県) 水天宮(東京都中央区) 水無神社(岐阜県関市富之保) 末吉宮(沖縄県) 菅生石部神社(石川県) 杉原神社(富山県) 柞原八幡宮(大分県) 助松神社(大阪府泉大津市) 洲崎神社(千葉県館山市) 須我神社(島根県雲南市) 須賀神社(滋賀県長浜市) 須佐神社(島根県出雲市) 須倍神社(静岡県浜松市) <住吉三神信仰・住吉神社> 本社:住吉大社 (大阪市住吉区) 住吉神社(東京都中央区) 住吉神社(長野県安曇野市) 本住吉神社(神戸市) 住吉神社(明石市) 住吉神社(加西市) 住吉神社(広島市中区) 住吉神社(山口県下関市) 住吉神社(福岡市博多区) 住吉神社(長崎県壱岐市) 住吉神社(熊本県宇土市) <諏訪神社> 本社:諏訪大社(長野県) 諏訪神社(長崎県長崎市) 諏訪神社(青森県南部町) 秋田諏訪宮(秋田県美郷町) せ 晴明神社(京都府) 世良田東照宮(群馬県 太田市) <浅間神社>(せんげんじんじゃ) 本社:浅間大社(静岡県富士宮市):⇒富士山本宮浅間大社(せんげん) 北口本宮冨士浅間神社(山梨県富士吉田市) 東口本宮冨士浅間神社(静岡県小山町) 浅間神社(静岡市葵区):⇒静岡浅間神社 浅間神社(山梨県富士河口湖町):⇒冨士御室浅間神社 稲毛浅間神社(千葉県千葉市稲毛区) 仙台東照宮(宮城県仙台市) そ 宗佐厄神八幡神社(兵庫県加古川市) た 田縣神社(愛知県小牧市) 高砂神社(兵庫県高砂市) <多賀神社> 本社:多賀大社(滋賀県多賀町) 多賀神社(長野県松本市) 高石神社(大阪府高石市) 高忍日賣神社(愛媛県松前町) 高鴨神社(奈良県御所市) 高倉神社(三重県) 高座結御子神社(愛知県名古屋市) 高須神社(大阪府堺市堺区) 高瀬神社(富山県) 高天彦神社(奈良県御所市) 多久比禮志神社(富山県富山市) 武井神社(長野県長野市) 竹駒神社(宮城県岩沼市) 建勲神社(京都府京都市北区) 建部大社(滋賀県大津市) 建水分神社(大阪府千早赤阪村) 武水別神社(長野県千曲市) 太宰府天満宮(福岡県太宰府市) 多治速比売神社(堺市南区) 田島神社(佐賀県唐津市) 多田神社(兵庫県川西市) 橘樹神社(千葉県茂原市) 龍田大社(奈良県三郷町) 立石海神社(奈良県下市町) 多度大社(三重県桑名市) 玉前神社(千葉県一宮町):(たまさき) 玉崎神社(千葉県旭市):(たまさき) 玉津島神社(和歌山県和歌山市) <玉祖神社> 本社:玉祖神社(たまのおやじんじゃ・山口県防府市) 玉祖神社(たまおやじんじゃ・大阪府八尾市) 玉作湯神社(島根県松江市) 手向山八幡宮(奈良県奈良市) 玉若酢命神社(島根県隠岐の島町) 田村神社(福島県郡山市) 田村神社(滋賀県甲賀市) 田村神社(香川県高松市) 樽前山神社(北海道苫小牧市) 談山神社(奈良県桜井市) 龍尾神社(静岡県掛川市) 高天神社(静岡県掛川市) ち 千葉神社(千葉県千葉市) 都久夫須麻神社(竹生島神社)(滋賀県長浜市) 千栗八幡宮(佐賀県) 秩父神社(埼玉県) 千歳神社(北海道) 鳥海山大物忌神社(山形県) つ 積川神社(大阪府岸和田市) 槻神社(愛知県北設楽郡東栄町) 調神社(埼玉県):(つき、つきのみや) 月讀神社(長崎県壱岐市) 月読神社(京都市) 筑波山神社(茨城県つくば市) 津島神社(愛知県津島市) 壺井八幡宮(大阪府羽曳野市) 都都古別神社(福島県) 都農神社(宮崎県):(つの) 椿大神社(三重県鈴鹿市) 妻恋神社(東京都文京区) 露天神社(お初天神、大阪市) 鶴尾神社(香川県高松市) 鶴見神社 (横浜市)(神奈川県) 剣神社(福井県) 鶴嶺八幡宮(神奈川県茅ヶ崎市) て 照国神社(鹿児島市) 光雲神社(福岡市) 出羽神社(山形県):⇒出羽三山 出羽三山(出羽神社、湯殿山神社、月山神社) 天河大弁財天社 (天河神社・奈良県天川村) <天満宮、天神社> 本社:北野天満宮(京都市) 本社:太宰府天満宮 湯島天満宮(東京都文京区) 上野天神(菅原神社) 荏柄天神社(鎌倉市) 大阪天満宮(大阪市) 桐生天満宮(群馬県桐生市) 綱敷天神社(大阪市) 道明寺天満宮(大阪府藤井寺市) 廿日市天満宮(広島県廿日市市) 防府天満宮(山口県防府市) と 戸明神社(北九州市若松区) 東京大神宮(東京都) 東郷神社(福岡県、東京都ほか) <東照宮> 本社:日光東照宮(栃木県日光市) 上野東照宮(東京都台東区) 久能山東照宮(静岡市駿河区) 仙台東照宮(仙台市青葉区) 船橋東照宮(千葉県船橋市) 戸隠神社(長野県) 砥鹿神社(愛知県):(とか) 常磐神社(茨城県水戸市) 所澤神明社(埼玉県所沢市) 土佐神社(高知県) 等乃伎神社(大阪府高石市) 鳥取神社(北海道釧路市) 鞆結神社・大荒比古神社(滋賀県高島市) <豊国神社(とよくに)> 豊国神社(京都市東山区) 豊国神社(名古屋市中村区) 豊榮神社(山口県山口市):(とよさか) 豊玉姫神社(佐賀県):(とよたまひめ) 豊福阿蘇神社(熊本県宇城市) 鳥越神社(東京都台東区) 鳥出神社(三重県四日市市) な 苗村神社(滋賀県蒲生郡竜王町) 長岡天満宮(京都府長岡京市) 長草天神社(愛知県大府市) 中標津神社 (北海道中標津町) 長田神社(兵庫県神戸市) 中山神社(岡山県津山市) 長等神社(滋賀県大津市) 那古野神社(愛知県名古屋市) 梨木神社(京都府京都市上京区) 波上宮(沖縄県那覇市) 成海神社(愛知県名古屋市緑区) 名和神社(鳥取県西伯郡大山町) 南宮大社(岐阜県垂井町) 中津神社(大分県中津市) 若一王子神社(長野県大町市) に 西岡神宮(熊本県宇土市) 西久保神社(樺太豊原市) 西天神社(兵庫県伊丹市) <西宮神社> 本社:西宮神社(兵庫県西宮市) 桐生西宮神社(群馬県桐生市) 西宮神社(栃木県足利市) 日前宮(和歌山県和歌山市) 日光東照宮(栃木県日光市) 日光二荒山神社(栃木県日光市) 新田神社(鹿児島県) 丹生川上神社(奈良県) 丹生都比売神社(和歌山県) 二宮神社(東京都あきる野市) 二宮神社(千葉県船橋市) 二宮神社(湖西市中之郷) 楡山神社(埼玉県) 西久保八幡神社(東京都) 錦織神社(大阪府富田林市) 二本松神社(福島県二本松市) ぬ 貫前神社(群馬県富岡市):⇒一之宮貫前神社 沼名前神社(広島県福山市) ね の 脳天大神(奈良県) 野木神社(栃木県野木町) 乃木神社(京都市、山口県下関市、東京都など) 野田神社(山口県山口市) 野宮神社(京都市右京区) は <白山神社> 本社:白山比咩神社(石川県):(「咩」=「口羊」) 八王子神社(千葉県船橋市) <八幡神信仰・八幡宮> 本社:宇佐神宮(大分県宇佐市) 日牟禮八幡宮 (滋賀県近江八幡市) 石清水八幡宮(京都府八幡市) 飯香岡八幡宮(千葉県市原市) 事任八幡宮(静岡県掛川市) 大崎八幡宮(宮城県仙台市) 柏原八幡神社(兵庫県丹波市) 葛飾八幡宮(千葉県市川市) 行田八幡神社(埼玉県行田市) 府八幡宮(静岡県磐田市) 千栗八幡宮(佐賀県) 薦神社(大分県中津市):宇佐神宮の祖宮といわれる 壺井八幡宮(大阪府羽曳野市) 鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市) 鶴谷八幡宮(千葉県館山市) 百舌鳥八幡宮(堺市北区) 櫛引八幡宮(青森県八戸市) 遠石八幡宮(山口県周南市) 鰐鳴八幡宮(山口県山口市) 筥崎宮(福岡市) 弘前八幡宮(青森県弘前市) 柞原八幡宮(大分県) 八幡古表神社(福岡県) 函館八幡宮(北海道函館市) 藤崎八旛宮(熊本県) 足助八幡宮(愛知県豊田市) 鳴海八幡宮(愛知県名古屋市緑区) 日牟禮八幡宮(滋賀県近江八幡市) 離宮八幡宮(京都府大山崎町) 御調八幡宮(広島県三原市) 草津八幡宮(広島市西区) 平濱八幡宮(島根県松江市) 別系統:安里八幡宮(沖縄県):もと別の神だが、現在は八幡神を祭る。 別系統:鹿児島神宮(大隅八幡宮) 大波羅八幡宮(大原八幡宮)(大分県日田市) 若宮八幡宮(茨城県常陸太田市) 馬場八幡宮(茨城県常陸太田市) 水戸八幡宮(茨城県水戸市) 筑摩神社(長野県松本市) 武田八幡宮(山梨県韮崎市) 盛岡八幡宮(岩手県盛岡市) 金澤八幡宮(秋田県横手市) 隅田八幡神社(和歌山県橋本市) 波久奴神社(滋賀県長浜市) 波爾布神社(滋賀県高島市) 服部天神宮(大阪府豊中市) 速谷神社(広島県廿日市市) 速星神社(富山県富山市) 早馬神社(宮城県気仙沼市) 土津神社(福島県猪苗代町) ハワイ石鎚神社(ハワイ州ホノルル市) ひ 一言主神社(奈良県御所市)⇒葛城一言主神社 東天神社(兵庫県伊丹市) 氷上姉子神社(愛知県名古屋市) <氷川神社> 本社:氷川神社(埼玉県さいたま市大宮区) 中氷川神社 (所沢市) 奥氷川神社 (東京都西多摩郡奥多摩町) 氷川神社 (川越市) 氷川女体神社(埼玉県さいたま市緑区) 氷川神社 (東京都港区赤坂) 氷川神社 (東京都港区元麻布) 氷川神社 (東京都港区白金) 日雲神社(滋賀県甲賀市) 英彦山神宮(福岡県):(ひこさん) 久伊豆神社(埼玉県さいたま市岩槻区、越谷市、蓮田市) 聖神社(大阪府和泉市) 聖神社(埼玉県秩父市) 日高神社(岩手県奥州市) 檜尾神社(滋賀県甲賀市) 日前神宮・國懸神宮(和歌山市) 日御碕神社(島根県) 檜原神社(奈良県桜井市)(大神神社摂社) 氷室神社(奈良県奈良市) 日牟禮八幡宮(滋賀県近江八幡市) 日根神社(大阪府泉佐野市) 枚聞神社(鹿児島県) 兵主神社(兵庫県丹波市) 兵主大社(滋賀県野洲市) <日吉神社、日枝神社> 本社:日吉大社(滋賀県大津市)(ひえ→ひよし) 日枝神社(東京都千代田区)(ひえ) 日枝神社(富山県富山市) 日吉二宮神社(滋賀県高島市) 日枝神社(富山県富山市) 枚岡神社(大阪府東大阪市)(河内一宮) 平野神社(京都市北区) 廣瀬大社(奈良県) 廣田神社(兵庫県西宮市) 広峯神社(兵庫県姫路市) 日田神社(大分県日田市) ふ 風浪宮(福岡県大川市) 深志神社(長野県松本市) 福王子神社(京都府京都市右京区) 福山八幡宮(広島県福山市) 藤崎八旛宮(熊本県熊本市) 藤島神社(福井県福井市) 富士山本宮浅間大社(静岡県):(せんげん) 伏見稲荷大社(京都市伏見区) 布多天神社(東京都調布市) 二荒山神社(栃木県日光市):⇒日光二荒山神社 二荒山神社(栃木県宇都宮市):⇒宇都宮二荒山神社 船待神社(堺市堺区) 船橋大神宮(千葉県船橋市) 普天間宮(沖縄県) 舊府神社(ふるふじんじゃ)(大阪府和泉市) 藤白神社(和歌山県海南市) へ 平安神宮(京都市左京区) ペリリュー神社(南興神社・パラオ共和国) <弁才天信仰、宗像三神> 本社:宗像大社(福岡県宗像市) 厳島神社(広島県廿日市市宮島町) 江島神社(神奈川県) 竹生島神社(都久夫須麻神社)(滋賀県長浜市) 天河神社(天河大弁財天社)(奈良県天川村) ほ 方違神社(ほうちがいじんじゃ・かたたがえじんじゃ)(堺市堺区) <豊国神社(ほうこく)> 豊国神社(滋賀県長浜市) 豊國神社(大阪市中央区) 報徳二宮神社(小田原市) 宝来宝来神社(熊本県南阿蘇村) 星田神社(大阪府交野市) 星宮社(名古屋市南区) 穂高神社(長野県安曇野市) 北海道神宮(札幌市) 堀出神社(新潟県新潟市秋葉区) ま 舞子六神社(兵庫県神戸市) 真清田神社(愛知県) <松尾神社> 本社:松尾大社(京都市西京区) 松井神社(熊本県八代市) 松阪神社(三重県松阪市) 松橋神社(熊本県宇城市) 松原八幡神社(兵庫県姫路市) み 御形神社(兵庫県宍粟市) 御上神社(滋賀県野洲市) 美具久留御魂神社(大阪府富田林市) 御厨神社(兵庫県明石市) <三嶋神社、三島神社> 本社:三嶋大社(静岡県三島市)(大山祇神及び事代主神) 本社:大山祇神社(愛媛県)(大山祇神) 水若酢神社(島根県隠岐の島町):(みずわかす) 三峯神社(埼玉県秩父市) 水無神社[要曖昧さ回避](岐阜県) 水無瀬神宮(大阪府島本町) 水屋神社(三重県) 水尾神社(滋賀県高島市) 湊川神社(兵庫県神戸市) 美保神社(島根県) 宮浦宮(鹿児島県) 三宅八幡宮(京都市左京区) 宮崎神宮(宮崎県) 宮地嶽神社(福岡県福津市) 宮原三神宮(熊本県氷川町) 三吉神社(北海道札幌市) む 陸奥総社宮(宮城県多賀城市) 向日神社(京都府向日市) 宗像大社(福岡県宗像市) 六県神社(奈良県)(むつがた) 村松大神宮(茨城県東海村) め 明治神宮(東京都) 賣布神社(兵庫県宝塚市) も 茂宇気神社(鳥取県鳥取市);(もうけ) 百舌鳥八幡宮(大阪府堺市) 元伊勢籠神社(京都府):⇒籠神社 元郷氷川神社(埼玉県川口市) 還来神社(滋賀県大津市) 物部神社(島根県ほか) 盛岡八幡宮(岩手県盛岡市) 桃太郎神社(愛知県犬山市) 守山八幡宮(熊本県宇城市) や 八咫烏神社(奈良県宇陀市) 八重垣神社(島根県松江市) 夜支布山口神社(奈良県)(やぎうやまぐち) 八重山神社(島根県雲南市) 箭弓稲荷神社(埼玉県東松山市) 八槻都々古別神社(福島県):⇒都々古別神社 八心大市比古神社(富山県黒部市) 八坂神社(京都市東山区) 八坂神社(滋賀県甲賀市) 八坂神社(大阪府堺市北区南花田町) 八坂神社(大阪府堺市北区中村町) 八坂神社(大阪府堺市北区野遠町) 八坂神社(大阪府堺市東区石原町) 八坂神社(大阪府堺市美原区大饗) 屋島神社(高松市屋島東町) 靖国神社(東京都千代田区) 八代宮(熊本県八代市) 八代神社(熊本県八代市) 梁川八幡神社(福島県伊達市) 矢作神社(愛知県岡崎市) 彌彦神社(新潟県) 山内神社(高知県) 山国神社(京都市右京区) 山津照神社(滋賀県米原市) 山住神社(静岡県浜松市) ゆ 結城神社(三重県津市) 祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市) 弓弦羽神社(神戸市東灘区) 湯殿山神社(山形県):⇒出羽三山 由良比女神社(島根県西ノ島町) よ 養老神社(岐阜県養老町) 吉田神社(京都府) 吉野神宮(奈良県吉野町) 吉野水分神社(奈良県吉野町) 吉姫神社(滋賀県湖南市) 吉御子神社(滋賀県湖南市) 吉水神社(奈良県吉野町) 榎原神社(宮崎県日南市) ら 雷神社(千葉県旭市)  り 離宮八幡宮(京都府大山崎町) 竜穴神社(奈良県宇陀市) 霊山神社(福島県) 龍神社(滋賀県湖南市) る れ ろ 鹿苑神社(磐田市) 六所神社 (市川市) わ 若泉稲荷神社(埼玉県) 若狭彦神社(福井県) 若松恵比須神社(福岡県) 若宮八幡社(愛知県名古屋市) 和気神社(岡山県) 亘理神社(宮城県亘理町) 度津神社(新潟県佐渡市):(わたつ) 海神社(兵庫県):(わたつみ)》、日本の寺院《 あ 秋篠寺(あきしのでら)(奈良県奈良市) 飛鳥寺(あすかでら)(安居院、奈良県高市郡明日香村) 穴太寺(あなおじ)(京都府亀岡市) 安倍文殊院(あべもんじゅいん)(奈良県桜井市) 安国寺(あんこくじ)(岐阜県高山市) 安楽寺(あんらくじ)(長野県上田市) 安楽寺(あんらくじ)(徳島県板野郡上板町) 安楽寺(あんらくじ)(高知県高知市) い 池上本門寺(いけがみほんもんじ)(東京都大田区) 石手寺(いしてじ)(愛媛県松山市) 石山寺(いしやまでら)(滋賀県大津市) 一乗寺(いちじょうじ)(兵庫県加西市) 一畑寺(いちばたじ)(島根県出雲市小境町) 威徳寺(いとくじ)(新潟県新潟市西区黒鳥)→威徳寺 (新潟市) 弥谷寺(いやだにじ)(香川県三豊市) 伊予国分寺(いよこくぶんじ)(愛媛県今治市) う え 永源寺(えいげんじ)(滋賀県東近江市) 永観堂(えいかんどう)(京都市)→禅林寺 栄山寺(えいざんじ)(奈良県五條市) 叡福寺(えいふくじ)(上之太子、大阪府南河内郡太子町) 永平寺(えいへいじ)(福井県永平寺町) 永保寺(えいほうじ)(岐阜県多治見市) 回向院(えこういん)(東京都墨田区) 恵日寺(えにちじ)(福島県耶麻郡磐梯町) 恵林寺(えりんじ)(山梨県甲州市) 円覚寺(えんがくじ)(神奈川県鎌倉市山ノ内) 圓教寺(えんぎょうじ)(兵庫県姫路市) 円成寺(えんじょうじ)(奈良県奈良市) 円通寺(えんつうじ)(京都市左京区) 延暦寺(えんりゃくじ)(滋賀県大津市) お 大須観音(宝生院、おおすかんのん)(愛知県名古屋市) 大峯山寺(おおみねさんじ)(奈良県吉野郡天川村) 大谷寺(おおやじ)(栃木県宇都宮市) 大山寺(おおやまでら)(神奈川県伊勢原市) 岡寺(おかでら)(奈良県高市郡明日香村) 愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)(京都府京都市) 帯解寺(おびとけでら)(奈良県奈良市) 園城寺(おんじょうじ)(三井寺、滋賀県大津市) 温泉寺(おんせんじ)(兵庫県豊岡市) か 海住山寺(かいじゅうせんじ)(京都府木津川市) 開善寺(かいぜんじ)(長野県飯田市) 海龍王寺(かいりゅうおうじ)(奈良県奈良市) 花岳寺(かがくじ)(兵庫県赤穂市) 覚園寺(かくおんじ)(神奈川県鎌倉市二階堂) 鰐淵寺(がくえんじ)(島根県出雲市) 鶴林寺(かくりんじ)(兵庫県加古川市) 勝尾寺(かつおうじ)(大阪府箕面市) 勧修寺(かじゅうじ)(京都市山科区) 蟹満寺(かにまんじ)(京都府木津川市) 神峯山寺(かぶさんじ)(大阪府高槻市) 上之太子(かみのたいし)(大阪府南河内郡太子町)→叡福寺 伽耶院(がやいん)(兵庫県三木市) 川崎大師(かわさきだいし)(神奈川県川崎市川崎区大師町)→平間寺 川原寺(かわらでら)(奈良県高市郡明日香村) 寛永寺(かんえいじ)(東京都台東区) 歓喜院(かんぎいん)(埼玉県熊谷市) 元興寺(がんごうじ)(奈良県奈良市) 観松院(かんしょういん)(長野県松川村) 願成就院(がんじょうじゅいん)(静岡県伊豆の国市) 観心寺(かんしんじ)(大阪府河内長野市) 観世音寺(かんぜおんじ)(福岡県太宰府市) 岩船寺(がんせんじ)(京都府木津川市) 願徳寺(がんとくじ)(京都府京都市西京区) 神呪寺(かんのうじ)(兵庫県西宮市) 観音寺(かんのんじ)(京都府京田辺市) 観音正寺(かんのんしょうじ)(滋賀県近江八幡市) き 喜光寺(きこうじ)(奈良県奈良市) 喜多院(きたいん)(埼玉県川越市) 吉田寺(きちでんじ)(奈良県斑鳩町) 木之本地蔵院(きのもとじぞういん)(浄信寺、滋賀県長浜市) 紀三井寺(きみいでら)(護国院、和歌山県和歌山市) 教王護国寺(きょうおうごこくじ)(東寺、京都市南区) 行願寺(ぎょうがんじ)(革堂、京都市中京区) 清荒神清澄寺(きよしこうじん せいちょうじ)(兵庫県宝塚市) 清水寺(きよみずでら)(京都市東山区) 清水寺(きよみずでら)(岩手県花巻市) 清水寺(きよみずでら)(長野県山形村) 清水寺(きよみずでら)(兵庫県加東市) 清水寺(きよみずでら)(島根県安来市清水町) 金閣寺(きんかくじ)(京都市右京区)→鹿苑寺 銀閣寺(ぎんかくじ)(京都市左京区)→慈照寺 金峯山寺(きんぷせんじ)(奈良県吉野郡吉野町) く 久遠寺(くおんじ)(山梨県南巨摩郡身延町) 百済寺(くだらじ)(奈良県広陵町) 鞍馬寺(くらまでら)(京都市左京区) け 桂春院(けいしゅんいん)(京都市右京区) 華厳寺(けごんじ)(岐阜県揖斐郡揖斐川町) 月照寺(げっしょうじ)(島根県松江市外中原町) 建長寺(けんちょうじ)(神奈川県鎌倉市山ノ内) 建仁寺(けんにんじ)(京都市東山区) こ 孝恩寺(こうおんじ)(大阪府貝塚市) 向嶽寺(こうがくじ)(山梨県甲州市) 向源寺(こうげんじ)(滋賀県長浜市) 高山寺(こうざんじ)(京都市右京区) 興山寺(こうざんじ)(和歌山県紀の川市) 功山寺(こうざんじ)(山口県下関市) 興正寺(こうしょうじ)(京都市下京区) 興正寺(こうしょうじ)(尾張高野、名古屋市昭和区) 興禅寺(こうぜんじ)(兵庫県丹波市) 光前寺(こうぜんじ)(長野県駒ケ根市) 高台寺(こうだいじ)(京都市東山区) 高桐院(こうとういん)(京都市北区) 高徳院(こうとくいん)(鎌倉大仏、神奈川県鎌倉市鎌倉市長谷) 興福寺(こうふくじ)(奈良県奈良市) 光明寺(こうみょうじ)(京都府綾部市) 光明寺(こうみょうじ)(兵庫県加東市) 光明寺(こうみょうじ)(神奈川県鎌倉市材木座) 光明寺(こうみょうじ)(京都府長岡京市) 広隆寺(こうりゅうじ)(京都市右京区) 粉河寺(こかわでら)(和歌山県紀の川市) 護国寺(ごこくじ)(東京都文京区) 孤篷庵(こほうあん)(京都府京都市北区) 金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)(京都市左京区) 金地院(こんちいん)(京都市左京区) 金剛三昧院(こんごうざんまいいん)(和歌山県伊都郡高野町) 金剛寺(こんごうじ)(大阪府河内長野市) 金剛證寺(こんごうしょうじ)(三重県伊勢市) 金剛峯寺(こんごうぶじ)(和歌山県伊都郡高野町) 金剛輪寺(こんごうりんじ)(滋賀県愛知郡愛荘町) 金林寺(こんりんじ)(高知県安芸郡馬路村) 金蓮寺(こんれんじ)(愛知県西尾市) さ 西岸寺(さいがんじ)(京都市伏見区) 西教寺(さいきょうじ)(滋賀県大津市) 西光寺(さいこうじ)(長野県長野市) 西光寺(さいこうじ) (福岡市早良区) 最上稲荷(さいじょういなり)(岡山県岡山市) 西大寺(さいだいじ)(奈良県奈良市) 西福寺(さいふくじ)(福井県敦賀市) 西芳寺(さいほうじ)(京都市西京区) 西明寺(さいみょうじ)(滋賀県甲良町) 三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)(蓮華王院本堂、京都市東山区) 三千院(さんぜんいん)(京都市左京区) 三仏寺(さんぶつじ)(鳥取県東伯郡三朝町) 三宝院(さんぼういん)(京都市伏見区) し 慈恩寺(じおんじ)(山形県寒河江市) 慈光院(じこういん)(奈良県大和郡山市) 慈眼院(じげんいん)(大阪府泉佐野市) 実相院(じっそういん)(京都市左京区) 四天王寺(してんのうじ)(大阪市天王寺区) 柴又帝釈天(しばまたたいしゃくてん)(題経寺、東京都葛飾区) 下之太子(しものたいし)(大阪府八尾市)→大聖勝軍寺 寂光院(じゃっこういん)(京都市左京区) 酬恩庵(しゅうおんあん)(一休寺、京都府京田辺市) 十輪院(じゅうりんいん)(奈良県奈良市) 修禅寺(しゅぜんじ)(静岡県伊豆市) 鷲山寺(じゅせんじ)(千葉県茂原市) 守徳寺(しゅとくじ)(茨城県つくば市) 寿福寺(じゅふくじ)(神奈川県鎌倉市扇ヶ谷) 聖護院(しょうごいん)(京都市左京区) 相国寺(しょうこくじ)(京都市上京区) 聖衆来迎寺(しょうじゅらいごうじ)(滋賀県大津市) 定勝寺(じょうしょうじ)(長野県大桑村) 清浄華院(しょうじょうけいん)(京都市上京区) 清浄光寺(しょうじょうこうじ)(神奈川県藤沢市) 勝常寺(しょうじょうじ)(福島県河沼郡湯川村) 浄信寺(じょうしんじ)(滋賀県長浜市)→木之本地蔵院 浄智寺(じょうちじ)(神奈川県鎌倉市山ノ内) 浄土寺(じょうどじ)(横須賀市逸見) 浄土寺(じょうどじ)(兵庫県小野市) 真澄寺(しんちょうじ)(東京都立川市) 正福寺(しょうふくじ)(東京都東村山市) 正法寺(しょうぼうじ)(岩手県奥州市) 上品蓮台寺(じょうぼんれんだいじ)(京都市北区) 称名寺(しょうみょうじ)(神奈川県横浜市金沢区) 常楽寺(じょうらくじ)(滋賀県湖南市) 聖林寺(しょうりんじ)(奈良県桜井市) 青蓮院(しょうれんいん)(京都市東山区) 青蓮寺(しょうれんじ)(神奈川県鎌倉市手広) 浄瑠璃寺(じょうるりじ)(京都府木津川市) 丈六寺(じょうろくじ)(徳島県徳島市) 白水阿弥陀堂(しらみずあみだどう)(福島県いわき市) 神護寺(じんごじ)(京都市右京区) 真宗本廟(しんしゅうほんびょう)(京都市下京区)→東本願寺 真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)(真如堂、京都市左京区) 新勝寺(しんしょうじ)(千葉県成田市)→成田山新勝寺 深大寺(じんだいじ)(東京都調布市) 新薬師寺(しんやくしじ)(奈良県奈良市) す 瑞巌寺(ずいがんじ)(宮城県宮城郡松島町) 随願寺(ずいがんじ)(兵庫県姫路市) 随心院(ずいしんいん)(京都市山科区) 瑞泉寺(ずいせんじ)(神奈川県鎌倉市二階堂) 瑞峯院(ずいほういん)(京都市北区) 瑞龍寺(ずいりゅうじ)(富山県高岡市) 須磨寺(すまでら)(福祥寺、兵庫県神戸市須磨区) せ 清巌寺(せいがんじ)(栃木県宇都宮市) 清龍寺(せいりゅうじ)(新潟県十日町市) 青岸渡寺(せいがんとじ)(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町) 清見寺(せいけんじ)(静岡市清水区) 清白寺(せいはくじ)(山梨県山梨市) 清凉寺(せいりょうじ)(京都市右京区) 施福寺(せふくじ)(大阪府和泉市) 泉岳寺(せんがくじ)(東京都港区) 千光寺(せんこうじ)(奈良県平群町) 善光寺(ぜんこうじ)(長野県長野市) 千手院(せんじゅいん)(島根県松江市石橋町) 専修寺(せんじゅじ)(三重県津市、栃木県芳賀郡二宮町) 善水寺(ぜんすいじ)(滋賀県湖南市) 浅草寺(せんそうじ)(東京都台東区) 善通寺(ぜんつうじ)(香川県善通寺市) 善導寺(ぜんどうじ)(福岡県久留米市) 泉涌寺(せんにゅうじ)(京都市東山区) 善福院(ぜんぷくいん)(和歌山県海南市) 禅瀧寺(ぜんりゅうじ)(兵庫県加東市) 禅林寺(ぜんりんじ)(永観堂、京都市左京区) そ 總持寺(そうじじ)(西新井大師、東京都足立区) 總持寺(そうじじ)(横浜市鶴見区) 総持寺(そうじじ)(大阪府茨木市) 総持寺(そうじじ)(和歌山県和歌山市) 惣宗寺(そうしゅうじ)(佐野厄除け大師、栃木県佐野市) 増上寺(ぞうじょうじ)(東京都港区) 増善寺(ぞうぜんじ)(静岡市葵区) 崇福寺(そうふくじ)(長崎県長崎市) た 大安寺(だいあんじ)(奈良県奈良市) 大雲寺(だいうんじ)(京都市左京区) 大雄寺(だいおうじ)(栃木県大田原市) 大覚寺(だいかくじ)(京都市右京区) 泰岳寺(たいがくじ)(愛知県春日井市) 退耕庵(たいこうあん)(京都市東山区) 醍醐寺(だいごじ)(京都市伏見区) 大國寺(だいこくじ)(兵庫県丹波篠山市) 太山寺(たいさんじ)(神戸市西区) 大慈寺(だいじじ)(栃木県栃木市) 大樹寺(だいじゅじ)(愛知県岡崎市) 大照院(だいしょういん)(山口県萩市) 大聖寺(だいしょうじ)(岡山県美作市) 大聖観音寺(たいしょうかんのんじ)(大阪市住吉区) 大乗寺(だいじょうじ)(石川県金沢市) 大聖勝軍寺(だいせいしょうぐんじ)(下之太子、大阪府八尾市) 大石寺(たいせきじ)(静岡県富士宮市) 大仙院(だいせんいん)(京都市北区) 大山寺(だいせんじ)(鳥取県西伯郡大山町) 大泉寺(犬山市)(だいせんじ)(愛知県犬山市) 大善寺(だいぜんじ)(山梨県甲州市) 退蔵院(たいぞういん)(京都市右京区) 大中寺(だいちゅうじ)(栃木県栃木市) 対潮楼(たいちょうろう)(広島県福山市)→福禅寺 大通寺(だいつうじ)(長浜御坊、滋賀県長浜市) 大徳寺(だいとくじ)(京都市北区) 大日坊(だいにちぼう)(山形県鶴岡市) 大福田寺(だいふくでんじ)(三重県桑名市) 大念仏寺(だいねんぶつじ)(大阪市平野区) 大平寺(たいへいじ)(愛知県豊橋市) 大蓮寺(だいれんじ)(石川県金沢市野町) 泰平寺(たいへいじ)(鹿児島県薩摩川内市) 大報恩寺(だいほうおんじ)(千本釈迦堂、京都市上京区) 大法寺(だいほうじ)(長野県青木村) 當麻寺(たいまでら)(奈良県葛城市) 太融寺(たいゆうじ)(大阪市北区) 高尾山薬王院(たかおさんやくおういん)(東京都八王子市) 大龍寺(たいりゅうじ)(神戸市中央区) 大龍寺(だいりゅうじ)(福島県会津若松市) 滝山寺(たきさんじ)(愛知県岡崎市) 橘寺(たちばなでら)(奈良県高市郡明日香村) 達磨寺(だるまじ)(奈良県北葛城郡王寺町) 誕生寺(たんじょうじ)(千葉県鴨川市) ち 知恩院(ちおんいん)(京都市東山区) 知恩寺(ちおんじ)(百万遍、京都市左京区) 智恩寺(ちおんじ)(京都府宮津市) 竹林寺(ちくりんじ)(高知県高知市) 智積院(ちしゃくいん)(京都市東山区) 中宮寺(ちゅうぐうじ)(奈良県生駒郡斑鳩町) 中禅寺(ちゅうぜんじ)(栃木県日光市) 中尊寺(ちゅうそんじ)(岩手県西磐井郡平泉町) 長岳寺(ちょうがくじ)(奈良県天理市) 長弓寺(ちょうきゅうじ)(奈良県生駒市) 長久寺(ちょうきゅうじ)(滋賀県彦根市) 長慶寺(ちょうけいじ)(大阪府泉南市) 長源院(ちょうげんいん)(静岡市葵区沓谷) 朝光寺(ちょうこうじ)(兵庫県加東市) 朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)(奈良県生駒郡平群町) 長寿寺(ちょうじゅじ)(滋賀県湖南市) 長勝寺(ちょうしょうじ)(茨城県潮来市) 長保寺(ちょうほうじ)(和歌山県海南市) 頂法寺(ちょうぼうじ)(六角堂、京都市中京区) 長命寺(ちょうめいじ)(滋賀県近江八幡市) つ て 徹心寺(てっしんじ)(兵庫県神崎郡神河町) 天授庵(てんじゅあん)(京都市左京区) 伝通院(でんづういん)(東京都文京区) 天龍寺(てんりゅうじ)(京都市右京区) と 童学寺(どうがくじ)(徳島県石井町) 東慶寺(とうけいじ)(神奈川県鎌倉市) 東光寺(とうこうじ)(山口県萩市) 東郷寺(とうごうじ)(東京都府中市) 東寺(とうじ)(教王護国寺、京都市南区) 等持院(とうじいん)(京都市右京区) 道成寺(どうじょうじ)(和歌山県日高郡日高川町) 唐招提寺(とうしょうだいじ)(奈良県奈良市) 東大寺(とうだいじ)(奈良県奈良市) 東福寺(とうふくじ)(京都市東山区) 塔福寺(とうふくじ)(熊本県宇城市) 道明寺(どうみょうじ)(大阪府藤井寺市) 土佐国分寺(とさこくぶんじ)(高知県南国市) 豊川稲荷(とよかわいなり)(妙厳寺、愛知県豊川市) 道樹寺(どうじゅじ)(岐阜県美濃市) な 長浜別院 大通寺(長浜御坊〈ながはまごぼう〉)(滋賀県長浜市)→真宗大谷派 長浜別院 大通寺 中之太子(なかのたいし)(大阪府羽曳野市)→野中寺 中山寺(なかやまでら)(兵庫県宝塚市) 那谷寺(なたでら)(石川県小松市) 成相寺(なりあいじ)(京都府宮津市) 南宗寺(なんしゅうじ)(大阪府堺市) 南禅院(なんぜんいん)(京都市左京区) 南禅寺(なんぜんじ)(京都市左京区) に 西新井大師(にしあらいだいし)(東京都足立区)→總持寺 西本願寺(にしほんがんじ)(浄土真宗本願寺派本願寺、京都市下京区) 西山興隆寺(にしやまこうりゅうじ)(愛媛県西条市) 日泰寺 (にったいじ)(名古屋市千種区) 如意寺(にょいじ)(神戸市西区) 如意輪寺(にょいりんじ)(奈良県吉野郡吉野町) 如意輪寺(にょいりんじ)(千葉県茂原市) 仁和寺(にんなじ)(京都市右京区) ぬ ね 根来寺(ねごろじ)(和歌山県岩出市) の 能福寺(のうふくじ)(神戸市兵庫区) は 梅林寺 (ばいりんじ)(大阪府茨木市) 羽賀寺(はがじ)(福井県小浜市) 長谷観音(はせかんのん)(茨城県古河市) 長谷寺(はせでら)(奈良県桜井市) 長谷寺(はせでら)(神奈川県鎌倉市) 初馬寺(はつうまでら)(三重県津市)→蓮光院初馬寺 法多山尊永寺(はったさんそんえいじ)(静岡県袋井市) 斑鳩寺(はんきゅうじ)(兵庫県揖保郡太子町) 鑁阿寺(ばんなじ)(栃木県足利市) 般若寺(はんにゃじ)(奈良県奈良市) ひ 東本願寺(ひがしほんがんじ)(正式名称「真宗本廟」、京都市下京区) 東本願寺(ひがしほんがんじ)(正式名称「浄土真宗東本願寺派本山東本願寺」、東京都台東区) 毘沙門堂(びしゃもんどう)(京都市山科区) 日向薬師(ひなたやくし)(宝城坊、霊山寺、神奈川県伊勢原市) 百済寺(ひゃくさいじ)(滋賀県東近江市) 白毫寺(びゃくごうじ)(奈良県奈良市) 平等院(びょうどういん)(京都府宇治市) ふ 富貴寺(ふきじ)(大分県豊後高田市) 富貴寺(ふきじ)(奈良県磯城郡川西町) 福祥寺(神戸市須磨区)→ 須磨寺 福禅寺(ふくぜんじ)(対潮楼、広島県福山市) 普光寺(ふこうじ)(神奈川県横浜市泉区) 普済寺(ふさいじ)(東京都立川市) 葛井寺(ふじいでら)(大阪府藤井寺市) 不退寺(ふたいじ)(奈良県奈良市) 補陀洛山寺(ふだらくさんじ)(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町) 佛光寺(ぶっこうじ)(京都市下京区) 仏隆寺(ぶつりゅうじ)(奈良県宇陀市) 普門寺(ふもんじ)(大阪府高槻市) 豊楽寺(ぶらくじ)(高知県長岡郡大豊町) 芬陀院(ふんだいん)(京都市東山区) 不動院(ふどういん)(広島市東区) 不動院(ふどういん)(大阪府豊中市) へ 平間寺(へいけんじ)(川崎大師、神奈川県川崎市川崎区) ほ 法界寺(ほうかいじ)(京都市伏見区) 法観寺(ほうかんじ)(八坂の塔、京都市東山区) 法起寺(ほうきじ)(奈良県生駒郡斑鳩町) 放光寺(ほうこうじ)(山梨県甲州市) 放光寺(ほうこうじ)(長野県松本市) 方広寺(ほうこうじ)(京都市東山区) 方広寺(ほうこうじ)(静岡県浜松市北区) 宝厳院(ほうごんいん)(京都市右京区) 法金剛院(ほうこんごういん)(京都市右京区) 宝厳寺(ほうごんじ)(竹生島、滋賀県長浜市) 宝山寺(ほうざんじ)(奈良県生駒市) 法住寺(ほうじゅうじ)(京都市東山区) 宝泉院(ほうせんいん)(京都市左京区) 法善寺(ほうぜんじ)(山梨県南アルプス市) 宝蔵寺(ほうぞうじ)(山形県大江町) 法然院(ほうねんいん)(京都市左京区) 法隆寺(ほうりゅうじ)(奈良県生駒郡斑鳩町) 宝林寺(ほうりんじ)(群馬県邑楽郡千代田町) 法輪寺(ほうりんじ)(奈良県生駒郡斑鳩町) 法華経寺(ほけきょうじ)(千葉県市川市) 法華寺(ほっけじ)(奈良県奈良市) 本願寺(ほんがんじ)(京都市下京区) 本行院(ほんぎょういん)(埼玉県川越市) 本興寺(ほんこうじ)(兵庫県尼崎市) 本圀寺(ほんこくじ)(京都市山科区) 本山寺(ほんざんじ)(大阪府高槻市) 本成寺(ほんじょうじ)(新潟県三条市) 本禅寺(ほんぜんじ)(京都市上京区) 本能寺(ほんのうじ)(京都市中京区) 本遠寺(ほんのんじ)(山梨県南巨摩郡身延町) 本妙寺(ほんみょうじ)(熊本市西区) 本法寺(ほんぽうじ)(京都市上京区) ま 松尾寺(まつおじ、まつのおでら)(京都府舞鶴市) 松尾寺(まつおでら)(奈良県大和郡山市) 満願寺(まんがんじ)(栃木県栃木市) 満願寺(まんがんじ)(東京都世田谷区) 満願寺(まんがんじ)(長野県安曇野市) 曼殊院(まんしゅいん)(京都市左京区) 万寿寺(まんじゅじ)(京都市東山区) 萬福寺(まんぷくじ)(京都府宇治市) み 三井寺(みいでら)(滋賀県大津市)→園城寺 水間寺(みずまでら)(大阪府貝塚市) 壬生寺(みぶでら)(京都市中京区) 壬生寺(みぶでら)(栃木県下都賀郡壬生町) 南法華寺(みなみほっけじ)(壺阪寺、奈良県高市郡高取町) 三室戸寺(みむろどじ)(京都府宇治市) 明王院(みょうおういん)(滋賀県大津市) 明王院(みょうおういん)(広島県福山市) 妙喜庵(みょうきあん)(京都府乙訓郡大山崎町) 妙顕寺(みょうけんじ)(京都市上京区) 妙心寺(みょうしんじ)(京都市右京区) 明通寺(みょうつうじ)(福井県小浜市) 妙法院(みょうほういん)(京都市東山区) 妙法寺(みょうほうじ)(杉並区堀ノ内) 妙満寺(みょうまんじ)(京都市左京区) 妙蓮寺(みょうれんじ)(京都市上京区) 妙円寺(みょうえんじ)(鹿児島県日置市) 妙善寺(みょうぜんじ)(山梨県南巨摩郡富士川町) む 室生寺(むろうじ)(奈良県宇陀市) め 明月院(めいげついん)(神奈川県鎌倉市山ノ内)  明治寺(東京都) も 毛越寺(もうつうじ)(岩手県西磐井郡平泉町) 本山寺(もとやまじ)(香川県三豊市) や 薬王寺(やくおうじ)(徳島県海部郡美波町) 薬師寺(やくしじ)(奈良県奈良市) 矢田寺(やたでら)(金剛山寺、奈良県大和郡山市) 野中寺(やちゅうじ)(中之太子、大阪府羽曳野市) ゆ よ 養源院(ようげんいん)(京都市東山区) 横蔵寺(よこくらじ)(岐阜県揖斐郡揖斐川町) 善峯寺(よしみねでら)(京都市西京区) 與田寺(よだじ)(香川県東かがわ市) ら 来迎院(らいごういん)(京都市左京区) 楽法寺(らくほうじ)(茨城県桜川市) 櫟野寺(らくやじ)(滋賀県甲賀市) り 立石寺(りっしゃくじ、りゅうしゃくじ)(山形県山形市) 龍興寺(りゅうこうじ)(福島県河沼郡会津美里町) 龍角寺(りゅうかくじ)(千葉県印旛郡栄町) 龍泉寺(りゅうせんじ)(奈良県天川村) 龍安寺(りょうあんじ)(竜安寺、京都市右京区) 龍吟庵(りょうぎんあん)(京都市東山区) 龍源寺(りゅうげんじ)(新潟県中魚沼郡津南町) 龍源院(りょうげんいん)(京都市北区) 龍光院(りょうこういん)(京都市北区) 霊山寺(りょうせんじ)(奈良県奈良市) 霊山寺(りょうせんじ)(徳島県鳴門市) 臨済寺(りんざいじ)(静岡市葵区) 林昌寺(りんしょうじ)(大阪府泉南市) 輪王寺(りんのうじ)(栃木県日光市) 笠覆寺(りゅうふくじ)(愛知県名古屋市南区笠寺町)→笠寺観音(かさでらかんのん) る 瑠璃光寺(るりこうじ)(山口県山口市) 瑠璃寺(るりじ)(兵庫県佐用町) れ 霊雲院(れいうんいん)(京都市東山区) 霊雲寺(れいうんじ)(東京都文京区) 蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)(京都市東山区)→三十三間堂 蓮華峰寺(れんげぶじ)(新潟県佐渡市) ろ 鹿苑寺(ろくおんじ)(金閣寺、京都市北区) 六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)(京都市東山区) 廬山寺(ろざんじ)(京都市上京区) 六角堂(ろっかくどう)(京都市中京区)→頂法寺 六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ) (京都市東山区) わ i》

C

D

G

カテゴリ「神話関連リスト」のページ

このカテゴリには、合計25ページ中25ページが含まれています。この一覧には、最近の変更が反映されていない場合があります (詳細を参照してください ) 。

*

ある

B

C

D

E

G

L

M

O

P

R

V

ある

B

C

D

E

F

G

H

J

K

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

X

Y

Z

V

*

ある

C

D

F

G

H

J

M

P

S

U

W

Σ

L

P

R

S

L

S

*

ある

B

C

D

G

H

J

M

O

P

S

T

Z

ある

C

D

E

F

L

M

N

O

P

R

S

T

W

伝説/セミヒストリックvccal[編集]

伝統的な創業者宗教的伝統が創設されました歴史創立者エスニシティ歴史創立者の生涯
ブラフマ(現代ヒンズー教)
インドラ(ヴェーダヒンドゥー教)
ヒンズー教ヴェーダ・リシスインディアン紀元前14世紀
アブラハム(神との聖
約)モーセ(宗教法)
ユダヤ教ヤフイスト[n 1]レバントc. 13th[1][2][3]から 8 世紀の BC[n 2]
ラオジ道教荘周中国語紀元前369年紀元前286年

古代 (AD 5000 より前)[編集]

疑わしい歴史の伝説的な創設者のための文化の英雄を参照してください。このカテゴリに分類される図形を追加する場合は、割り当てられたセクションに追加してください。

創業者名宗教的伝統が創設されましたエスニシティ創立者の生涯
アクエンアテンアテニズムエジプト人c. 紀元前1353年– 紀元前1336年[4]
ゾロアスターゾロアスター教イラン人紀元前1000年[5]
パルシュヴァナタジャイナ教の究極(23日)ティルタンカラインディアン877 BC – 777 BC[6][7] [8][9][10]
ネブカドネザル2世エテメナンキを建て、バビロンの守護神としてマルドゥクを設立アモライトc. 紀元前634年 – 紀元前562年 [引用が必要]
アヒータ ケザカンバリシャルバカインディアン紀元前6世紀[11][12][13]
マハービーラジャイナ教の決勝(第24回)ティルタンカラインディアン紀元前599年 – 紀元前527年 [14][15] [16]
シッダールタ・ゴータマ仏教ネパール人紀元前563年 – 紀元前483年 [17][18]
孔子儒教中国語紀元前551年 – 紀元前479年 [19][20]
ピタゴラスピタゴリアニズムサミアン紀元前520年頃
モジ墨家中国語紀元前470年– 紀元前390年
マッカリ・ゴサラアージヴィカインディアン紀元前5世紀[21]
エズラ第二神殿ユダヤ教[22]レビテ・ユダヤ人コーヘン459 BC[n 3]
エピクロスエピキュリアニズムサミアン紀元前307年
ジーノ・オブ・シティウム忍苦おそらくフェニキア人 、ギリシャ国民にもかかわらず
[23]
紀元前333年– 紀元前264年
ファルナヴァズ1アルマジグルジア語紀元前326年– 紀元前234年
ヴァルミキヴァルミキズムインディアン紀元前3世紀[24]
パタンジャリヒンズー教ラジャヨガインディアン紀元前2世紀
イエス(と十二使徒たち))キリスト教ガリラヤ-ユダヤ人c. 紀元前4年 – 紀元前30/33年
使徒パウロポーリンキリスト教ユダヤ人、ローマ市民にもかかわらずc. 33年
ジェームズ・ザ・ジャストユダヤ人キリスト教ユダヤc. 33年
ラクリシャヒンズー教パシュパタ・シャイヴィズムインディアン紀元前1世紀
ユダ・ザ・プリンスラビニック・ユダヤ教ユダヤ人、ダビデ線2世紀
モンタヌスモンタニズムフリジア2世紀
マルシオン・ド・シノペマルシオニズムポンティックギリシャ語110–160
ナガルジュナマドゥヤマカインディアン150–250
プロティノス新生物主義ローマ人、25章ギリシャ語、[26]、
またはヘレ化されたエジプト人[27]の
祖先であった可能性があります。 ローマ市民
205–270
マニマニ教ペルシャ語西イラン/エアリア216–274
アリウス[n 4]アリアリズム[n 5]おそらくベルベル
、リビアで生まれました。ヘレノフォン
250–336
ペラギウス[n 4]ペラジャーニズム[n 6]イギリス人、[28]おそらくアイルランド[29]354–430
ネストリウス[n 4]ネストリアニズム[n 7]ロマニオテ(ビザンチン・ヘレノポネ)386–451
ユーティッチ単菌[n 8]コンスタンティノープルで生まれる380–456

中世から近世 (500-1800年)[編集]

名前宗教的伝統が創設されましたエスニシティ創立者の生涯
マツダクマツダキズム中心的イラン/エアリア死去 c. 526
達磨、より具体的にはチアンインディアン5世紀または6世紀
ムハンマドイスラム教アラブc. 570-632
ソントセン ガンポチベット仏教チベット語7世紀
エンのギョージャ大武道日本語7世紀後半
恵峰東アジア禅仏教中国 (唐朝))638–713
パドマサンバヴァニンマインディアン8世紀
ハン・ユー新儒教中国語8世紀または9世紀
西郷天台(天台出身))日本語767–822
九海新言仏教日本語774–835
アディ シャンカラアドヴァイタ・ヴェダンタインディアン788–820
イブン・ヌサイルヌサイリズムペルシャ語9世紀後半
マトシエンドラナトナスインディアン10世紀
ラマヌジャヴィシシュタトヴァイタインディアン1017–1137
偉大な平和主義者平和の大法ヒューロン10世紀から15世紀にかけて
ハムザ・イブン’アルイ・イブンAḥmad[30]ドゥルーズ派ペルシャ語11世紀
シェイク・アイブン・ムサフィールヤジディズムヤジディ12世紀
バサヴァリンガヤティズムカンナダ(インド)12世紀
ホーネン浄土県仏教の子孫)日本語1131–1212
エーサイ臨西禅(臨路学校の子孫))日本語1141–1215
シグラン道堂信州(学堂市出身))日本語1173–1263
ドーゲン禅(曹洞学校の子孫))日本語1200–1253
ハジ ベクタシュ ヴェリフィズムのベクタシ勲章トルコ語 (オスマン帝国) またはペルシャ語1209–1271
ニチレンニチレン仏教日本語1222–1282
アブラハム・アブラフィア予言カバラ、別名有頂天カバラスペイン系ユダヤ人1240-1290年代
ダイネシュワールヴァルカリインディアン1275–1296
マドゥヴァチャリヤドヴァイタインディアン1238–1317
ジョン・ワイクリフロラディイギリス語(英語))1320年代~1384年
ナーイ – ファグル・ラ・アスター=アバディフルフィズムイラン人14世紀
マフムード・パシカーニNuqṭawismイラン語 (ペルシャ語)14世紀後半
ヤン・フスフシティズムフランキッシュ(チェコ語 ))1372–1415
トラカエレルカルト・オブ・フイツィロポクトリアステカ1397–1487
ラマナンダラーマナンディ・ヴァイシュナビズムインディアン15世紀
カビールカビール パンスインディアン1398–1448
パチャクティインティのカルトインカ1418–1472
サンカルデフエカサラナ・ダルマアッサムス (インド)1449–1568
ラビダスラヴィダシアチャマール(インド)c. 1450-1520
グル・ナナクシクチズムナナク・パントパンジャブ語 (インド)1469–1539
スリ・チャンドウダシパンジャブ語 (ムガール)1494–1629
バッラヴァ アチャリヤシュドッドヴァイタテルグ語 (インド)1479–1531
マーティンルーサールター派とプロテスタント主義全般フランキッシュ (ザクセン))1483–1546
チャイタニャ・マハプラフーゴーディヤ・ヴァイシュナビズム,アチンチャ・ベダ・アベダベンガル語(インド語)1486–1534
トーマス・クランマー聖公会(イングランド教会))イギリス語 (英語)1489–1556
メンノ・サイモンズメノナイトオランダ語1496–1561
コンラッド・グルボンスイスの兄弟たち ,アナバプティストスイス人1498–1526
ジェイコブ・ハッターヒッタリットチロリアン(バイエルン州))1500–1536
アイザック・ルリアルリアニック・カバラオスマン帝国のユダヤ人1534–1572
グル・アンガドサンスクリットパンジャブ語 (インド)1539-1552
スルタン・サハクヤルサニズムクルド語15世紀初頭
グル・アマル・ダスサンスクリットパンジャブ語 (インド)1552-1572
ジョン・カルビンカルヴィニズム[31]フランス語1509–1564
マイケル・サーブタス[32]ユニタリアニズムアラゴン1511?–1553
ジョン・ノックス[33]長老派教会スコットランド1510–1572
グル・ラム・ダスサンスクリットパンジャブ語 (インド)1574-1581
アクバルディン・イラヒインド人(ムガール))1542–1605
ヤコブス・アルミニウスアルミニウス主義オランダ語1560–1609
ジョン・スミス[34]バプテスト英語1570–1612
グル・アルジャンサンスクリットパンジャブ語 (インド)1571-1606
グル・ハルゴビンド・サヒブ・ジサンスクリットパンジャブ語 (インド)1606-1644
アヴヴァクム[引用が必要]ロシア正教会旧信者ロシア語1620–1682
グル・テグ・バハドゥル・ジサンスクリットパンジャブ語 (インド)1621-1675
ジョージ・フォックス[35]クエーカー 教徒英語1624–1691
フィリップ・スペナー[36]ピエティズムアルザス語(ドイツ語)1635–1705
グル・ハー・ライ・ジサンスクリットパンジャブ語 (インド)1644-1661
ヤコブ・アンマンアーミッシュスイス人1656–1730
グル・ハー・クリシャン・ジサンスクリットパンジャブ語 (インド)1661-1664
グル・ゴビント・シンシクヒズム,カルサ・パンスパンジャブ語 (インド)1666–1708
エマニュエル・スウェーデンボルグ新教会スウェーデン語1688–1772
イスロエル・ベン・エリーザー 「バール・シェム・トフ」[37]ハシディック・ユダヤ教ポーランド語(ウクライナ語))1698–1760
ジョン・ウェズリー,[38] チャールズ・ウェスリー,ジョージ・ホワイトフィールドメソジスト英語1703–1791
アン・リー[39]シェーカー英語1736–1784

新しい宗教運動(1800年以降)[編集]

詳細:新しい宗教運動のリスト

名前宗教的伝統が創設されましたエスニシティ創立者の生涯
シェイク・アフマド・アル=アハサイ[40][41]シャイヒズムバビズムの前駆体[42][43]アラブ1753–1826
ラム・モハン・ロイブラーモ・サマジインド, ベンガル語1772–1833
スワミナラヤンスワミナラヤン・サンプラデーインディアン1781–1830
オーギュスト・コント人類の宗教フランス語1798–1857
中山美木天理教日本語1798–1887
イグナツ・フォン・デリンジャー旧カトリック教会ドイツ語1799–1890
フィニアス・キンビー新しい思考アメリカ人1802–1866
アラン・カルデック心霊フランス語1804–1869
ジョセフスミスモルモン教末日聖徒運動とも呼ばれる英米1805–1844
ジョン・トーマスクリスタデルフィアン英国の1805–1871
アブラハム・ガイガーユダヤ教改革アシュケナージ・ユダヤ人1810–1874
ジャンゴン・コングトルルリメ運動チベット語1813–1899
ホン・シウクアンタイピンキリスト教漢中国語 (客花))1814–1864
バハウ・ラハ[44]バハイ・フェイスペルシャ語 (イラン)1817–1892
バブバビズムバハイ信仰の前身ペルシャ語 (イラン)1819–1850
ジェームズ・スプリンガー・ホワイト7日目のアドベンチスト教会アメリカ人1821–1881
ワン・ジュエイイグガンダオ中国 (清朝))1821–1884
メアリー・ベイカー・エディ[45]キリスト教科学アメリカ人1821–1910
ラマリンガ スワミガルサマラサ・サ・サンマルガ・サンガムタミル語(インド)1823–1874
ダヤナンダ サラスワティアーヤ・サマジグジャラート州(インド)1824–1883
エレン・G・ホワイト[46]<>日目のアドベンチスト教会アメリカ人1827–1915
ジョン・バロウ・ニューブロー信仰主義アメリカ人1828–1891
ヘレナ・ブラヴァツキー神智 学ロシア語 (ウクライナ語)1831–1891
スバイ・アイ=アザールアザリ・バビズムペルシャ語1831–1912
アヤ・ヴァイクンダルアヤヴァジインディアン1833–1851
ミルザ・グラム・アフマドアフマディヤインド人 (ムガール)1835–1908
グイド・フォン・リストアルマニズム(ゲルマン神秘主義))オーストリア人1848–1919
チャールズ・タゼ・ラッセル[47]聖書学生運動アメリカ人1852–1916
ウォヴォカゴーストダンスパイユート(アメリカ先住民))1856–1932
ルドルフ・シュタイナー人類学オーストリア人1861–1925
スワミ・ヴィヴェカナンダラーマクリシュナ伝道部インディアン1863–1902
ウィリアム・アーバイン[48]ツーとクーニートによる2スコットランド1863–1947
マックス・ハインデルロシクルシアン・フェローシップデンマーク語1865–1919
牧口 恒三郎ソーカ・ガクカイ日本語1871–1944
スリ・オーロビンドインテグラルヨガインディアン1872–1950
メイソン・レメイ正教会のバハイ信仰アメリカ人1874–1974
アレイスター・クロウリーテレマ英語1875–1947
チャールズ・フォックス・パーハムペンテコステ 派アメリカ人1873–1929
神父国際平和ミッション運動アメリカ人c. 1876-1965
エドガーケイシー研究・啓蒙協会アメリカ人1877–1945
ゴ・ヴァン・キエウカオダイズムベトナム1878–1926
ガイ・バラード「私は」活動アメリカ人1878–1939
フランク・ブッフマンオックスフォード・グループ/モラル・リ・アーマメントアメリカ人1878–1961
アルフレッド・G・モーゼスユダヤ人科学アメリカ人1878–1956
ジョン・スローカムインディアン シェイカー教会スクワシン島族,コーストサリッシュ(ネイティブアメリカン)1881
モルデカイ カプラン復興主義ユダヤ教ロシア語 (リトアニア語 ))1881–1983
ジェラルド・ガードナーウィッカ英国の1884–1964
フェリックス・マナロイグレシア・ニ・クリスト(キリスト教会)フィリピノ語1886–1963
フランク・B・ロビンソンサイキアナアメリカ人1886–1948
ノーブル ドリュー アリムーア科学テンプル・オブ・アメリカアメリカ人、おそらくチェロキーまたはモロッコ1886–1929
マーカス・ガーヴェイラスタファリジャマイカ1887–1940
アーネスト・ホームズ宗教科学アメリカ人1887–1960
サダファルデオヴィハンガマヨガインディアン1888–1954
エイミー・センプル・マクファーソン[49]フォースクエア教会カナダ人1890–1944
ゼリオ・フェルナンジーノ・デ・モラエス[50]ウンバンダブラジル人1891–1975
アイダ・B・ロビンソンマウント・シナイ・ホーリー・チャーチ・オブ・アメリカアメリカ人1891–1946
B. R. アンベドカールナバヤナ仏教インディアン1891 – 1956
ウォレス・ファード・ムハンマドイスラーム国アメリカ人1891年~1934年(欠席)
パラマハンサ・ヨガナンダインド・ヨゴダ・サツァンガ協会自己実現フェローシップインディアン1893–1952
A.C バクティヴェダンタ スワミ・プラブパダクリシュナ意識国際協会インディアン1896–1977
ルース・ノーマンウナリウスアメリカ人1900–1993
スワミ ムクタナダシッダヨガインディアン1908–1982
ポール・トゥイッチェルエッカランアメリカ人1908–1971
豊島井黒幕屋日本語1910–1973
L. ロン ハバードダイアネティックスと後のサイエントロジーアメリカ人1911–1986
金日成ジュチェ[51](北)韓国語1912–1994
チンマヤナンダ サラスワティチンマヤ伝道部インディアン1916–1993
マハリシ・マヘシュ・ヨギ超越瞑想インディアン1918–2008
サマエル・アウン・ウィーアユニバーサル・クリスチャン・グノースティック運動コロンビア1917–1977
マーク・L・預言者ザ サミット灯台アメリカ人1918–1973
ベン・クラッセン創造性ウクライナ語1918–1993
アーン・サーンホン世界伝道協会神教会韓国語1918-1985
Huỳnhフー Sổホアハオベトナム1919–1947
ヨン(太陽)ミョンムーン[52]統一教会韓国語1920–2012
プラバット・ランジャン・サルカールアナンダ・マルガインディアン1921–1990
クラレンス13X5パーセントの国家アメリカ人1922–1969
メストレ・ガブリエルウニアンド・ヴェゲタルブラジル人1922–1971
ニルマラ スリヴァスタヴァサハジャヨガインディアン1923–2011
スヴェインビョルン・ベインテインソンアサトルアイスランド人1924–1993
サティヤ サイ ババサティヤサイ組織インディアン1926–2011
アントン・ラヴェイサタン教会(ラベヤン・サタニズム))アメリカ人1930–1997
ラジニーシュ[53]ラジニーシュ運動インディアン1931–1990
マーク・L・預言者
エリザベス・クレア預言者[54]
教会ユニバーサルと勝利アメリカ人1918–1973;

1939年~2009年
アディ・ダアディダムアメリカ人1939–2008
クロード・ヴォリルホンラエリズムフランス語1946–
マーシャル・ヴィアン・サマーズ神からの新しいメッセージアメリカ人1949–
李洪志法輪功中国語1951年または1952年に生まれる
大川龍穂ハッピーサイエンス日本語1956-
ヴィッサリオン最後の約聖書の教会ロシア語1961–
クリス・コルダ安楽死教会アメリカ人1962-
タマラ・シウダケメティック正統派アメリカ人1969–
オルバ・オルンバ・オブ十字架と星の兄弟ナイジェリア人1918–
イサク・ゲルソンコピミズム宣教会スウェーデン語1993-
ボビー・ヘンダーソンフライング・スパゲッティ・モンスター教会[55]またはパスタファリアニズムアメリカ人1980-
エルドアン・チュナールイシキズムトルコ語21世紀

「編集」 も参照

ある

C

D

E

F

L

M

N

O

P

R

S

T

W

アブラハムの宗教の天使たち
ユダヤ教
の天使たち
個人天使アズラエルアリエルアラリエルアザゼルカマエル・シエルドビエル・デュマを破壊する存在の天使のマイケル・ガブリエル・ラファエルウリエル・エンジェルアイシェス・ハドラニエル・ハニエル・ジェラメル・ジョフィエル・クシエル・ライラ・マステマ・メタトロンヌリエル・プラヴイル・ラジエル・サチエル・サシエル・サマエルサミヤザ・ザプシュキエル・ヤホエルザドキエル・ゼラチエルグループセラフィム・チャヨート・オファニム・ケルビム・イシム・レコーディング・エンジェル
キリスト教
の天使たち
個人マイケル・ガブリエルアバドン・ラファエル・ウリエル・アリエル・アザゼル・サリエル・サンダルフォン・ラグエルラミエルセラフィエル・バラチエル・ジェグディエル・カマエルポルトガルの守護天使ジェラメル・ジョフィエル・メタトロン・サミヤザ・プラヴイル・サキエル・ザドキエル・サラティエル・ゼラチエルファヌエル・アケル・ガブテロン・アルグギトノスベブロスゼブレオン・ダニエル・ケルビエル・コカビエル・クシエル・ルリエル・ムリエル・パハリア・セラフィエル・シャムシエル・チャザキエルグループ大天使セラフィム・オファニム・ケルビム・スローンズドミニオンズ・バーツ・パワーズ・プリンシパルレコーディング・エンジェルス・ガーディアン・エンジェル
イスラーム
の天使たち
個人ミカイル・ジブライル(聖霊)イスラシルアズライルアルティヤイル・ダルダイル・デュマ・ハビブハルトとマルト・カルカイル・マーリク・ムンカルとナキール・Riḍwanグループ大天使の担い手の天皇ケルビム・ダルダイル・ハファザムアクキバット・ナジアートとNāshiṭāt天使祈る天使セラフィム
関連エンジェル・モロナイ*天使の階層天国のホスト七大天使3人の天使のメッセージウォッチャー天使天使についての芸術映画の神学天使の

アフリカ神話の人物一覧 – ウィキペディア (wikipedia.org)ネイティブアメリカンの神々の一覧 – ウィキペディア (wikipedia.org)ケルトの神々の一覧 – ウィキペディア (wikipedia.org)分類別の神々の一覧 – ウィキペディア (wikipedia.org)分類別の神々の一覧 – ウィキペディア (wikipedia.org)、、地球の神々の一覧 – ウィキペディア (wikipedia.org)エジプトの神々の一覧 – ウィキペディア (wikipedia.org)ゲルマンの神々の一覧 – ウィキペディア (wikipedia.org)ギリシア神話の固有名詞一覧 – WikipediaCategory:ギリシア神話の人物 – Wikipediaहिन्दू देवी देवताओं की सूची – विकिपीडिया (wikipedia.org)インドネシアの神々の一覧 – ウィキペディア (wikipedia.org)日本の神々の一覧 – ウィキペディア (wikipedia.org)アステカの神々の一覧 – ウィキペディア、無料のウィキペディア (wikipedia.org)美人の一覧 – ウィキペディア (wikipedia.org)ハワイの宗教の人物一覧 – ウィキペディア (wikipedia.org)リトアニアの神々と神話の人物の一覧 – ウィキペディア (wikipedia.org)神社一覧 – Wikipedia日本の寺院一覧 – Wikipedia

トップA C D E F F H H I J K L M O P Q RS T U V W X Y Z

キリスト教の天使の階層
最初の球体セラフィム・ケルビム・オファニムまたは玉座
第<>球支配の美徳権力または当局
第三球公国または支配者大天使エンジェル

 ウォッチャー(天使) (24 P)

ある

B

C

D

E

G

H

K

L

M

N

O

R

S

T

U

W

Z

ある

C

D

F

J

P

T

U

P

S

ある

B

C

D

E

F

G

H

J

L

M

M

N

O

P

R

S

T

V

W

Y

F

S

T

E

J

カテゴリー:神話関連リスト – ウィキペディア (wikipedia.org)

などのリンク先やそのリンク先


※このページの内容は独立して機能はしません。最終的に合成されたルールとしてしか機能しません。